見出し画像

調香師が調香をちょと再開

退職してからものを作ることに注力してきたので、香りを創る事から離れてました。
香りを嗅ぐ事はしていましたが、創ることをしていませんでした。

香りを創る事と、香りのレシピ(処方と言っています)を創ることは似ているようで少し違います。

香りの処方を創るのは、料理のレシピと同じで、紙に香料名とどれだけ混ぜるのか量を書き込みます。

その処方に従って香料を混ぜていくのですが、この混ぜて香りを確認することから遠ざかってました。

処方は暇を見て創っていたので、実際の香料を混ぜるか混ぜないかの違い。

野球でバットで素振りはしていて、ボールを打っていないのと似た状態です。

やっと電子天秤を買いました。

退職するまでは合成香料をメインに香りの処方を創ってましたが、環境が変わったので精油をメインに処方を創ってみようと思ってます。

材料が変わると慣れるまで少し時間がかかります。

料理で食材が変わった感じ。
その食材の立ち位置と他の材料との相性を確認していかないといけないような慣れが必要です。

何はともあれ、天秤を購入したことで新しい何かをはじめられるような感じでワクワクします。

仕事は楽しく・・・。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもありがとうございます!
3
香りを楽しくする。香りで魔法を描ける。 そんな楽しい香りマーカーペン『アロマスティロ』を作りました。まずはマスク用のペン 株式会社アロマオルファクトリー代表、調香師。 入浴剤メーカーで140以上の製品の香りをつくる。在籍18年後独立。 https://aromastylo.com