見出し画像

【noteカイゼン】有料マガジン・定期購読マガジンに試し読み機能がつきました

5月9日より、有料マガジンと定期購読マガジン内の記事に試し読みのラインを設定できるようになりました。

価格を設定した有料記事と同じように、「記事の内容を誰でも読める部分」と「購入者・購読者だけが読める部分」とに分けることができます。

ラインの設定は、記事作成または編集したあとの公開設定で、記事を有料マガジン・定期購読マガジンに追加すると行えます。

* この機能は、過去に投稿した有料マガジン・定期購読マガジン内の記事でも設定することができます。

試し読みラインの設定方法

1. 記事の公開設定で、記事を入れたい有料マガジンか定期購読マガジンを選択し、「試し読みエリアを設定」ボタンを押します。

画像1

2. エリア設定画面に移動し、「ラインをこの場所に変更」の部分を押すと、黒いバーに表示が切り替わります。

画像2

ラインを設定すると、ラインより上の部分は誰でも読めるようになり、下の部分はマガジンの購入者・購読者だけが読めるようになります。

また、黒いバーの「×」を押すとラインの設定を取り消すことができます。ラインを設定せずに公開すると、マガジンを購入または購読した方だけが読める記事になります。

公開した記事を読者がみたときには、以下のように表示されます。

画像3

これまでは、クリエイターのみなさんが有料マガジン・定期購読マガジンの内容を対外的にアピールする方法が限られていました。これからは、まだ購読していない方に向けて、より効果的にマガジンの魅力を発信することができるようになります。

このように、平田はる香さんの定期購読マガジンでは、一部の内容が見れるようになっています。


私たちは、クリエイターのみなさんのご意見・ご要望を受けてカイゼン事項を検討しています。引き続き、創作活動がしやすい環境づくりを進めていきますので、ぜひご意見をお聞かせください。

機能に関するカイゼン・ご要望はこちら
その他のお問い合わせはこちら

note編集部のおすすめ記事を紹介しています

スキ、ありがとうございます☺️
201
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events

こちらでもピックアップされています

noteカイゼン報告
noteカイゼン報告
  • 209本

noteのカイゼン事項を報告します