imaori

◆handmade accessory brand「imaori(イ・マ・オリ)」です ◆夫婦で運営しています ◆手間のかかる作り込んだオンリーワンのアクセサリー作品です ◆https://lit.link/imaori

imaori

◆handmade accessory brand「imaori(イ・マ・オリ)」です ◆夫婦で運営しています ◆手間のかかる作り込んだオンリーワンのアクセサリー作品です ◆https://lit.link/imaori

    ストア

    • 商品の画像

      smell the roses(white)

      「stop and smell the roses」は英語のことわざで、「焦らずにゆっくりいこう」という意味があるそうです。 気持ちにゆとりがない時ほど薔薇の香りを楽しむぐらいの余裕を持ちましょうと、現代の目まぐるしい時代だからこそ心の余裕が必要なんだと教えてくれることわざです。 このことわざをイメージにイヤリングを制作いたしました。 白い薔薇は、「純潔」「相思相愛」「深い尊敬」「私はあなたにふさわしい」などの花言葉があります。 白い薔薇には薔薇の香りをイメージした、様々な色を映し出すオーロラのクリスタルガラスの雫を付けました。 カジュアルだけでなくフォーマルシーンにも相応しい、ドレスコードを選ばないアクセサリーです。 ディップアートという手法を用いた、花びらを1つ1つ手作りで組み上げた薔薇の繊細さが際立ちます。 「純潔」という花言葉と共に「焦らずにゆっくりいこう」ということわざを身につけていただければ幸いです。 ※「smell the white roses/※廃盤済」という作品の改良版となります。 改良点①:金具の下に薔薇が来るように変更しました(雫だけでなく薔薇自体も揺れて華やかさが増しました)。 改良点②:ピアスとイヤリングの金具が変更可能となりました。 改良点③:円安で材料費が高騰している中、組み方を見直しコスト削減を行い販売価格を下げました(¥4,500→¥3,600)。 ■サイズ 花:約20mmφ、全長:約45mm クリスタルガラス:約13mm×6.5mm ■金具変更可 ●スタッドピアス・・・サージカルステンレス(金属アレルギー対応) ●イヤリング ・・・ニッケルフリーメッキ処理(金属アレルギー対応) ※全ての方に金属アレルギー反応が出ないことを保証するものではありません。 ご了承くださいませ。 ※チェーンはサージカルとなります。 ■GIFT対応 GIFT包装としてアクセサリーを入れるピローボックスと手提げ用のペーパーバッグをセットでご用意いたします。 通常配送用のボックスより大きめの配送用のボックスでお送りいたします。 ■発送注意 受注制作のため、商品発送まで5日ほどお時間をいただきます。お急ぎの場合はご注文をお控えください。なるべく迅速に発送できるよう心がけていますが、1つ1つ手作業のためお待たせしてしまうことがございます。ご了承くださいませ。 ■購入時の注意 トラブル防止のため、以下の注意点をご覧くださいませ。 ●1つ1つ手作業で制作しているため、色や形に若干の違いが生じる場合がございます。また、お使いの端末や閲覧環境により写真と実物の色味や質感が多少異なって見えることがございますのでご了承くださいませ。 ●花は繊細な作りとなっておりますので、強い衝撃などを与えると破損の原因となります。 ●汗や皮脂汚れによる変色は完全に避けることはできませんので、ご使用後は汚れをつけたまま保管はしないようにご注意ください。 ●ご注文後のキャンセル、返品、交換は受け付けておりません。また、こちらの不備以外での返品や返金の対応はお断りしております。 以上、最後までご覧いただきありがとうございました。 ■ About overseas delivery Hello. Thank you for your inquiry. We are sorry, but this shop does not support overseas shipping. If you use the forwarding service, an overseas shipping professional will deliver the products. <Information on forwarding service> TENSO COM https://www.tenso.com/en TENSO JAPAN https://www.tensojapan.com/en BAGGAGE FORWARD https://www.baggageforward.co.jp/en/ What is forwarding service? ・Purchaser must obtain a Japanese address by forwarding service ・Please use the acquired address to place an order https://imaori.base.shop ・We will deliver safely from the forwarding service warehouse to your destination. *The transfer fee will be borne by the purchaser. (The fee depends on the service) In the future, we will consider adding support for overseas deliveries. Thank you for your continued support for the “imaori”.
      3,600円
      imaori
    • 商品の画像

      mistletoeピアス(淡水パール)

