いえながのやくそく vol.33
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

いえながのやくそく vol.33

20201年9月21日

すっかり夏が終わったような涼しい日が続いてます。

9月ってまだまだ暑くて、残暑ってゆうかまだ夏やん!っていう感じだったのに、今年は9月に入ったらすっかり暑さも落ち着いて、半袖短パンではいられなくなって、夏の暑さが恋しい気分。

すっかりnoteをご無沙汰してましたが、落ち着いて記事を書く時間がないほど、アクティブに動いてました。

前回のnoteを書いた5月の後半に、僕がやっているJAZZとレゲエとBeatのミクスチャーなバンド、IRIE JAZZ SESSIONの7インチレコードをリリースしたり、個性豊かなSingerを迎えて歌謡曲をJAZZYにPLAYするCOSMIC SESSIONや、MONKY&FANCY BIRDSのライブをコロナ禍でも地道に続けてました。

他にも、三宅伸治さんのライブやレコーディング、元スカパラの冷牟田さんが率いる新バンド「PULP」など、先輩ミュージシャンとの交流もあって、充実した夏でした。

画像1

冷牟田さんと「PULP」のライブ

三宅さん

三宅伸治&Red Rocksでのコーラス録音中!

たまたま出会った人と、ふとしたことでライブや仕事を一緒にするようになったりする縁の不思議。

そういう縁に導かれて、友達も音楽もジャンルレスに広がっていってます。

緊急事態が長く続く中で、ミュージシャンとして何をしたらいいのかっていうのは、正直わからなくなったりする。
そんなときは、縁に寄り添って、その導かれる方向へ行ってみる。
そうするとまた新しい縁が生まれたり、この人とこの人が繋がったら、、とか今までと違うアプローチを思いついたり。

制作面でもいろんな出会いから生まれた曲が出来てきてて、そのへんのリリースを今どうするかってところですが、早く聴いてもらいたいです!

そんなある日、リハーサルの帰りに電車で悪寒を覚えて、
「あれ?なんやこれ、、」と思ったのも束の間、家に着く頃には悪寒もMax!

こ、こ、こ、これはもしかして!!

という危機感を感じるほど急激な発熱。

体温計を見ると39.5度!

普段めったに熱など出ない体質なので、どう対処していいか分からず、とりあえず病院に電話してみるも、時間も遅かったので受け入れてくれるところもなく、とりあえず家にあった解熱剤を飲んで寝ることに。

しかしその夜は熱と下痢に悩まされ、朝までジタバタと眠れない夜を過ごし、翌朝はいよいよもって動けないので、救急車を呼んでもらい、サイレンを鳴らして颯爽と(実際はヨロヨロと)病院へ。

点滴を刺したまま病院内をCT検査や血液検査などで行脚する自分がどこか、お遍路さんの姿と重なり、そう思って見ると、病院中がお遍路さんだらけで、なんだか可笑しい気分になりました。

諸々の検査の結果、コ○ナではなく、腸炎ということで一安心。
体調はまだまだ絶不調だけどコ○ナでないと聴いた瞬間、身体のダルさが抜けた気がして、これが「病は気から」というやつかと得心しました。

コ○ナと思いこんでいたので、すぐに入院できるように、パソコンと着替えを詰めていった重いリュックを背負って帰宅。
コ○ナだと家族全員が2週間外出出来ないところ。
ほんと腸炎で良かったと胸を撫で下ろしました。

お見舞いメッセージやコメントくれた皆様ありがとうございました!
弱ってしょんぼりしているところに、温かいメッセージがほんと嬉しかったです。

そんなことがあったので、週末に予定していた群馬県でのJam Campへの出演はキャンセルになり自宅療養してました。

熱と下痢のダブルパンチで最初の2日はグッタリしてたんけど段々と回復してきて、1週間経った今日は完全復活!

早速、頼まれていたホーンアレンジを書いて録音!

録音は楽しい。

コラボは楽しい。

これを聴いてもらって喜んでもらえたら嬉しい!

そしてこういう曲がグローバルに広がっていって欲しい!

改めて制作意欲が湧きまくってます。

あとは動画でコラボしてくれる人と知り合いたいなぁ。

画像3

最後に今月7日にリリースしたコラボ曲を聴いてください。

トラックメーカーのIll-Sugi(イルスギ)くんと作ったオリエンタルなLo-Fiミュージック。

イルスギくんが「和」をイメージして作ったトラックに、僕がインスピレーションをぶつけるという、ケミストリーなコラボスタイル。

最初ほ「春の海」という仮タイトルが付いていて、あの有名な(お正月に流れまくるあの曲)メロディからインスパイアされて出てきたメロディをホーンズで奏でてます。

僕の母親はお琴の先生で、幼少の頃より毎日のようにお琴と三味線の響きに囲まれて育ったので、こういうhiphopなトラックと邦楽がミクスチャーされていくことにも縁を感じます。

そんなオリエンタルなコラボ作品も続々と録っているので、どんどんリリースしていきたいと思ってます。

楽しみにしていて下さい。

では、皆様も身体には気をつけて!

MONKYのライブスケジュールはこちらから


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
家永 慎也(monky)

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 monkyのnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 いつもありがとうございます。

ハイボールで乾杯!
家永慎也(Shinya Ienaga):音楽家/Sax奏者/作・編曲家  Official site:ienaga2020.com