見出し画像

気持ちいいとは?【脳科学的にカンタンに解説します。】

私たちの脳は気持ちいいことが大好きで常に欲しています。気持ちの良いことに大金を払ってもいいと考えるのは脳を持つ生物なら当然です。さて、その快感とは、一体なんなのでしょうか?私が大好きな実験があるのでお伝えさせてください。心理学の本質的な内容です。

快感回路より参考です。

脳は気持ちいいことが好き

私たちの脳は、気持ちいいことを求めるために行動します。美味しいものを食べると気持ちが良くなりますよね。逆に美味しく無いものは気持ちが悪くなります。

その気持ちがいいという主観的な経験を脳科学で見ると、VTAが活性化しているようです。

画像1

https://jyukukaigyo.mitimon.net/GameDependance/VTA.htmlより引用

VTAが図の真ん中あたりにありますが、これが活性化して黒く伸びている線のように電気信号が送られてドーパミンが出て他の領域に連絡しています。脳がインターネットのように通信してるわけです。

この一連のネットワークの電気信号が、脳の気持ちいいことなんです。

というのは次の実験でわかります。

ラットの脳に電気実験

脳の研究者はラットを使って実験をしていました。ラットの脳に電気を流して無理やり脳の領域を活性化させる実験です。研究者は間違えて電気を流すところをVTAに繋いでしまいました。最初はVTAとわからずに実験をしていましたが、四角の箱の端に行ったときに気持ちよくしたら、その行動ばかりを取るようになったんです。
逆の端に行った時に気持ちよくすることで、今度は逆に行くように行動するようになりました。

気持ちいい脳の領域を発見した研究者は大喜びして、悪魔的な装置を開発しました。

ラットが自分でボタンを押すと、脳のVTAを活性化させる領域に電気を流し、自分で気持ちよくさせる装置です。

何とラットは1時間に7,000回もボタンを押しました。
オスのラットは発情したメスを入れても見向きもせず、エサや水も飲まず、メスのラットは子供を産んだばかりでも子供を放置してボタンを押し続けました。

人間でも実験

更に、これは人間でも実験をしました。
被験者は男性で同性愛者で女性のポルノを見ることすら嫌悪感がある人だったのですが、VTAを活性化させ女性のポルノを見ることに同意したという。

この結果から、同性愛者を一般的な女性を好きにさせることができるのでは無いか?ということで、ある実験を行いました。

実験は電極を脳に繋いだ状態で、女性と性行為をしてもらうという。
結果としては大成功しました。
更に被験者は病院を出た後、女性と付き合い始めました。

この結果から見れば、VTAを活性化させることである行動をさせることを強化することができる解釈できます。

さて、本題はここからです。

私たちが他人のVTAを活性化させる方法はあるのか?

と言うことですが、ありましたのでお伝えさせてください。さらに実際に使える具体的な方法も特別にお伝えいたします。

人間の◯◯◯な◯◯が脳の報酬中枢を活性化させる

人間の社会的な比較が報酬中枢を活性化させることができることが分かりました。

人間は相対的に気持ち良くなれる動物だったのです。というのは、次の実験結果から分かります。

画面全体に点々が現れ 、一 ・五秒後にそれが消えるとすぐにある数字 (たとえば二四 )が現れる 。被験者は即座に 、点々の数がその数字より多かったか少なかったかをボタンで答える 。
しばらくすると画面に自分の成績と隣の人の成績が表示され 、同時にそれぞれに支払われる金額が出てくる (たとえば 「彼 :六〇ユ ーロ 、あなた :一二〇ユ ーロ 」といった具合だ ) 。支払いは解答が正しかったときにだけ行われる 。もし二人とも不正解のときは支払いはない 。片方だけが正解したときは 、その被験者に三〇または六〇ユ ーロが支払われ 、間違った人には支払われない 。しかし二人とも正解したときには (試行の約六六 %がこのケ ースだった ) 、三〇ユ ーロから一二〇ユ ーロまでのうち適当な金額をコンピュ ータ ーがランダムに割り当てる 。二人とも同じ金額のこともあれば 、少し違うこともあり 、また大きく差が出ることもある 。この実験から 、社会的な比較が脳の報酬中枢の活動に強く影響することがはっきりした 。側坐核は 、自分の報酬と隣の人の報酬が大きく食い違ったときに一番強く活性化したのである 。
快感回路より引用

