見出し画像

「コーチング」とは何なのか

ここ最近、スポーツ以外の分野でも「コーチ」という言葉をよく聞くようになってきたと感じています。ただ、その手法である「コーチング」の定義は、説明する人によってさまざまだったりします。

そこで、コーチングを学び仕事にしている立場として、自分なりの説明をまとめてみました。

コーチングとは?

コーチングを受ける人のことを「クライアント」といいますが、コーチングとは「クライアントの目標達成」を共通のゴールとするパートナーシップであると言えます。コーチングにおいて、主役はクライアントなのです。

コーチはクライアントとの対話(セッション)の中で、クライアントが話をすることを促します。

クライアントは、セッションを通じて目標(=ありたい姿)を具体的に描くとともに、それを達成するためのアクションを整理していきます。

「自分がどうなりたいのか」「そのために何をすればいいか」、この二つがはっきりすれば、人は前向きに行動できるようになります。ノルマとしてではなく、モチベーションの源泉として目標を明確にすることで、自発的な行動が引き出されます。

コーチングが効果的な場面
・経営者の意思決定のサポートに
・個人が今後のキャリアと向き合いたいときに
・組織内でのマネジメントに
・筋トレやダイエットなどの健康管理に
・家庭内コミュニケーションの改善に

幅広いテーマに対応できるコーチングですが、「緊急じゃないけど重要な課題」をテーマとするのが最も効果的だと考えています。

また、実際は「まだどうなりたいのかハッキリわからないけど、とりあえず現状から変わりたい」というケースも多いです。そのような場合でも、「ちょっとでも今より変わりたい」というポイントを軸に進めていく中で、本当に求めているものに気づいたりします。

[ Summary ]
・「クライアントの目標達成」を共通のゴールとするパートナーシップ
・主役はクライアント
・対話から気づきが生まれ、前向きな行動が引き出される
・「緊急じゃないけど重要な課題」に適している

コーチは具体的に何をする?

コーチングにおいて、クライアントとコーチは、クライアントの目標達成という共通のゴールに向けて次のような役割を担います。

画像1

画像4

ここでコーチは「100%クライアントの味方」という立場で、クライアントにいろいろな質問をします。

その質問は、コーチの情報収集のためではなく、クライアントの気づきのために行われます。こういったコーチング特有の関わりかたは、日常のコミュニケーションではなかなか発生しづらいものです。

画像2

クライアントはコーチの質問に答えるために、考えを整理することになります。また、考えていることを声に出すことで気づきが生まれる効果もあります。(これまでにも、会話中に「喋っていて思ったんだけど」みたいな経験があるのではないでしょうか)

コーチングでは、このようなセッションを一定期間かけて何度か行います。

クライアントは「自身の行動」にコミットし、コーチは「クライアントがやりきるまでサポートすること」にコミットすることで、クライアントの目標達成に向かって共に歩んでいきます。

[ Summary ]
・コーチはクライアントのための効果的な質問をする
・クライアントは質問に答えることで気づきを得る
・継続的にセッションを行うことで、自発的行動につながる

クライアントはどんな効果が得られる?

人はそれぞれの価値観に基づいた自分のフィルターを通して、ものを見たり、考えたりしています。そこにコーチのような第三者からの客観的な視点が加わることで、改めて思考が整理されます。

また行動面においては、クライアント自身がセッションを通じて決めた行動をコーチに宣言したり、コーチが伴走者として後押しすることで、実行力が高まります。

なおコーチングは、主体的な行動に重きを置くという点で、コンサルティングやティーチングとは異なるアプローチです。他人から与えられた行動ではなく自身で選択した行動をする、つまり「すべきこと」ではなく「したいこと」をやっていけるという点も、モチベーションになるところだと思います。

画像4

「クライアントから答えを引き出す」という関わりかたにはカウンセリングもありますが、カウンセリングは過去と感情に重きを置くという点でコーチングと異なります。

クライアントが求める内容によっては、コーチングでは対応できないものもあります。そのような場合、コーチは他の専門家を勧めることになります。

[ Summary ]
・思考が整理される
・行動の実行力が高まる
・「すべきこと」ではなく「したいこと」ができる
・コーチングが適さない場合は他の専門家を勧める

さいごに

このような感じでコーチングとは何なのかということを説明してみました。

単純に話を聞いてもらうだけならコーチである必要はありませんが、コーチはクライアントの思考に仮説を持ちながら、目指す方向性に向かって話を引き出していきます。

また、コーチは傾聴のトレーニングを積んでいるので、コーチングのセッションでは日常会話で起こりがちな「話の腰を折られる」「自分の話にすり替えられる」「否定されたり、求めていないアドバイスされたりする」ということはありません。

コーチングは、クライアントのモチベーションを大切にし、目標達成に向けてクライアントとコーチとの間で築く協働関係なのです。

【宣伝】オンラインのパーソナルコーチングをやっています

ここまで読んでいただいて、コーチングに興味が湧いてきたという方は、ぜひこちらの体験セッションから試してみていただけると嬉しいです!


参考元
・International Coach Federation - Code of Ethics, Core Competencies
・GSCコーチングクラステキスト
・コーチングのすべて Joseph O'Connor & Andrea Lages著、杉井要一郎訳 

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
👍👍
15
個人で活躍する人の伴走者 / 個人経営者やフリーランスのためのパーソナルコーチングをやっています / 奄美大島の血を引く埼玉生まれ / サウナ好き、旅行好き、ゾウ好き / GCS認定コーチ / サウナ・スパ健康アドバイザー / Twitter: @hookie307
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。