見出し画像

写真の上手、下手って?

アマチュアカメラマンのいちろーです。

私はあえてアマチュアと名乗っています。20年以上写真撮影を趣味として楽しんできました。一応自分なりに知識と技術は身についているのではないでしょうか。
突然ですがアマチュア素人)の撮影ってどんなイメージはでしょうか?
所詮は趣味でプロカメラマン様とは雲泥の差だろ!何て思いもあるかも知れませんが、私自身の評価は置いておいてアマチュアカメラマンの多くは素敵な写真を撮っています。

概ね表現には上手、下手って言うのがありますが、写真においては余り上手下手で表すモノではないと感じています。無論撮影によって技術ライティングなど)上手下手があるのも事実ですが、大概の普通の写真はそんなに差はありません。強いて言えば初心者の方が下手な写真も有りますが、単に表現方法や撮影方法、見え方を知らないだけで学習をすれば格段上がります。

でもなんかスゴい写真ってないですか??って思う方が多いと思いますが、スゴい写真と上手いって違うんですよね。先述通りアマチュアカメラマンがスゴい写真を撮る一方プロカメラマンでもぱっとしない写真を撮る方もいます。プロカメラマンと言っても実は種類があり一概には言えませんが。商用や自作するだけでも違います。最近はSNSで有名になってプロカメラマンを名乗る人も多い感じです。

上手く見せる方法

スゴイ写真って何か?正直人それぞれなのですが、写真の面白さの1つは普段の視点・視界から見えない世界が見られる点があります。例えば接写や魚眼レンズなどがわかりやすいでしょうか。
ボケBokeh)も見えない世界のひとつです。人間の目は(視力云々はなしで)普通はパンフォーカスです。花を至近距離で見ても背景はボケませんよね。
色調もそうです。昔からある白黒やモノトーンもそうですが、最近はフィルター古い写真調フィルム調な仕上げなど特にエモい等と高評価されやすいですね。まぁアプリで難しい事ではないのですが、観る人を誤魔化すなら良いのではないでしょうか。

画像1

構図も大事です!とよく言われますがこれは少し難しいところがあります。教科書通りに日の丸はダメ3分割の交差ポイントが良いとか、端っこはダメみたいなのがあるのですが、そこばっかり気にするより全体を通して撮れるチカラを身につけた方が良いかと思います。

最終的には好きに感じる写真は人それぞれです。かわいい女の子がいたら何でもいいねと感じる人。色調変えたらいいねと感じる人。世間に合わせて写真を撮るより自分の好きな写真が撮れれば良いなと思います。

変に囚われず写真を撮影を楽しみましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よかったら別の記事もよろしくお願いします!
7
アマチュアカメラマンです 現在ポートレート撮影をメインに撮影をしています。随時被写体をして頂ける方を募集中です また、ファミリーフォト(子供・カップル)、ペットフォトの撮影をさせて頂ける方も募集中です Let's enjoy photos more!