      クリスマスの植物と言えば、思い浮かぶのはクリスマスツリーの「モミの木」やクリスマスリースに付ける「柊」、赤い大きな花が特徴の「ポインセチア」といったところではないでしょうか? 日本人にはあまり馴染みがありませんが、欧米ではクリスマスの風物詩として有名な植物があります。 それがクリスマスイヴの誕生花でもある「和名:ヤドリギ(宿木)、英語名:mistletoe(ミスルトー)」です。 名前の通り寄生性の常緑樹で落葉高木に寄生して、年間を通して青々とした姿を保っています。 ヨーロッパの先祖であるケルトの人々は、一年中青々としているヤドリギに対して「不死」「活力」「肉体の再生」など特別な神の力が宿っていると信じていました。 欧米ではクリスマスに、様々なクリスマスアレンジでヤドリギを取り込んで玄関や室内を飾り付けます。 そしてヤドリギには伝承が残されています。 欧米ではクリスマスシーズンにカップルがヤドリギの下でキスをすると永遠に結ばれると言われており、「Let’s kiss under the mistletoe.(ヤドリギの下でキスしよう)」という口説き文句があります。 この伝承から「kiss me(キスしてください)」という花言葉が付けられました。 このスピリチュアルな「ヤドリギ」をアクセサリーにしました。 特徴的なかわいいヤドリギの実には、天然ならではの不均等な形状の淡水パールを使用しました。 3つの実(淡水パール)が個別に揺れることで、パールがキラキラ光ります。 またヤドリギの葉は緑ではなく金色の透かしにすることで、淡水パールに似合った品格を持たせました。 そして、ちょっと形がハートにも見えたりします。 ぜひ、特別にスピリチュアルなヤドリギのピアスで耳元を彩りませんか。 ■サイズ 淡水パール:約5mmφ×3個(左右で6個)、全長:約35mm ■金具変更可 ●スタッドピアス・・・サージカルステンレス(金属アレルギー対応) ●イヤリング ・・・ニッケルフリーメッキ処理(金属アレルギー対応) ※全ての方に金属アレルギー反応が出ないことを保証するものではありません。 ご了承くださいませ。 ※チェーンはサージカルとなります。 ■GIFT対応 GIFT包装としてアクセサリーを入れるピローボックスと手提げ用のペーパーバッグをセットでご用意いたします。 通常配送用のボックスより大きめの配送用のボックスでお送りいたします。 ■発送注意 受注制作のため、商品発送まで5日ほどお時間をいただきます。お急ぎの場合はご注文をお控えください。なるべく迅速に発送できるよう心がけていますが、1つ1つ手作業のためお待たせしてしまうことがございます。ご了承くださいませ。 ■購入時の注意 トラブル防止のため、以下の注意点をご覧くださいませ。 ●1つ1つ手作業で制作しているため、色や形に若干の違いが生じる場合がございます。また、お使いの端末や閲覧環境により写真と実物の色味や質感が多少異なって見えることがございますのでご了承くださいませ。 ●繊細な作りとなっておりますので、強い衝撃などを与えると破損の原因となります。 ●淡水パールは天然のため、不均等でいびつな形になっています。 ●汗や皮脂汚れによる変色は完全に避けることはできませんので、ご使用後は汚れをつけたまま保管はしないようにご注意ください。 ●ご注文後のキャンセル、返品、交換は受け付けておりません。また、こちらの不備以外での返品や返金の対応はお断りしております。 以上、最後までご覧いただきありがとうございました。 ■ About overseas delivery Hello. Thank you for your inquiry. We are sorry, but this shop does not support overseas shipping. If you use the forwarding service, an overseas shipping professional will deliver the products. <Information on forwarding service> TENSO COM https://www.tenso.com/en TENSO JAPAN https://www.tensojapan.com/en BAGGAGE FORWARD https://www.baggageforward.co.jp/en/ What is forwarding service? ・Purchaser must obtain a Japanese address by forwarding service ・Please use the acquired address to place an order https://imaori.base.shop ・We will deliver safely from the forwarding service warehouse to your destination. *The transfer fee will be borne by the purchaser. (The fee depends on the service) In the future, we will consider adding support for overseas deliveries. Thank you for your continued support for the “imaori”.
      2,800円
      imaori

