見出し画像

夢を見て泣いた朝は

夢を見て泣いた朝は

二度と会えない人のことを思い出す

どうか 嫌いにならないで

あなたの記憶に残る僕が

ずっと いい人でありますように

離れてしまった現実よりも

思い出の中の自分を心配し続ける

それが どんなに愚かなことでも

僕にできることは それくらいしかない


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読者の皆様が僕の力になっています。ありがとうございます。
52
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「絆創膏日記」「自閉症の僕が生きていく風景」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。