見出し画像

新しい東京オリンピックのチーフは、観客のいないゲームは計画ではないと言います

橋本は、10,000人のアスリートの3分の1がオープニングマーチに参加することを期待しています

その他のニュース

東京-東京オリンピックの主催者は観客なしで試合を開催することを検討していない、と東京2020の橋本聖子大統領は金曜日に日経に語った。

橋本首相は2月18日、性差別的な発言を辞任した森喜朗前首相を引き継いだ。

「アスリートにとって、観客全員でパフォーマンスを披露することは最大の喜びです」と橋本氏は語った。「医学の知識に基づいて、誰もが受け入れられるフォーマットを考え出します。」

ニュース東京

彼女は、観客なしでゲームを開催することはシナリオの一部ではないと述べました。海外からの観客を許可するかどうか尋ねられたが、彼女は直接の返答はしなかったが、これについて国際オリンピック・パラリンピック委員会と話し合うと述べた。

提案されたゲーム開始まであと5か月も経たないため、COVID-19の蔓延と観客の制限を防ぐための対策については不確実性が残っています。橋本氏は、関係機関と緊密に協力して、これらの問題にすぐに取り組むことを強調した。

パンデミックに明確な終わりが見えない中で、一部の外国メディアは、ゲームがまだキャンセルされる可能性があると報告しています。主催者はまた、今年の夏にゲームを主催するという日本の国民からの低い支持に直面しています。

「安全を第一に考え、COVID対策を講じて不安を払拭しなければならない」と橋本氏。

しかし、ゲームのいくつかの部分は確かに通常とは異なります。橋本氏は日経とのインタビューで、開会式では、試合開始のわずか5日前に選手村に入ることができるため、限られた数の選手が行進できると述べた。彼女は、ゲームに参加している合計10,000人のアスリートの3分の1が式典の行進に参加することを期待しています。

橋本氏は木曜日、観客制限に関する基本的なガイドラインを1か月以内に発表すると発表し、IOCのトーマス・バッハ会長は4月か5月に発表すると発表した。

橋本氏は、ガイダンスの違いについて、「みんなが安心できるように、早く発表したほうがいいと思った」と語った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!