    マガジン

    • アクセサリー原案

      imaoriのストアで販売しているアクセサリーの原案です。 中にはアイデアだけで没案も含まれています。

    • 美術館へ行こう!

      美術鑑賞のただの感想日記です。 アートに関する正しいウンチクではございません。 美術館別にまとめています。

    • 映画・ドラマ・アニメとか

      映画やドラマやアニメを観た、ただの感想などです。

    • 商品の画像

      smell the roses(white)

      「stop and smell the roses」は英語のことわざで、「焦らずにゆっくりいこう」という意味があるそうです。 気持ちにゆとりがない時ほど薔薇の香りを楽しむぐらいの余裕を持ちましょうと、現代の目まぐるしい時代だからこそ心の余裕が必要なんだと教えてくれることわざです。 このことわざをイメージにイヤリングを制作いたしました。 白い薔薇は、「純潔」「相思相愛」「深い尊敬」「私はあなたにふさわしい」などの花言葉があります。 白い薔薇には薔薇の香りをイメージした、様々な色を映し出すオーロラのクリスタルガラスの雫を付けました。 カジュアルだけでなくフォーマルシーンにも相応しい、ドレスコードを選ばないアクセサリーです。 ディップアートという手法を用いた、花びらを1つ1つ手作りで組み上げた薔薇の繊細さが際立ちます。 「純潔」という花言葉と共に「焦らずにゆっくりいこう」ということわざを身につけていただければ幸いです。 ※「smell the white roses/※廃盤済」という作品の改良版となります。 改良点①:金具の下に薔薇が来るように変更しました(雫だけでなく薔薇自体も揺れて華やかさが増しました)。 改良点②:ピアスとイヤリングの金具が変更可能となりました。 改良点③:円安で材料費が高騰している中、組み方を見直しコスト削減を行い販売価格を下げました(¥4,500→¥3,600)。 ■サイズ 花:約20mmφ、全長:約45mm クリスタルガラス:約13mm×6.5mm ■金具変更可 ●スタッドピアス・・・サージカルステンレス(金属アレルギー対応) ●イヤリング ・・・ニッケルフリーメッキ処理(金属アレルギー対応) ※全ての方に金属アレルギー反応が出ないことを保証するものではありません。 ご了承くださいませ。 ※チェーンはサージカルとなります。 ■GIFT対応 GIFT包装としてアクセサリーを入れるピローボックスと手提げ用のペーパーバッグをセットでご用意いたします。 通常配送用のボックスより大きめの配送用のボックスでお送りいたします。 ■発送注意 受注制作のため、商品発送まで5日ほどお時間をいただきます。お急ぎの場合はご注文をお控えください。なるべく迅速に発送できるよう心がけていますが、1つ1つ手作業のためお待たせしてしまうことがございます。ご了承くださいませ。 ■購入時の注意 トラブル防止のため、以下の注意点をご覧くださいませ。 ●1つ1つ手作業で制作しているため、色や形に若干の違いが生じる場合がございます。また、お使いの端末や閲覧環境により写真と実物の色味や質感が多少異なって見えることがございますのでご了承くださいませ。 ●花は繊細な作りとなっておりますので、強い衝撃などを与えると破損の原因となります。 ●汗や皮脂汚れによる変色は完全に避けることはできませんので、ご使用後は汚れをつけたまま保管はしないようにご注意ください。 ●ご注文後のキャンセル、返品、交換は受け付けておりません。また、こちらの不備以外での返品や返金の対応はお断りしております。 以上、最後までご覧いただきありがとうございました。 ■ About overseas delivery Hello. Thank you for your inquiry. We are sorry, but this shop does not support overseas shipping. If you use the forwarding service, an overseas shipping professional will deliver the products. <Information on forwarding service> TENSO COM https://www.tenso.com/en TENSO JAPAN https://www.tensojapan.com/en BAGGAGE FORWARD https://www.baggageforward.co.jp/en/ What is forwarding service? ・Purchaser must obtain a Japanese address by forwarding service ・Please use the acquired address to place an order https://imaori.base.shop ・We will deliver safely from the forwarding service warehouse to your destination. *The transfer fee will be borne by the purchaser. (The fee depends on the service) In the future, we will consider adding support for overseas deliveries. Thank you for your continued support for the “imaori”.
      3,600円
      imaori
    • 商品の画像

