株式会社MISO SOUP
“世界を「農」でオモシロくする” The CAMPusプロデューサーの小林世子の推し食材。噛めば噛むほどに甘みとうまみが溢れるお米
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

“世界を「農」でオモシロくする” The CAMPusプロデューサーの小林世子の推し食材。噛めば噛むほどに甘みとうまみが溢れるお米

株式会社MISO SOUP

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。
Vo.21はThe CAMPus プロデューサーの「小林 世子」さんです。

フードセレクター紹介

はじめまして、The CAMPusプロデューサーの小林と申します。
“世界を「農」でオモシロくする”をテーマに掲げ、新型農家の誕生を促進し“農”というムーブメントを軸に、暮らしの質を高めていき地域活性化を実現するThe CAMPusの副代表として活動しています。

画像1

わたしの推し食材

生産者:菜音ファーム(淡路島) Mudoさん
食材:自然栽培米ひのひかり(白米)


わたしが推すのは、豊富な自然の恵みに囲まれた淡路島の丘の上にある菜音キャンプ&ファームの自然栽培米ひのひかりです。

画像2


仲間と一緒に自分たちで作るDIYなコミュニティーで農ライフを実践する村長Mudoさんは、人柄も生き方もとても魅力的です。そんなMudoさん率いる菜音ファームが生み出す自然栽培米ひのひかりは、農薬はもちろん、いっさいの肥料も使用せずに雑味がなく噛めば噛むほどに甘みとうまみが溢れます。食べやすくどんなお料理にも合うのでまさしく名脇役。毎日いただきたくなるお米です。

画像4


ガラスハウスにサウンドシステム(スピーカー)を設置し、ボブマーリーを聴きながら育てた野菜は愛のエネルギーが溢れているのだとか。昔渋谷や六本木でクラブを経営されていたというキャリアだからこその発想でとても興味深いのです。

画像3


自然栽培の農園のほかに、キャンプ場やコテージ等の宿泊施設の菜音キャンプや、天然酵母「石窯ピザの菜音カフェ」も併設しています。コロナウイルスの事態が落ち着いたら、農ライフを体験しに真っ先に遊びに行きたい場所です。

スクリーンショット-2019-04-29-15.55.21


購入はこちら

菜音ファームのひのひかりはこちらから購入できます。


フードセレクターについて小林 世子 The CAMPusプロデューサー
“世界を「農」でオモシロくする”をテーマに掲げ、新型農家の誕生を促進し“農”というムーブメントを軸に、暮らしの質を高めていき地域活性化を実現するThe CAMPusの副代表として活動しています。
ヨガと自然をこよなく愛し、鎌倉と東京を行き来する生活を送っている
https://thecampus.jp

「わたしの推し食材」プロジェクト事務局:
株式会社MISO SOUP 
https://www.misosoup.co.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社MISO SOUP
次世代の農業者のありかたを見つける「Social Design Farm研究会」 自らの推し食材をシェアするプロジェクト「#わたしの推し食材」 を運営する株式会社MISO SOUPのnoteです。