Googleを捨てて自分と旅に出よう
見出し画像

Googleを捨てて自分と旅に出よう

寺村英雄@株式会社グルー

”越境者”による”越境思考”、今回は「Googleを捨てよ旅に出よう」ということ。
_

前回、食事をしたり物を購入する際にレビューサイトを頼らないことについて書いたが、これは旅にも当てはまる。
_

旅に出る前に「次に○○に行こうと思っているのですが、オススメの場所があったら教えて下さい」というようなポストをSNSで投げかける人を見かけることが少なくない。自分の印象では若い人が多い。以前よりも増えたように感じるのはSNSの普及に伴うものかもしれない。
_

以前、20歳代前半に自分がFC東京のサポーターをしていた頃、アウェイも含めてほぼ全試合を観戦・応援していた頃、2週に1度のペースで縁もゆかりもない地方都市に日帰り、もしくは一泊で出かけていた。移動手段は車や新幹線、飛行機など。
_

そして必ず現地には早めに到着して街を歩いた。何の目的もなく嗅覚を頼りに、自分のアンテナに引っかかった方向に歩を進める。Google Mapsすら見ない。当時、Mapsも今ほど発達していなかったということもあるが。
_

自分の嗅覚を頼りにと書いたが、これもまた明確な定義ができない曲者だ。自分の嗅覚について明確に説明できる人は少ないだろう。自分のことは自分が一番知らなかったりするのが普通だから。だから、嗅覚を頼りに歩を進めるのではなく、歩を進めることによって嗅覚、更には自分を知ると書いた方が正確なのかもしれない。
_

旅の本質とは、非日常に身を置くことで自分を知る。
これに尽きる。
_

旅に出る前に親しい人に聞けば、今の自分に親しい情報を得ることあできる。Google Mapsを頼りに目的地に行けば、迷うこともないだろう。しかし、その結果として、目的地で起こることは今まで知り得た自分でしかない。
_

歩いている中で、分かれ道が出てきた時に、なんとなくこっちに進んでみる。進んでみた結果として自分が望んでいた場所に「結果として」出合う。望んでいなかった場所に出たとしても、自分が選んでしまったからこそ、そこでの体験を「結果として」豊かなものとして受け止める。そして昨日より少しだけ自分のことを知る。人生そのものと言えるのではないだろうか。
_

さあ旅に出よう。
人にも聞かず、目的地も決めず、もちろんGoogleも携えず。
_

え?不安だって?
自分をもっと信じなよ。
自分の勘が色々と教えてくれるはずさ。
_

#越境者 #越境ニュータイプ #越境思考 #越境思考ハック
_

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
寺村英雄@株式会社グルー
戦略コンサルティング法人(=ほぼ個人)を経営 / 元NRI / 経営者へのコーチングからPythonやIBM Watosonを活用した市場調査まで幅広 / 中国駐在経験 / 中国と日本(2ヶ所)に住居を保有 / 大手企業出身だけど独立して自由に生きたい人に向けて呟いていきます