見出し画像

暗記パンをつくった

そうなんです。とりあえず手軽に暗記したい。そんな僕らが開発に取り組むべきものの1つが、レーザーカッターによる暗記パンでした。板橋区の古民家「若木の家」にて、暗記パンの製造に初挑戦しました。

内容としては、ぜんぜん大したことはありません。暗記したいことをレーザーで食パンに刻むだけ。何を書き込もうか。いざ、暗記しようとなると、大人はあまり思いつかないものです。あるいは記憶力が弱りすぎて、何を暗記したいのかを覚えていない、そういうことだったような気もします。

とりあえず、覚えていたらカッコイイものを探し、孔子の論語を刻むことにしました。

画像1

レーザーの光がビシャッとパンに反射した瞬間の写真。こんなに真っ青になるのは、ほんのわずかな一瞬。でも最近のスマホは連射機能もすごいのでバッチリとれました。なかなか、食欲をけずりとる色合いです。

画像2

画像3

完成です。



画像4

食べてみます。まず、レーザーカットのために長時間外気にさらされたため、表面はカサカサです。焦げている文字部分は、だいぶしっかり焦げているためちょい苦い。そのままだと、あまりグルメな味ではないので、はちみつをかけ、おいしくいただきました。メンバー、永瀬さんの提案で、今後はフレンチトーストなども挑戦してみたいですね。

さて、暗記パンとしては、いかがでしょうか。食パンの表面にはとても凹凸が多いので、なかなかきれいに彫刻できず、文字の形がところどころ崩れています。ここはもっと改善できるか、今後の研究が必要です。

暗記パンはグルメ以上に機能性食品なわけですから、記憶の方はどうか。パンをつくって食べたあの日から5日経った今、パンに何を刻んでいたか、写真を見ないで打ちこんでみます

子いわく、学びたいときにこれを習う、またよろこばしからずや。
友あり、遠方から来たりて、また楽しからずや。
人知らずしていきどおらず、また君子ならずや。

どうでしょうかッ!?

……少しだけ、意味的に覚えた口語体とまざったようですが、おおむね記憶されています!

文字を打ち込んだり、レーザーの彫刻を待っていたり、「これ食べたら覚えなきゃなあ」というプレッシャーなどいろんなパワーが重なったことによって、なんと、23世紀を待たずして「おおむね暗記パン」が完成しました!

もう少し世の中が落ち着いて、不要不急に人を集められるようになったら、暗記パンイベントなどもやりたいなと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
7
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

こちらでもピックアップされています

ひらめきドアの活動
ひらめきドアの活動
  • 62本

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。