      mistletoeピアス(淡水パール)

      クリスマスの植物と言えば、思い浮かぶのはクリスマスツリーの「モミの木」やクリスマスリースに付ける「柊」、赤い大きな花が特徴の「ポインセチア」といったところではないでしょうか? 日本人にはあまり馴染みがありませんが、欧米ではクリスマスの風物詩として有名な植物があります。 それがクリスマスイヴの誕生花でもある「和名:ヤドリギ(宿木)、英語名:mistletoe(ミスルトー)」です。 名前の通り寄生性の常緑樹で落葉高木に寄生して、年間を通して青々とした姿を保っています。 ヨーロッパの先祖であるケルトの人々は、一年中青々としているヤドリギに対して「不死」「活力」「肉体の再生」など特別な神の力が宿っていると信じていました。 欧米ではクリスマスに、様々なクリスマスアレンジでヤドリギを取り込んで玄関や室内を飾り付けます。 そしてヤドリギには伝承が残されています。 欧米ではクリスマスシーズンにカップルがヤドリギの下でキスをすると永遠に結ばれると言われており、「Let’s kiss under the mistletoe.(ヤドリギの下でキスしよう)」という口説き文句があります。 この伝承から「kiss me(キスしてください)」という花言葉が付けられました。 このスピリチュアルな「ヤドリギ」をアクセサリーにしました。 特徴的なかわいいヤドリギの実には、天然ならではの不均等な形状の淡水パールを使用しました。 3つの実(淡水パール)が個別に揺れることで、パールがキラキラ光ります。 またヤドリギの葉は緑ではなく金色の透かしにすることで、淡水パールに似合った品格を持たせました。 そして、ちょっと形がハートにも見えたりします。 ぜひ、特別にスピリチュアルなヤドリギのピアスで耳元を彩りませんか。 ■サイズ 淡水パール:約5mmφ×3個(左右で6個)、全長:約35mm ■金具変更可 ●スタッドピアス・・・サージカルステンレス(金属アレルギー対応) ●イヤリング ・・・ニッケルフリーメッキ処理(金属アレルギー対応) ※全ての方に金属アレルギー反応が出ないことを保証するものではありません。 ご了承くださいませ。 ※チェーンはサージカルとなります。 ■GIFT対応 GIFT包装としてアクセサリーを入れるピローボックスと手提げ用のペーパーバッグをセットでご用意いたします。 通常配送用のボックスより大きめの配送用のボックスでお送りいたします。 ■発送注意 受注制作のため、商品発送まで5日ほどお時間をいただきます。お急ぎの場合はご注文をお控えください。なるべく迅速に発送できるよう心がけていますが、1つ1つ手作業のためお待たせしてしまうことがございます。ご了承くださいませ。 ■購入時の注意 トラブル防止のため、以下の注意点をご覧くださいませ。 ●1つ1つ手作業で制作しているため、色や形に若干の違いが生じる場合がございます。また、お使いの端末や閲覧環境により写真と実物の色味や質感が多少異なって見えることがございますのでご了承くださいませ。 ●繊細な作りとなっておりますので、強い衝撃などを与えると破損の原因となります。 ●淡水パールは天然のため、不均等でいびつな形になっています。 ●汗や皮脂汚れによる変色は完全に避けることはできませんので、ご使用後は汚れをつけたまま保管はしないようにご注意ください。 ●ご注文後のキャンセル、返品、交換は受け付けておりません。また、こちらの不備以外での返品や返金の対応はお断りしております。 以上、最後までご覧いただきありがとうございました。 ■ About overseas delivery Hello. Thank you for your inquiry. We are sorry, but this shop does not support overseas shipping. If you use the forwarding service, an overseas shipping professional will deliver the products. <Information on forwarding service> TENSO COM https://www.tenso.com/en TENSO JAPAN https://www.tensojapan.com/en BAGGAGE FORWARD https://www.baggageforward.co.jp/en/ What is forwarding service? ・Purchaser must obtain a Japanese address by forwarding service ・Please use the acquired address to place an order https://imaori.base.shop ・We will deliver safely from the forwarding service warehouse to your destination. *The transfer fee will be borne by the purchaser. (The fee depends on the service) In the future, we will consider adding support for overseas deliveries. Thank you for your continued support for the “imaori”.
      2,800円
      imaori
    • もっとみる

