陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
酸っぱいのと苦いの、どっちがお好み?
見出し画像

酸っぱいのと苦いの、どっちがお好み?

今日も「みんなのフォトギャラリー」用にイラストを上げてみます。

酸っぱいのと苦いの、どっちがお好み?

タイトルの「酸っぱいのと苦いの」ですが、恋だったら酸っぱい方がいいかな。ちょっと甘酸っぱいとなおいい。けれどここでは「コーヒーの話」。

コーヒーはよく飲みます。

和のメニュー以外には、大抵コーヒーを合わせると言ってもいいくらい。パンにもパスタにもカレーにもコーヒー。

そういえば子どもの頃はコーヒー飲めませんでしたよね?牛乳とお砂糖たっぷり入れて、ようやく飲めたような。いつの間に飲めるようになったんだろう?

お酒と並んで「おいしさがわかるようになる」と、大人の仲間入りをしたと感じるモノの筆頭です。それと同時に「このコーヒーの味がわかるようになるとオトナ」と感じるフレーバーもあります。

全く個人的な見解ですが、「モカ」の味がわかると大人だと思うんです。モカって昔は「ロールパンに塗られたコーヒークリーム」という認識でしたが、まさかあんなに酸味のあるコーヒーだったとは。本物の「モカ」を飲んで衝撃を受けた方は少なくないのでは?

「酸味のあるコーヒー」って人を選びますよね。その代表格が「モカ」。酸味がどうしても苦手だった私は、酸味がなく苦み多めの代表格「マンデリン」を好んで飲んでいました。

コーヒーの最高峰と呼ばれるブルーマウンテンも酸っぱいと感じたことがあるほど、酸味が苦手だった私ですが、マンデリンの次に夢中になった「ハワイコナ」は調べてみると苦みが少なく酸味多めなんですね。だんだん大人になって行った証なのかもしれません。

恋は「(甘)酸っぱい」のは若さ、青春の証で、「苦味」が加わると、一気に大人度が増します。コーヒーは逆なのがおもしろいですね(あくまでも私の場合)。


#私のコーヒー時間

コーヒー×ケーキ

せっかくなら入れる道具もオシャレにこだわりたい。
大きさ、背景色違いで3種。

画像5

画像4

画像6


コーヒー×パンケーキ

みんな大好きパンケーキ。メープルシロップが好き過ぎて、一人暮らしの頃も大きな瓶で買ってました。合わせるのは苦めのコーヒーでつくったカプチーノ。背景色2種ご用意。

画像4

画像5


コーヒー×ピッツァ


ピッツァは、朝・昼・晩、いつでも行けます。コーラやワインも合いますが、やっぱりコーヒーが好き。

画像5


コーヒー×サンドイッチ

サンドイッチの具で何が一番好きですか?と聞かれたら、迷わず「たまごサンド」と答えつつ、実際には店頭にあればこっちを選ぶことも多いのが「エビカツサンド」。

画像7


他のイラストはコチラからどうぞ。
「hiyoko_hina69」で検索できます。

画像10

画像8

画像9



この記事が参加している募集

私のコーヒー時間

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)他2冊既刊。中日新聞広報誌・朝日新聞Webメディアにて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。その他お仕事実績多数。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/