好きに書いていい、は書きづらい
見出し画像

好きに書いていい、は書きづらい

読んで欲しかったら文章は短くした方がいい、とはよく言われることです。

500文字くらいでサクッと読めるのがいい、とも言われますが、私がnoteを始めた頃に読んだ記事では、最近では500文字くらいだと物足りないので1000文字くらいがいいと書いてありました。

でも別の記事では、逆に1000文字は中途半端なので、うんと短いか、いっそ3000文字くらいのボリュームある記事が好まれるともあって。

何を信じたらいいんだ?となり。。。あまり考えずに書くことにしました。


書きやすい文字数

人それぞれ「書きやすい文字数」ってあるみたいです。

私の場合ちょうど2000文字くらい。もちろん、書きたいことが少なければもっと短く収まりますが、大体書きたいことが収まったな、と思ってタイピングをいったん終えるのが1800~2200文字前後。

仕事の原稿では、1000~1500文字くらいに収めるか、3000文字越えかのいずれかが多いので、その中間くらいが書きやすいのかもしれません。

ちなみに、文字数の決まった原稿の場合は、何となく頭に文字数を入れて書き始めると、不思議にだいたい規定通りの文字数くらいに収まります。

さらに削ったり増やしたりしながら最終的な形になりますが、最初にだいたいピタッと文字数に収まったものは、気持ちよく書き終えられることが多いのです。


あえて制限を設けてみる

で、noteですが、2000文字ってやっぱ長いかなぁと。

言いたいことが多いと3000文字になることも出て来て。書くのはあっという間なのですが、読み返すと自分でもしんどい。

そこで、よく読まれている記事のボリュームと読みやすさを調べてみました。

やはり1500~3000文字くらいの記事が多いようですね。

1500文字や2000文字は長く感じませんでした。むしろあっという間。

すごく読みやすい文章でも、2500文字だと「ちょっと長いな」と感じることもありました。いや3000文字越えでも全然長く感じない人もいらっしゃるけど。さすが。

やっぱ、2000文字を超えるかどうかで、結構判断が分かれそうだなー。

そんなわけで、1500文字くらいでおさめられるように、自分で自分に縛りをかけてみようと思います。


好きに書いていいと言われて固まる私


イラストの仕事は、クライアントからミッションを与えられて、ゴールへ向かってダンジョンを乗り越えていくものです。

広々した大地を見渡して、好きなように来ていいよ、100%自分の好きなように描いていいよ、なんてことはまずありません

でも文章だと、本当に何でも好きなことを書いていい、と言われることがあって、慣れない私は未だに戸惑ってしまうのです。


インスタに日々UPするイラストも「赤と黒だけで描く」という制限をかけたら、すごく楽しく描けるようになりました。

「全くの自由に好きに書いていい」って逆に書きづらいみたいです、私の場合。

みなさまはいかがでしょうか?

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

面白かったら、ぜひフォローもお願いします☆
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/