    最近の記事

    rakugaki_112「アメノカガミノフネ」

    みなさんは「ガガイモ」をご存じでしょうか? 夏に花を咲かせ秋に実を熟す「ガガイモ」は古名で「加々美(かがみ)」と呼ばれていました。 古名の「かがみ」に、実の形状が芋のようなことから「カガミイモ」→「ガガイモ」と呼ばれるようになったと言われています。 実はこのガガイモ、日本神話の古事記にも登場するんです。 大国主命(おおくにぬし)が国造りをはじめようとしたとき、天の羅摩(あめのかがみ)の舟に乗ってやって来た少名毘古那神(すくなびこなのかみ)と協力して日本の国造りが行なわれたと

      • rakugaki_111「美術館へ行こう!【千葉編】ホキ美術館」

        私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

        • rakugaki_110「王様ランキング(21〜23話)アニオタトーク」

          私はドラマホリックではありますが、同時にアニメホリックでもあり欠かさずアニメをチェックして録画して見ています。 そんな私が注目している番組があります。 それがこれ!「王様ランキング」これがめっちゃ面白い! 原作が漫画で、累計発行部数が150万部を超えた人気作品らしいです。 王様ランキング、ついに物語は最終章です。 rakugaki_65で王様ランキングの1〜5話まで、rakugaki_77で6〜10話まで、rakugaki_92で王様ランキングの11〜15話まで、rakug

          • rakugaki_109「美術館へ行こう!【東京編】江戸東京博物館」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • アクセサリー原案
            imaori
          • 美術館へ行こう!
            imaori
          • 映画・ドラマ・アニメとか
            imaori
          • 物欲・食欲
            imaori
          • おでかけ
            imaori
          • imaori

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            rakugaki_108「恥ずかしがり屋の妖精」

            英語表記で共に「peony(ピオニー)」と呼ばれる花が芍薬と牡丹です。 見た目が似ているのですが芍薬は草の花で、細い幹に一つの花がすっと立って咲いています。 牡丹は木の花で、枝からいくつも花を咲かせます。 この様相から「立った姿は芍薬、座れば牡丹・・・」といった美人を形容することわざが生まれたと思われます。 共に属名も「paeonia(パエオニア)」といいギリシャ神話にも登場します。 「誰もが振り返るほど美しい妖精のパエオニア(ピオニー)。 アポロン神も世の男性同様、魅了さ

            rakugaki_107「美術館へ行こう!【東京編】三井記念美術館」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

