スタートアップは沼がいっぱい?!初心者がハマりがちな沼 BEST3
見出し画像

スタートアップは沼がいっぱい?!初心者がハマりがちな沼 BEST3

こんにちは!カミナシでカスタマーサポートを担当している井島です。

カミナシにジョインし約1年が経過し、スタートアップ初心者だった私がこれまで大変だったことをランキング形式でお話しさせていただきます。
SaaS、ITに慣れている方からしたら「そんなの当たり前に知ってるよ」と思うかもしれませんが、あくまで初心者だった私が感じたことなので、「初心者はこう感じるんだな、ふーん」というラフな感じで読んでいただけると嬉しいです…!

第3位:スピード感が速すぎる沼

第3位はスピード感です。
スタートアップはスピード命のようなところがありますが、初心者にはスピードの速さに少し戸惑いがありました。
お客様のために様々な機能の開発はもちろんのことですが、カミナシで働くメンバーが働きやすいような体制づくりや会社の方針変更など多々あります。

特にカミナシでは「β版マインド」をカルチャーとしているため、何でもやってみるということを当たり前のように行われています。
例えば私が「チャット対応をやる上でこれやってみたいです」と何気なく言った一言で、チャットツールの変更やヘルプページ新設など、様々なことを私がメインとなり対応したこともありました。

入社して間もない私に責任ある役割に携わらせてもらえることにやりがいを感じながらも、「そんなすぐに決めちゃっていいのかな」と不安に思うことがありました。
カミナシは「成功したらみんなで喜び、失敗してしまったらみんなで反省する」ということが出来るメンバーがたくさんいます。
そのため、スピード感を大切にしすぎたあまり失敗してしまっても、みんなでその後話し合い必ず成功に繋げられるんだと思います。

第2位:使用するツールが多すぎる沼

第2位はツールの多さです。
カミナシでは全員が使っているツール、「Notion」「Slack」などの他に各チームが独自に使っているツールがたくさんあります。
私が所属するCSチームでは、チャット対応には欠かせない「チャネルトーク」や数値を出すためのツール「Metabase」などを使っています。

私は前職でツールと言うほどのものは使用しておらず、ほとんどの意思疎通や情報収集を紙ベースで行っていたためツールを使いこなすということが大変でした。
また私は性格上、説明書を読むのがとても苦手なので、使いながら自分流に使い方を学習したりしていました。
でもそんなに甘くないツールがたくさんあったので、カミナシメンバーにやり方を教えてもらって、今では大きな問題なく使うことが出来ています。
手取り足取り教えてくれたカミナシメンバーには感謝感謝です…。

第1位:大量の専門用語の沼

第1位はSaaS用語、IT用語です。
正直これが一番大変で、今でも会議中に頭の中が「?」となっていることが多々あります。
前職で航空業界の専門用語はたくさん使っていたので、「カタカナが多い航空業界用語とSaaS、IT用語は多少似ているだろう」なんて甘い考えを持っていました…が、全く異なりました。
カタカナ用語に慣れていた私でも、SaaS、IT独自の用語には頭を悩まされ続けています。

今まで私がGoogleで調べたり、メンバーに聞いた用語は大量にあります。
例えば
・イシュー
・ペイン
・オンボーディング
・インシデント
・CPU
・API
・ファシリテーション などがあります。
以前「ファシリテーション」を略して「ファシリお願いします」などという上級レベルの言葉を聞いた日には、頭がパンクしそうになりました。
「なぜ漢字で表現せずカタカナにするんだー!」と。

画像2

(カミナシが誇るスーパー幹事、エンジニアなかたくさんのある日の投稿。毎回飲み会では、いろんな食べ物をビルド&デプロイしてくれます)

余談ですが、「イシュー」をカタカナ表記する人と英語表記にする人で分かれますよね。
ちなみに私は「イシュー」を「issue」と英語表記にする派です。
特に意味はないのですが、なんとなくカタカナにするのが違和感過ぎて、「出来れば英語は英語のままで使いたい」というせめてもの抵抗をしているんだと思います(笑)

画像2

(PCで「い」と打つと、自分の名前より上に「issue」と予測変換されるのは、もう職業病です)

他に分からなかった専門用語は役職です。
「CEO」は以前から知っていましたが、「CCO」「CFO」「CTO」「PdM」などアルファベット3文字で役職を言われても、部長や課長などの言葉に慣れていた私には何のことかさっぱりでした。

ここまで散々言って来ましたが、今では前から知ってた風に使ってしまう自分もいます。
慣れてしまったら楽なのでついつい使いがちです(笑)

結論:スタートアップめっちゃ楽しい

私の場合、コロナの影響で出向をしたことをきっかけにカミナシというスタートアップに出会いました。
そのため心の準備もSaaS、IT企業の知識も無かったため戸惑う部分がたくさんありました。
今となってはいい思い出ですが、当時はとても大変でこれからやっていけるのか不安に思っていました。
それでも今こうしてカミナシで仕事を続けている理由は、そんな私にも他のメンバーが手を差し伸べてくれたことです。
カミナシには「初心者だから〜」などという言う人は誰一人おらず、「こうやったらいいよ」と言ってくれる優しい人がたくさんいます。
助けてもらいながら1つずつ自分が出来ることをこなしていくと、必ず結果につながると思います。

私もまだまだ成長中です。
もし未経験でSaaSやIT企業に転職を考えている方は、大変なことがたくさんあると思いますが一緒に頑張っていきましょう!

そして私が働くカミナシに少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。
採用サイトが新しくオープンしたので、ぜひ覗いてみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございます〜!
カミナシでカスタマーサポートを担当しています。