何故か先を見据えて進んでいる(既にレジ無人化)

画像1 紙製の価格タグの中にRFIDの回路が見える
画像2 ユニクロの衣料品に 付いている 紙製の価格タグには RFID(ID情報を埋め込んだ RFタグから、電磁界や 電波などを用いた近距離の 無線通信によって 情報をやりとりするもの、 および技術全般を指す 従来のRFタグは、 複数の電子素子が乗った 回路基板で構成されていたが、 近年、小さなワンチップのIC で 実現できるようになってきた) が埋め込まれている だから、 無人レジが実現している
画像3 買い物カゴに衣類を入れて 所定のケースに 自分自身で入れると カードか電子決済、 または、現金で 自動決済が出来る 仕組みになっている DXによる労働生産性改善の わかりやすい事例 ではないだろうか? これでは、 嘗てのアパレル大手が 太刀打ち出来ないのも 頷ける これからも もっともっとDXを 進めれる場面が 日本の労働環境下には 沢山あるように 思えてならない 日本企業は、 極めればビジネスモデルの 付加価値は 今後も頗る向上してくる のではないだろうか?
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございました😊
海外アジア・アフリカに行き、仕事や人とのつながりを拡げる