            rakugaki_106「記念コイン」

            私自身は記念コインの収集家ではないのですが、両親より譲り受けることになりました。 しばらく気にせず放りっぱなしにしていたのですが、昨日整理した際どんなコインなのかを初めて把握しました。 記念コインは全部で9種類あり、それをご紹介させていただきます。 ①1970年(昭和45年)EXPO’70/100円硬貨 1970年3月15日〜9月13日まで大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会の記念コインです。 アジア初、日本最初の当時史上最大規模の国際博覧会でした。 ②1972年

            rakugaki_105「美術館へ行こう!【東京編】板橋区立美術館」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

            rakugaki_104「王様ランキング(16〜20話)アニオタトーク」

            私はドラマホリックではありますが、同時にアニメホリックでもあり欠かさずアニメをチェックして録画して見ています。 そんな私が注目している番組があります。 それがこれ!「王様ランキング」これがめっちゃ面白い! 原作が漫画で、累計発行部数が150万部を超えた人気作品らしいです。 現在20話まで放送済み。 フジテレビ、ノイタミナ枠他で毎週木曜日24:55(関西テレビは26:25)から放送中。 ちなみにAmazon Prime Videoでも見ることができます。 王様ランキング、面白

            rakugaki_103「美術館へ行こう!【東京編】松岡美術館」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

            rakugaki_102「あなただけを見つめる」

            ギリシャ神話に出てくる水の精クリュティエは太陽神アポロンに恋します。しかしその恋は片思いでした。 それでも諦めきれないクリュティエは、毎日アポロンが東から西に空を駆け抜けていく姿を見つめ続けました。 ついには足から根が生えひまわりへと姿を変えてしまいました。 英語で太陽は「sun」、ひまわりは「sunflower」なので、まさに神話通り太陽と共に生きる花ですね。 そして、クリュティエのこの強い想いから「あなただけを見つめる」がひまわりの花言葉となりました。 この神話をイ

            rakugaki_101「美術館へ行こう!【東京編】東京ステーションギャラリー」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

            rakugaki_100「2022年1月期ドラマ閑話」

            祝!ブログ100回目!! もう落書きも100枚に到達いたしました。 その祝100回目のブログがアクセサリーではなくドラマの話になってしまいました。 私はドラマホリックで欠かさずドラマをチェックして録画して見ています。 そんな私が2022年の1月期ドラマで楽しみにしている番組を二つ紹介したいと思います。 ※記載時期は2022年2月21日です。 一つ目はフジテレビで毎週月曜日、夜9時放送の「ミステリと言う勿れ」です。 今現在で第7話まで視聴済み。 以下、番組のイントロダクシ

            rakugaki_99「美術館へ行こう!【東京編】弥生美術館・竹久夢二美術館」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館

            rakugaki_98「天使が舞い降りた」

            ホワイトフラワーの代表格である、純白のウェディングドレスのような美しい花を咲かせる「ガーデニア」。 純白の花から漂う香りは初夏の訪れを感じさせるジャスミンのような香りがすることから「ケープジャスミン」とも呼ばれ、プロポーズの時に贈る花やウェディングブーケにも使われます。 日本では、花の果実が熟しても破れないことから「クチナシ(口無し)」と呼ばれるようになったという説があります。 この純白の花には以下の伝説も残されています。 「その昔、ガーデニアという名前の清楚な少女がいまし

            rakugaki_97「美術館へ行こう!【東京編】三鷹の森ジブリ美術館」

            私には「美術鑑賞」という唯一の趣味があります。 その「趣味」にもブームがありまして、第一次ブームが1985年〜1987年。 第二次ブームが2009年〜2018年。 第一次ブームの1987年から第二次ブームがはじまる2009年まで20年以上の月日が経っていますが、その間にも何回かは美術観賞をしています。 ただ「ブーム」の期間は、集中的に「美術館」に出かけているので「ブーム」なんですね。 このブログでは、私の大好きな「美術館」に出かけて、観賞した「美術展」の感想とともに、「美術館