【香川・三豊/店長やりませんか?~詫間カキ2021~ Vol.1マルシェへの道のり!】
見出し画像

【香川・三豊/店長やりませんか?~詫間カキ2021~ Vol.1マルシェへの道のり!】

NPO法人イドバタ

12月5日、三豊市詫間町の箱地区で「箱裏マルシェ」が開催されました。

画像1

このマルシェで地元・詫間のカキを販売していたのが、地域の未来を担う子どもたちです。冬晴れの空の下、総重量50kgのカキは見事完売。

画像3

次から次へとお客さんが訪れ、港ににぎやかな声がこだましました。

画像2

今回の販売会は、日本財団「海と日本PROJECT」の一環として、NPO法人イドバタが企画した「海のお仕事体験プログラム」の集大成です。

10月にカキの種付け体験会、11月に出荷場見学会と商品企画のワークショップ、そして12月にカキの販売会を行いました。

マルシェを成功させるまでに、子どもたちがどんなことを学び、体験してきたのか? 11月23日に行われたワークショップの様子から12月5日のマルシェの様子を全6回に分けてご紹介します。

画像4

■11月23日の予定
【カキ出荷場見学会・ワークショップ】
1. 見学会/詫間漁協カキ出荷場
・カキ漁師さんに質問
・カキのフジツボ取りを体験
2. ワークショップ/マリンウェーブ
・カキの販売価格を検討
・カキの販売量、パッケージ決定
・パッケージデザイン作成

#詫間
#荘内半島
#瀬戸内海
#牡蠣
#カキ
#カキ養殖
#詫間カキ
#SDGs
#漁協
#詫間漁協
#海のお仕事体験プログラム
#海と日本Project
#日本財団
#箱裏マルシェ
#oyster
#Takuma
#TakumaOyster
#Shonai
#Setouchi
#march é
#Hakouramarch é

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NPO法人イドバタ
地中に埋まっている地域資源を汲み上げる井戸。そこに行けばワクワクする仲間と出会える井戸。イドバタはそんな井戸のつくり手でありたい。 I do βata。まちが輝くための実験。自分を広げるための実験。イドバタはそんな実験を応援するプラットフォームでありたい。 2011年設立