見出し画像

entwine TOHOKUのフライヤーのこと

フライヤーは小さなツールではありますが、バイヤーさんや顧客へ送付したり、お店でフリー配布するなど、ターゲット層にダイレクトに届く広報物ですし、イベントのイメージを作るうえで重要なツールになります。

フライヤーのデザインコンセプト

entwineでは、衣・食・住さまざまなジャンルの、良いもの・丁寧に作られたものが集まります。

なので、デザインのコンセプトは、直球に、「おしゃれで、良いものがありそう」というイメージを持ってもらうこと。

近寄り難いハイセンスさではなく、ほどよい親近感と、盛岡市という土地が持つ、カルチャーも感じるものを目指しています。

コンセプトが安易では?と思う方もいるかもしれませんが、デザインコンセプトは、単純で良いと思っています。いろいろ作業し続けていると、わからなくなる時というのが、実は、時々あります。そうゆうときにコンセプトに立ち戻る必要が出てくるのですが、単純だと頭が整理されやすい。デザインは〈初めてそれを見た誰か〉が「そう感じるか」という、視点が大切だと思います。コンセプトは、複雑にせず、単純な言葉で表せるくらいでいいと思っています。(多数が関わる場合は、明確にする必要があると思います)

建物の特徴を生かしたデザイン

entwineの会場は、赤い屋根、ツタ、窓が特徴的な歴史的建造物の旧石井県令邸。デザインもそれを生かしました。

画像1

▲ 1st flyer
初回なので、開催場所をすぐに認知してもらえるよう具体的な表現に。


画像6

▲ entwine MARKET IN SENDAI flyer
仙台で行われたエントワインマーケットのフライヤー。ショッパーに見立てたデザインに。


画像2

▲ 2nd flyer
畳まれた状態から、どんどん広がっていくワクワクを感じるものに。


画像3

▲ 3rd flyer
連続で貼っても繋がるデザインに。特色のゴールドと赤を使用。マゼンタ寄りの赤を使用し、洋を感じるカラーに。3は窓を思わせる形に。


画像4

▲ 4th flyer
真上から見た屋根がモチーフ。4も意識した縞模様は、抽象画やバウハウスを連想させるようなデザインに。


画像5

▲ 5th flyer
5回目という節目なので、印象付けてきた赤から離れて別の雰囲気で。6回目へ向けて新たな展開を思わせるデザインに。

イメージをつくる大切な要素

フライヤーやweb、イベントに関連する広報物は、たとえ小さなものであっても、そのイベントのイメージをつくる大切な要素になります。

これは、イベントに限らず、企業や商品などでも同じです。

どんな風に見られたいか?どんな印象をもってほしいか?
コンセプトを立て、ヴィジュアルで表現し、
イメージを構築・統一していくのが、
グラフィックデザインの役割のひとつだと考えています。

前回もお話しましたが、作ったものの横にコンセプトシートはくっつけてあげられません。言葉で説明しつくせないからこそ、カタチで表現する。

これからもentwineが長く続く良いイベントになるように、グラフィックデザインで力になれればと思っています。

entwine:entwine-tohoku.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
新潟県新発田市生まれと岩手県宮古市生まれの2人が、新潟を拠点にグラフィックデザインの仕事をしています。noteではわたしたちがどんなふうに考えながらデザインをしているのか、そんなお話をする場にしようと思っています。