簡単に言うと、他の人より自分が優っているときに気持ちよくなれる。
ということです。
これで人が自慢話をしたがる理由がつきますよね。

自分が他の人より優れていると話すことで社会的な比較ができ、気持ちが良いのです。

そんな話を聞いていても面倒くさいだけですが、人の欲求を満たし、気持ち良くすると言うのは価値なんです。つまり、お金になります。

だから自慢話を始めた人に多く話をさせ気持ちよくすることで、その報酬が返ってきます。好意の返報生の原理といいます。

返報性の原理とは
好きと言われた相手は好きになりますよね。逆に嫌いと言われれば嫌いになります。プレゼントを貰えたら返したくなるし、恩をもらったら返したくなります。もちろん、気持ち良くしたら気持ちよくも返してくるし、お金に変化して帰ってくることもあります。

話術的なテクニックに応用するのであれば、かなり効果的な言葉があります。

〇〇さんよりもあなたの方が優れています。

たったこれだけですが、かなり効果的です。比較されて優れていると言われて嫌な気持ちになる人はいません。ただし比較対象の劣った人を指定するときは注意してください。実在しない抽象的な人物は私はよく使います。
例えば、街で定番のデニム履いてる人よりも、その新しいパンツを選んだセンスはいいですね。似合っています。

この言葉は相手の脳内に強く刻み込まれるので、良い使い方をしなければ絶対に使わないでください。

簡単に話すだけでできる。〇〇を〇〇だけで気持ち良くさせる。

情報を与えるだけで気持ち良くさせることができます。

というのは次の実験結果からわかります。
実験では猿を使いました。喉が渇いた状態で檻の中に入れて、二つのマークを見せます。どちらかを見たタイミングで、水を与えます。
水の量はランダムで少なかったり多かったりさせます。
ここからが本質の実験ですが、片方のマークを見た場合、次の出てくる水の量が多いか、少ないかを予知できるマークを見せます。
もう片方のマークには予知には関係のないランダムなマークを与えました。

そうして、10回もすれば猿は水の情報を受け取るマークを見るようになりました。
この時のVTAを観察したところ、多く水がもらえる情報を手に入れたとき、一瞬VTAの活性化のレベルが跳ね上がっていました。

つまり、未来の報酬の情報を与えることで行動を操作できると解釈できます。

具体的に他人の気持ちいいを操作するなら。

具体的に活用するのであれば、話をする際は相手の報酬に関係しそうな話が気持ち良くさせることができる。

これを応用したのは占いです。占いの手口公開


手相などを見て、自分を見てもらっていると錯覚させた後、誰にでも当てはまるような話をすると、自分のことを話していると納得し、信じ込ませることができます。バーナム効果

そのあとに相手の未来を話すことで気持ち良くさせることができるから、その見返りとしてお金を受け取ることができます。

占いの本質としては、相手が欲している情報を与える。ということです。

これを私生活に応用するのであれば、話をして相手の好きな話題を聞き出し、後日にその話題に関係した相手が欲しそうな情報を伝えるだけで相手のVTAが活性化します。

気持ちいいことを与えると、相手から帰ってきます。大事なことですが、人間の心理の性質を利用してみんなで幸せを目指しましょう。

まとめ

情報と比較はVTAを活性化させる。

顧客はより幸せでよりよい人生を夢見ている。製品を売ろうとするのではなく、彼らの人生を豊かにするのだ。
スティーブ・ジョブズ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んで支援したいなと思ったみなさん。この記事は人の心理学が面白くて知りたい人のために書いています。金銭的な支援よりもスキや共有、面白いねとコメントしてもらった方が筆者は喜びます。 是非、リアクションお願いします。

不要な情報でもとにかく量を集めたくなります。情報バイアス
14
ブログ・心理学・農業を愛しています。 新卒で大手企業に就職→7年で退職→農家に転職→心理学を学習→ブログを書きまくる。心理学の使えるテクニック、農家マーケティング、心理分析など記事を書いています。犬が好き🐕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。