見出し画像

『マチネの終わりに』第九章(15)

 〈ハイパー・ロマンティシズム〉というブローウェルのコンセプトを体現したような第一部と違って、蒔野の演奏も、より構築的で、音に漲る生気には客観性の優しさとでも言うべきものがあった。

 洋子は目を閉じ、彼の〈アランフェス協奏曲〉の演奏を聴いた五年半前の記憶を脳裏にちらつかせた。あの夜、二人で交わした会話と微笑み。別れ際にタクシーの窓越しに見つめ合った、名残を惜しむような目。……それから、パリでの彼の愛の告白、リチャードとの結婚生活、蒔野とのスカイプでの会話、東京のホテルのベッドで眺めた豪雨の夜空、ケンの出産、早苗との対面、長崎の母の横顔、サンタ・モニカで自分を抱きしめてくれた父、……と、様々な記憶が、時間の前後を問わず、断片的に脳裏を過ぎった。

 蒔野と自分との間に流れた時間の記憶が、彼女の胸を押し潰した。洋子は、閉じ合わされた瞼の隙間に涙が満ちてゆくのを感じ、眉間を震わせながらそれを堪えた。そして、『――なぜなのかしら?』と、無意識にまた問うた。『なぜなのかしら?……』

 それは、蒔野の演奏によってこそ、再び喚起された問いだった。彼は、バッハの音楽の無限とも思われる形式的な試みの中に、何か恐ろしく慎ましやかな、わからないという疑問を探り当て、静かに共振していた。二十代の頃の演奏よりも、蒔野は、遙かに深く、わからなくなっていた。発せられる問いは、一つ一つがあらん限りの創意に満ち、そして、呼応する答えには、彼の探り当てたものに対する神秘的な優しさがあり、肯定があった。

 洋子はこの時、蒔野がどこにいるのか、はっきりとわかった。そして、目を閉じたまま、彼女は小さく頷いた。拍手の彼方で、イラクで毎日のように聴いていた第三番のプレリュードに、新しい光が注がれるのが感じられた。もっと明るく、もっと穏やかな光。それでも、彼女はこう問わざるを得なかった。なぜ自分は、彼と別々の人生を歩むことになったのか、そして、なぜ彼との愛は、あそこで絶たれなければならなかったのかだろう、と。……

 第一部とは違った、何か存在の奥底に深く沈んでゆくような説得力に打たれて、蒔野を凝視する聴衆の表情に、苦しげな明るさが萌していた。体を揺すって拍子を取る代わりに、何か本人にしか知り得ない秘密のために、音にならない言葉を口にしている者もあった。

第九章・マチネの終わりに/15=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

▲アランフェス協奏曲

---------

『マチネの終わりに』読者のみなさまへ

今後の『マチネの終わりに』についての最新情報、単行本化のことなど、平野啓一郎よりメールでお伝えします。ご登録お願いします。

登録はこちらから

▶︎ https://88auto.biz/corkinc/touroku/entryform4.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

58
小説家。小説『マチネの終わりに』『ある男』、エッセイ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「カッコいい」とは何か』等。Webでも読める新聞小説『本心』連載中!月に1度、平野啓一郎の文章が届く公式メールレター。http://k-hirano.com/mailletter

コメント2件

音楽を創り出す側、受け取る側、それぞれに思索や経験を積み重ねることで初めてその人のものを創り出すことが出来るし、それを受け取ることが可能になるのだと思います。音楽表現とは、いまある自分自身を白日にさらけ出すこと。瞬間で消え去ってしまうものなのに、洋子さんはそれをしっかりと理解して心を震わせた。奇跡のようなひと時です。こんな濃密な人間同士の交流が他にあるだろうかと思ってしまいます。
洋子さんの記憶を走馬灯の様に映しだし、蒔野さんの到達した世界に入り込む。全てを肯定し神秘的な優しさで包む演奏。それでも、何故この様な魂の共振ができる2人が別れなければいけなかったのか問いかける洋子さんの心の叫びが涙に変わります。演奏動画とても嬉しいです、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。