見出し画像

【深夜の狂喜】やっちまったよ。こんなはずじゃなかったんだ。

今は、2018.11.29 AM 2:20頃。

仕事を終えて、小腹がすいたのでポテチをパクつき、歯磨きをして、布団に入る。

『そういえば、あのクラウドファンディングはもうすぐサクセスしそうだな。今、どれくらいだろうか?』

寝る前にふと気になり、スマホを開く。

そのプロジェクトの現在の支援額は49,546,500円だった。

目標金額は5,000万円。

『あ、あと50万ぐらいなんだ。明日、明後日にはサクセスしそうだな。僕も3000円ぐらい支援しとこうかな。』と、プロジェクトのリターンを眺めていた。

このプロジェクト名は、

【えんとつ町のプペル美術館】をつくりたい!
by キンコン西野
 

キングコング西野の地元・兵庫県川西市に『えんとつ町のプペル』の世界を忠実に再現した美術館をつくって、川西市を盛り上げたい。

だ。

『あと、50万円かー。50万円ね。なるほどなるほど。そうすると一気に5,000万円到達なんだね。』

いや、違う。

違うよ。

そうではない。

これこれ、このレベルをポチるつもりで見ているはずなんだ。

しかし、なぜか僕の目に止まったリターンはこれだった。

実は数日前に大牟田の友人である島村隆大さんがこの講演会リターンをポチったという電話連絡をいただいていたのだ。

僕は五島で竹あかりのワークショップと展示の最中だった。

「大牟田で西野亮廣さんの講演会やるんで協力して欲しいんです!オンラインサロンどんな感じですか?」とのこと。

『サロンいい感じですよー❗講演会やるならサロン入って、福岡の人たちと協力してもいいですねー✨』

(島村さん、50万てスゲーな。でも、絶対いい経験になるし、面白そうだ。)

そこからちょうど1週間後の今。

『ふんふん、50万かー。50万ねぇ。。』

とか考えてたら、押してた。

押してしまってた。

あわわわわわわわ。

わわわわわわ、5,000万円到達した‼️

呆気なさを感じつつも、考えなしのほぼ直感で押した自分に少し興奮しながら、

『まあ、いいや。

壱岐島の人たちや島の子ども達が夢や希望を持てるキッカケになればいいや。

美術館の資金もサクセスするし、みんな喜ぶし、50万円でそれが買えたなら十分じゃないか。

来月のカード引き落としが人生最大額で、ちょっと怖いだけだ。

いや、だいぶ。

ヤバいなぁ(笑)』

と思って寝た。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
長崎県壱岐島在住。公務員がヒエラルキーの頂点とも言える島で脱・公務員したヒト。

コメント2件

ここから西野さんの講演会に繋がっていたんですね。とても感慨深くみてました!頑張ってください!
小池さん そーなんですよ!破天荒な元公務員として頑張ります(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。