ミックスされるふるさとの味
見出し画像

ミックスされるふるさとの味


今さらですが、我が家的お正月のおせち&ごちそう。
ほとんどがオット実家より贈られた海の幸。

松前漬やうにくらげといった函館らしいいつもの一品に加え、今年は私の好物・みがきにしんとウニの合わせ技・みがきうになども登場して、ウハウハな元旦の朝。

松前漬にイカがタップリ入ったイカ松前や、昆布巻きにニシンや鮭が巻いてあるのも函館らしい。

結婚には賛否両論あり、もう結婚制度自体時代遅れなのではないか、などという考えもよく耳にするし、そういう考えもあっていいと思うけれど。

結婚するまで苦手だったイクラが大好きになった名古屋っ子の私と、おでんに味噌最高!と満面の笑顔でタマゴを頬張る道産子のオット。

親子丼と言えばフツーは鶏だけど、我が家の親子丼はイクラと鮭。朝食べたお雑煮は、函館風と名古屋風の混じった不思議な味。
だんだんとお互いのふるさとの味がミックスされて行く。

そんな風に我が家の味が出来上がって行くのも悪くないと思うのだ。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター・取材&コラム二スト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ウレシイです♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター・取材&コラム二スト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/