見出し画像

【香川・三豊/親子で育む地域愛!カキの種付け体験会Vol.5~詫間漁協カキ出荷場の見学!~】

NPO法人イドバタ

画像1

こちらは1年を通してカキにまつわるさまざまな作業をする場所です。

海水がひかれており、カキの種付けが終わったものが浸けられて秋に海のいかだに出すのをまっています。

カキ以外にも、赤貝の出荷の準備作業もしていました。

画像2

また、以前は17人いたというカキの養殖仲間も今では8人。

作業スペースが空いているという漁業の担い手不足の話もありました。

今いる8名も50歳オーバー。

画像3

「朝から夜遅くまで作業があったり、冬は寒くて海もしけばかりだし、大変な仕事です」とのこと。

それでも続けられるのは、毎年楽しみにしてくれているお客さんの存在。

こちらのカキは基本的に予約制で、毎年届けているお客さんや12月に開店するカキ小屋で焼きカキを提供するといいます。

カキ小屋は定員4名の要予約で、待ちわびているお客さんも多いのだとか。
今回参加した家族から「冬になったら買いに来たいです」といった声が早速上がっていました。

#詫間
#荘内半島
#瀬戸内海
#牡蠣
#カキ
#カキ養殖
#詫間カキ
#SDGs
#漁協
#詫間漁協
#海のお仕事体験プログラム

#海と日本Project
#日本財団
#箱裏マルシェ
#oyster
#Takuma
#TakumaOyster
#Shonai
#Setouchi
#march é
#Hakouramarch é

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NPO法人イドバタ
地中に埋まっている地域資源を汲み上げる井戸。そこに行けばワクワクする仲間と出会える井戸。イドバタはそんな井戸のつくり手でありたい。 I do βata。まちが輝くための実験。自分を広げるための実験。イドバタはそんな実験を応援するプラットフォームでありたい。 2011年設立