見出し画像

和菓子職人ノート

はじめまして。
富山県高岡市、伏木港のすぐそばで創業した和菓子屋
「引網香月堂」の四代目、引網康博です。
店名の読み方は「ひきあみこうげつどう」です。

子供の時に病院で「ツナヒキさーん!」と大声で呼び出されてからは
ちゃんと名前を呼んでもらえないことに免疫が付きましたが
お店の名前はGoogle検索の際などに困るので、覚えていただけると嬉しいです。
たまに書く飲食店などのウェイティングボードには妻の実家の姓を書いています。

引網香月堂 店舗005

当店は昨年で創業100年を迎えまして、和菓子界ではようやく
「まあまあ長い方のチーム」に入れてもらえたかなと思っています。
創業100年!と言っても、たまたま自分の代で節目に当たっただけですので
歴代店主とお客様に感謝して、日々仕事に当たっています。

突然始めたこのノートですが、以前はブログを更新していました。
昨年の11月まで書いていて延べ12年くらい続いた
自分にとっては、ちょっぴり甘酸っぱい「和菓子屋の記録」になっています。

12年前といえば34歳。
年齢的には甘酸っぱさは皆無なのですが、
修行を終えて富山に戻り家業を継いだのが26歳。(2000年の春)
色々な葛藤と苦悩を抱えたまま、突き進んだ頃に書き始めたブログでした。

最近はSNSを利用される方が増えて、季節のお菓子やイベントなどの御案内は
ほとんどそちらでお知らせしています。
そうしている内に、書くことが無くなってきたんですよね。
TwitterやFacebookと同じ事を書いてもなぁ、、みたいな感じで。

そこで、もっと和菓子の話、職人の話、菓子の背景の話など、
長かったり、短かったり、レシピだったり、特別な動画のリンクだったり、
色々と気軽に投稿しやすいノートに変えて、気分転換しようかな、と
思い立った次第です。

気が向かれましたら、このノートを覗いていただけると嬉しいです。

*写真は当店発祥の地、高岡市伏木の近くにある雨晴海岸の景色です。
 実物はもっと美しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
41
和菓子を楽しんでもらうために出来ること。もっと知ってもらいたい。もっと体験してもらいたい。 レシピやお菓子についての話、その背景、色々な職人話など。 「和菓子をもっと面白く」富山・引網香月堂の四代目のノートです。