見出し画像

自分の値段の付け方

フリーで仕事をしていると、自分で自分の商品やサービスに値段を付けなければならないケースが増えてくる。

そこで頭を抱えてしまう人は多いだろう。

おそらく多くの人が
「これを作るのに3時間かかるから時給1,000円として3,000円
「時給計算」で考えがちである。

これは全くの間違いではないけれど、あまりいい考え方とは言えない。

それでは、どのように自分に値段を付ければいいのか?

この記事は、単体で300円です。
この記事の入ったマガジンは、10本以上読めて1本あたり100円以下です。
マガジンの記事は今後増えますし、マガジン代金は値上げすることもありますが、一度購入したマガジンは追加料金なしでお読みいただけます。
長い目で見ると、とってもお得です。よろしければ、マガジンの購入をおすすめします。

この記事の入ったマガジンです。

この続きをみるには

この続き: 3,013文字

有料記事を単体で読むよりダンゼンお得になっています。これからもどんどん記事が増えて行きます。

フリーランスのクリエイター(特にイラストレーター、ライター)が知っておくべき「営業方法」「ギャランティ」「モチベーション」など様々なことに…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/