新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

レーザーカッターで箱とマスクに製作に挑戦中

まだ慣れない作業ですが、古民家「若木の家」でのレーザーカッター練習。今回はボードゲーム用のダンボール箱と、布マスクの製作にチャレンジしてみました。

画像1

まずダンボール箱。以前に「ダンボール迷路」をやったときに余ったものを使って、展開図の形にカット。ダンボールの厚みは2㎜くらい。前回の実験に基づいて、パラメータを調整。カット時間は約45分。ロゴの彫刻ふくめて50分。

FABOOL LASER MINI 3.5W / ダンボール(2mm厚)
切断:スピード250、パワー50%、4回
彫刻:スピード1000、パワー50%、1回

画像2

カットが完成。A4弱の小さい箱だから手軽にと考えていたけれど、展開図にすると結構なサイズに。考えればあたり前なんですけど。

画像3

1回目の切断は、ダンボールの端が浮いていたことで切れ方にムラが多く失敗。2回目はおもりでしっかり押さえつけて切った結果、すっきりした切断に成功しました。

画像4

組み立ててみたところ。地域ボードゲームもぴったりの収納。おおむね思い通りでしたが、細かいところは改善の余地ありです。次回、また微調整してみます。

画像5

川島紙器工芸さんから、余っているポリエステル製のTシャツをゆずってもらったので、こちらの切断パラメータも調整中。


上のサイトで公開されているデータを切ってみたんですが、たぶん布素材の違いもあってか、試作の出来はいまひとつ。

画像6

今後、切り方を調整しつつ、形状にも少し工夫を加えていきたいなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
4
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

こちらでもピックアップされています

ひらめきドアの活動
ひらめきドアの活動
  • 62本

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。