見出し画像

これからの生き方を考えるきっかけに。ひふみ×noteで、投稿コンテスト「#ゆたかさって何だろう」を開催します!

このたび、レオス・キャピタルワークスの投資信託「ひふみ」がnoteとコラボして、#ゆたかさって何だろうというテーマで投稿コンテストを開催します。

未曾有の激動の時代が訪れて、だれもが「生き方」について考えることが多くなっていると思います。それとともに「ゆたかさ」についての価値観も、それぞれが少しずつ変わってきているのではないでしょうか。

今回は、そんな今だからこそ考えてみたい「ゆたかさ」にまつわる投稿を募集します。

ひふみ投信の運用開始から12年目を迎える今年、ひふみはさらなる成長の決意を込めて、ブランドコンセプトをあらためて見直し、ロゴやデザインを一新しました。

「次のゆたかさの、まんなかへ」が、ブランドメッセージです。

一人ひとりが夢や希望へ向かっていくための「まんなか」のチカラになれますように。また、会社と皆様をつなぐ役割としても、ひふみが「まんなか」になり、社会を元気にしていけますように。そんな想いが込められました。そして、私たちにとって「次のゆたかさ」とはなんだろう、という大きな問いを投げかけています。

投稿は文章はもちろん、イラスト、マンガ、動画など形式は問いません。おもいおもいの「ゆたかさ」に触れられることを楽しみにしています。

概要pink

たとえばこんな記事を書いてみましょう

■自分が心地よいと感じること
生活のあり方が変わったことで、改めて、自分が心地よいと感じることについて書いてみましょう。

■自分にとっての特別な時間、場所、もの
ゆたかな気持ちになれる、特別な時間や場所、ものなど、「私だけのとっておき」を紹介してみませんか?

■これから「ゆたかさ」「幸せ」の基準になっていくと思うもの、こと
お金やものが豊富にあることだけが、ゆたかさの基準ではないかもしれません。ゆたかな人生を送るために大切になってくること、新しいお金観やビジネスのあり方などを考えてみるのもいいかもしれません。

投稿の際にはハッシュタグ「 #ゆたかさって何だろう」をつけて投稿をお願いします。

お手本作品

コンテスト開催にあたって、UUUM株式会社代表取締役の鎌田和樹さん、作家の岸田奈美さん、株式会社わざわざ 代表取締役の平田はる香さんに、お手本作品の制作をお願いしました。記事は順次公開していきます。ぜひご覧いただき、投稿をする上での参考にしてください。

鎌田和樹さん

岸田奈美さん

平田はる香さん

コンテスト詳細

■コンテストスケジュール
応募締切:2020年6月17日(水)23:59まで
発表:7月下旬予定

■募集作品
#ゆたかさって何だろう」というテーマで、noteの投稿をお待ちしています。マンガやエッセイ、イラスト、小説など、自由にお書きください。形式は問いません。

■応募方法
①noteアカウントで会員登録(ログイン)
ひふみラボ noteアカウントをフォローする

③ハッシュタグに「#ゆたかさって何だろう」を設定して記事を投稿
※応募の際は「無料公開」で公開してください。
※すでに同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能です。

投稿内容の利用に関して
投稿内容は、ひふみラボ noteひふみ公式ウェブサイト、SNSなどで紹介させていただく可能性がございます。

■ 賞
・グランプリ:1名(10万円)
・準グランプリ:2名(各5万円)
・審査員特別賞:3名(各3万円)
・入賞:5名(各1万円)

審査員紹介
・UUUM株式会社代表取締役 鎌田和樹 さん

・作家 岸田奈美 さん

・株式会社わざわざ 代表取締役 平田はる香 さん

・レオス・キャピタルワークス代表取締役社長 藤野英人さん


ひふみ投信とは
「ひふみ」は、投資の本質を実現するために誕生した、投資信託(ファンド)のブランドです。2008年、投資運用会社のレオス・キャピタルワークスが「ひふみ投信」の運用をスタートしました。
2020年5月、「次のゆたかさの、まんなかへ」をコンセプトに大幅ブランドリニューアル。資産形成のパートナーとして、次のゆたかさに向けてお客様と一緒に歩んでまいります。

ひふみブランドサイト

ひふみラボnote


note編集部のおすすめ記事を紹介しています

今日も楽しいnoteライフを✨
1422
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events

こちらでもピックアップされています

コンテスト
コンテスト
  • 17本

自分を表現する機会が数多くあります。 ここで自分自身の感性を表現する機会をまとめています。