見出し画像

KHAMSIN @ BornFree 2020.10.18

食の文化祭の「古谷充とThe Freshmen」の後は神戸岡本に移動。
KHAMSINのLIVEでした。
定期的にやっているこのユニットも、今回はとても自分の心に残る1日でした。

画像1

写真はこちらから

そして、本当にこのメンバーで良かったと思った1日でした。
吹ける事の嬉しさと、その時だけ何も考えずに自分のやる音楽に一心不乱に向き合えたように思いました。
正直、まだまだいろんな問題が重なっていてどれから手をつけて良いのやら色々考えてしまう今日この頃。
メンバーのサポートで演奏出来ました。
心から感謝とお礼を言いたいです。

いつもなら、新曲を出してくるのですが今回は今までの楽曲を選びました。
いっぱい良い曲があり、どれにしようか迷いまくった選曲でしたが、それぞれに思い入れがあり思いでもあり大切な楽曲です。

当時と比べて、今は全然違う感じになったのもありますが、でも自慢の楽曲です。

メンバーそれぞれのアイディアがすごいです。

画像2

写真はこちらから

ジョーザヴィヌルはウェザーリポートの「8:30」のインタビューで、
アースキン、ジャコのコンビが今までに無い世界観を作ってくれたと言っていますが、僕も長年やって来てオリジナルユニットでこんなにリラックスして出来るのは、KHAMSINが初めてです。

この日は、そんな事をいっぱい思いながらの演奏でした。

画像3

写真はこちらから

清野さんの楽曲は、いつもパワーがあります。
喜怒哀楽がはっきりです楽曲たち。
それは、清野さんの生活から出るちょっとしたことも見逃さないセンスがすごいと思うから。

画像4

写真はこちらから

ゴリさんも、いつもいろんな事を言ってくれます。
ドラムでも、会話でも、音楽にナチュラルな考えを持っています。
演奏を通じて、「良いから!やれ!」っていつも励まされてる感じがします。

画像5

写真はこちらから

柳原由佳もとてもリスペクトするプレイヤーです。
僕の楽曲を、何段階も高みに上げてくれました。
そして、まだまだ先を目指して演奏してくれます。
移動や、多忙なスケジュールの中、安定した演奏に感謝です。

画像6

写真はこちらから

白石宣政は鉄壁のベーシスト、そしてとても柔軟なアプローチでいろんな世界観を演出してくれます。
そして、楽曲も素晴らしい。
難解曲ですが、何回聴いても良い曲です。

画像7

写真はこちらから

今年も、まだまだKHAMSINやります!
是非お越しください。

セットリスト 2020.10.18 @ BORN FREE
1set
1. Blue Black – unchanged
2. Penglai Garden(蓬莱の庭)
3. January Notes
4. Flow
5. S.E.T.I.
2set
1. Song for My Mother
2. Precise Rwind
3. Melancholia
4. Asuka
5. Intelsat 45
E.C.
The Way in the Heart

最後までありがとうございました。
----------------------------------------------------------
古谷ホームページでは、不定期ですがメルマガ配信中です。
ぜひ、登録お願いします。
ページの下の方にあります。
https://furuya-jazz.com/

古谷光広 Facebook
古谷光広 Twitter
古谷光広 Instagram
ぜひフォローよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです。ありがとうございます!
2
1973年8月13日、大阪生まれ。幼少の頃より父の影響で洋楽を聴くようになり、高校時代より、立命館大学のビックバンドメンバーとして参加。大阪音楽大学を経て、国内外ミュージシャンとのセッションを経験して現在に至る。