見出し画像

アーティストの「ノートブックス」について(ガブリエル・オロスコ)/一日一微発見158

アーティストは、毎日、「労働」をしているのだろうか?
くだらない書き出しかもしれない。

以前、陶芸家のバーナード・リーチが、器にスミレの絵を描き、「すみれはどんな労働をしているのか?」という意味のフレーズを器の表面に描いていたのを展覧会で見たのを思い出す(今、確認をしようと調べたが、すぐに証拠を見つけられなかった。だが夢ではない)。

リーチはバハイ教に帰依し、特別な宗教観を持っていたからかも知れない。

労働などという概念を作ったのは人間様だけであって、ツバメは子育ての虫取りをせわしなくしているが、あれは労働ではないだろう。このニュアンスの違いはどこにあるのだろう?

アーティストのしている事は、ツバメやビーバーが巣作りをしている事と似ているのだろうか?
たしかに絵描きが筆を走らせるのは、クモが糸をのばすのに似ていなくはない、と言えなくはない。

ここに、1冊の本がある。それをかえすがえす見て過ごしている。
アーティストのガブリエル・オロスコの本『WRITTEN MATTER』である。

パリのマリアングッドマンギャラリーから送られてくるニューズレターを見て、すぐに注文した。コロナがひどくなった頃に注文した。
それを生活の合間に取り出して見るのは、喜びだ。

今日また、マリアングッドマンから別のニューズレター(オロスコの近作についての)がきて、思い出して、再び取り出して見ているのである。
この本は素晴らしい。

なぜなら、オロスコの1992年から20年間にわたって綴られた12冊の「notebooks」を清書、セレクトし、1冊の本にしたものだからだ。
時間が沢山詰まっている。
本に「位」と言うものがあるとしたら、最高位をつけたっていい。それぐらい素晴らしいと思う。

この続きをみるには

この続き: 963文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
編集者・アートプロデューサー・京都造形芸術大学教授/後藤繁雄です。 アートや編集のこと、思考、アイデア、日々起きていることなどをその都度書いていきます。 ここでの文章はハウトゥにはならないと思いますが、知性や感性を刺激したい人に読んでもらったらいいかなと思います。 僕は、人は、大きな出会いがやってきて変わるというより、微妙なものに気がついてだんだん変わることのほうが「可能性」が高いと思う。「微発見」。 それには、訓練が必要で、この「一日一微発見」も、僕の訓練法のひとつです。

「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15…

または、記事単体で購入する

アーティストの「ノートブックス」について(ガブリエル・オロスコ)/一日一微発見158

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

応援よろしくね~

ありがとうございます!! GOTO.
6
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。

こちらでもピックアップされています

後藤繁雄の一日一微発見
後藤繁雄の一日一微発見
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15年ぐらい前だけど、ネットで日々連載していたことがある。 それを復活させてみよう。 僕の断片的思考訓練である。 長い文章も書きますが、散文的にキーワードのみの文章もあります。週に一回程度、3本くらいまとめて更新しています。 僕は、たくさん本も出していますが、プロフィールはこちらをご覧ください。 https://www.gotonewdirection.com/profile

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。