マガジンのカバー画像

連載プロジェクト:あなたの「好き」をぶつけてください。

9
連載「あなたの『好き』をぶつけてください。」 は、性別、ジェンダー、年齢、住んでいる地域、国、星、職業などなど関係なく、いろいろな方にご自身の「好き」を往復書簡形式で、わたし、な… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

\あなたの「好き」をぶつけてください【番外編】/滝ガールとおらゑもんの「滝」と「サル」が好きすぎて 第4回【最終回】

    「らしさ」に「禅」。対話を深めていく中で、だんだんとそれぞれの「好き」の根源というか、核心に迫ってきたように感じられます。心の旅とも言えるこの鼎談は思索の森を渡り、どのような境地にたどり着くのでしょうか。最終回です。   サードプレイス 滝ガール「以前のnoteでおらゑもんさんは『動物園はわたしにとってのサードプレイス』(家庭と職場以外の第3の場所)と語っていらっしゃいましたよね。わたしにとっては、それはまさに滝なんです。何に縛られることもなく、心のままに、

スキ
7

\あなたの「好き」をぶつけてください【番外編】/滝ガールとおらゑもんの「滝」と「サル」が好きすぎて 第3回

人生は一度きり。 そう、一度きり。 だから、 たくさんの人と知り合いたいし、たくさんの場所に行きたいし、たくさんの本を読みたいし、いろんな食べものを口にしてみたいし、知らないスポーツに挑戦したいし、聴いたことの無い音楽に耳をすませたいし、似合わないはずのファッションにも挑戦したいし……と、なんとまあ欲が多い。 知らない世界をどんどん知りたい! と、日々、動くものの、やはり自分の興味関心、趣味嗜好の枠内からはみ出すのは難しい。 そこで、みなさんの「好き」を「好きなんじゃー」

スキ
4

\あなたの「好き」をぶつけてください【番外編】/滝ガールとおらゑもんの「滝」と「サル」が好きすぎて 第2回

https://note.com/honyashan/n/nc886f6d6328c   第1回では「滝」と「サル」へのおふたりの熱い想いから「好き抜こう!」というキーワードが飛び出しました。すっかり打ち解けたところで、第2回ではどんな話題が続いていくのでしょうか。 『なつかせる』こと 滝ガール「おらゑもんさんはしょうこさんとの対談の中で『動物園という存在への矛盾と葛藤』について想いをお話しされていましたよね。ものすごーく、わかります。滝もそうです。滝と観光にも常にジレ

スキ
6

\あなたの「好き」をぶつけてください【番外編】/滝ガールとおらゑもんの「滝」と「サル」が好きすぎて 第1回

おらゑもんさんと滝ガールの出会いなかむら「おらゑもんさんとのインタビュー第2弾で、おらゑもんさんの『サルが好き』という気持ちは、『愛』なのか、それとも『恋』をしている感覚なのかをおたずねしました。この質問をしたのは、『滝が彼氏です!』と明言し『滝ガール』という活動をしている友人・坂崎絢子さんのことが頭をよぎったことがきっかけです。ヒトではないモノを『好き』と感じる気持ちにも、さまざまな角度やレイヤーがあるはず、と。」 おらゑもん「そうそう、難しい質問でした。その質問には、わ

スキ
16

\あなたの「好き」をぶつけてください/ 入り江わにさん編「川柳」が好きすぎて  第3回:いよいよラジオ投句に挑戦だ!だけど、産みの苦しみにぶち当たる。

人生は一度きり。 そう、一度きり。 だから、 たくさんの人と知り合いたいし、たくさんの場所に行きたいし、たくさんの本を読みたいし、いろんな食べものを口にしてみたいし、知らないスポーツに挑戦したいし、聴いたことの無い音楽に耳をすませたいし、似合わないはずのファッションにも挑戦したいし……と、なんとまあ欲が多い。 知らない世界をどんどん知りたい! と、日々、動くものの、やはり自分の興味関心、趣味嗜好の枠内からはみ出すのは難しい。 そこで、みなさんの「好き」を「好きなんじゃー」

スキ
12

\あなたの「好き」をぶつけてください/おらゑもんさん編 「サル」が好きすぎて 第2回:おらんうーたんになりたくて。

人生は一度きり。 そう、一度きり。 だから、 たくさんの人と知り合いたいし、たくさんの場所に行きたいし、たくさんの本を読みたいし、いろんな食べものを口にしてみたいし、知らないスポーツに挑戦したいし、聴いたことの無い音楽に耳をすませたいし、似合わないはずのファッションにも挑戦したいし……と、なんとまあ欲が多い。 知らない世界をどんどん知りたい! と、日々、動くものの、やはり自分の興味関心、趣味嗜好の枠内からはみ出すのは難しい。 そこで、みなさんの「好き」を「好きなんじゃー」

スキ
21

\あなたの「好き」をぶつけてください/おらゑもんさん編 「サル」が好きすぎて 第1回:動物園が救ってくれた。

人生は一度きり。 そう、一度きり。 だから、 たくさんの人と知り合いたいし、たくさんの場所に行きたいし、たくさんの本を読みたいし、いろんな食べものを口にしてみたいし、知らないスポーツに挑戦したいし、聴いたことの無い音楽に耳をすませたいし、似合わないはずのファッションにも挑戦したいし……と、なんとまあ欲が多い。 知らない世界をどんどん知りたい! と、日々、動くものの、やはり自分の興味関心、趣味嗜好の枠内からはみ出すのは難しい。 そこで、みなさんの「好き」を「好きなんじゃー」

スキ
29

\あなたの「好き」をぶつけてください/ 入り江わにさん編「川柳」が好きすぎて  第1回:川柳はじめます。兎にも角にも五七五にしてみよう!

人生は一度きり。 そう、一度きり。 だから、 たくさんの人と知り合いたいし、たくさんの場所に行きたいし、たくさんの本を読みたいし、いろんな食べものを口にしてみたいし、知らないスポーツに挑戦したいし、聴いたことの無い音楽に耳をすませたいし、似合わないはずのファッションにも挑戦したいし……と、なんとまあ欲が多い。 知らない世界をどんどん知りたい! と、日々、動くものの、やはり自分の興味関心、趣味嗜好の枠内からはみ出すのは難しい。 そこで、みなさんの「好き」を「好きなんじゃー」

スキ
15

\あなたの「好き」をぶつけてください/ 入り江わにさん編「川柳」が好きすぎて  第2回:柳名命名!!ところで、入り江わにさんは、なぜ、そんなに川柳が好きなのですか?

ということで、なかむらしょうこは川柳をはじめました。 入り江わにさんの「川柳」への「好きなんだー!!」の気持ちに打ち抜かれたのです。 人生は一度きり。 そう、一度きり。 だから、 たくさんの人と知り合いたいし、たくさんの場所に行きたいし、たくさんの本を読みたいし、いろんな食べものを口にしてみたいし、知らないスポーツに挑戦したいし、聴いたことの無い音楽に耳をすませたいし、似合わないはずのファッションにも挑戦したいし……と、なんとまあ欲が多い。 知らない世界をどんどん知りたい

スキ
12