見出し画像

田中ひではるの倹約術

田中ひではる

 以前僕の時短術を紹介したけど時間の次はお金だ。お金に興味のない人は少ないだろうってことで書いてみた。


 

まず前提として


 僕は時間は丁寧に使うように心がけているけど"お金は使ってなんぼ"の人間だ。だから一般的な倹約家とは縁遠いけど、ここにお金を出したくない!ってとこを紹介する。

 僕のお金に対する考えは、何かを得るためにあるお金なんだからただ持ってたって意味ないし、来るかどうかもわからない将来のために数十万、数百万貯金するより今を楽しんで、今勉強して、今健康でいて、今稼ぐ。
そんな風に今を楽しみ自己投資をするほうがよっぽど有意義という人間だ。
その上でこの先を見てほしい。 

外で水分買わない

 水分は家から持っていけばなんとかなる。
その他にも外でよく買うものも事前に用意しておけば買う必要が減る。外出先で水分を買うのは基本コーヒーかお酒だ。コーヒーとお酒には"温度"がつきまとうからだ。

 

服を買わない

 僕も第一印象を良く見られたいとは思っているけど、服装の影響はほんの一部だと思う。それよりは顔色や姿勢や言葉遣い、丁寧な受け答えを大事にしている。
 そして服は周りの人が譲ってくれる。もし今着ている服がボロくなって新しいの欲しいな〜って思ったら、近い体型の知り合いに余ってないか聞いてみよう。
その知人も新しい服を買うために手放したい服があるかもしれない。
 でもワンオクのタカが「人は見た目が9割」って言ってたから服にもちょっと気をつけようと思う。

格安スマホを使う

 僕は格安スマホも3大キャリアスマホも、ほとんどの人にとって価値は同じだと思う。提供されている機能やサービス以上に使いこなしている人は極僅かだ。

 例えば、ほぼ違いのない500円ビールと1000円ビールがあればどちらを選ぶだろう?
当然500円のビールをみんな選ぶだろう。僕だってそうする。でもスマホに関しては1000円のビールを選ぶ人がいる。
 使う人によっては格安スマホも3大キャリアも同じだ。
 端末にしてもiPhoneとかはハイスペックで、年配でiPhoneを持っている人をたまに見るけどたぶんオーバースペックだ。 

生命保険を解約する

 あなたは自分が今死ぬ確率を何%だと踏んでいるだろう?僕は車を運転しなくなれば60才までに死ぬ確率は1,000万分の1に近いと踏んだ。だとすれば生命保険は不要な経費だ。(早めに死んだら笑ってください ^  ^)
 だし、子どもには1円もお金を残す気はない。教育は受けさせるけどあとは自分で使う。
 人生は賭け、端的に言うとギャンブルと一緒なのだ。自分がどう転ぶかを想像して保険をかけたり、資産を手にしたり手放したりする。昔は思考停止で保険をかけてたけど、ちゃんと考えて止めた。
 死ぬ確率が高いと踏めば生命保険をかけるし、そうでなければしないのだ。
保険会社も儲かるから保険に入れるだけで、儲からないなら保険に入れない。営業マンはあなたのことを本気で思っているわけではない。

 お金のこととなるとまだまだ書きたいことはたくさんあるけど、長くなってしまうのでここらへんで終わらしておこう。
 家族や友人が保険の営業マンって人には気を悪くさせてしまったと思います。ごめんなさいm(_ _;)m
 必要な保険には入ろう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!