見出し画像

子育て世代スタッフ向け時短術

田中ひではる

 以前僕の時短術を書いてみたけど、レーシック手術とかあって難易度高かったので今回は子育て世代のスタッフにフォーカスした取り組みやすい時短術を書いてみる。

 少しの勉強と準備で誰でもできて僕たちに時間を与えてくれる便利なものを紹介する。
僕も2歳と0歳の子育て中でマジで時間がない、妻と4人暮らしだ。それでも日常必要なことはやりつつ、且つセカセカしない。
いろいろなものを駆使すればこれがムリゲーでもなくなるので一見の価値ありだ。
今回は全部で3つ。 

ネットショッピング

 これはほとんどの人が抵抗なくできるはず。みんなが大好きな「○○ポイント」も貯まるし日時を指定すれば一回で受け取れる。
 僕はほぼ全てネットで買う、オムツ、洗剤、食料品、家電、ふるさと納税、すべてだ。楽天やアマゾンだけじゃなくコープやフレスタのネット注文なども使えば野菜や肉、魚などの生鮮食品までネットで完結する。

 ネットショッピングで楽をするコツは、「その時々やってるセールは無視する」というもの。理由はネット注文といえど時間がかかると嫌になるので、100円200円安い商品を探す手間はかけない。お気に入りに登録した商品を何も考えずに買う。
楽するコツは考えない考えない考えない。
金銭的にちょっとでも得をしたい心理はわかるがここはこころを鬼にして時間を買おう。

ネットバンク

 これがあればもう店舗のある銀行に行かなくてよくなるから時間が生まれる。通帳記入などしなくていい。残高確認も振込もスマホでできるし、最近だと電気料金なども支払える機能も付いている。

 もし現金が必要ならコンビニで引き出せるから大丈夫だ。でも手数料がかかる!とか心配する人は給与をネットバンクで受け取れば「振込手数料○回無料、ATM手数料○回無料」などのサービスが各ネットバンクに付いているからそれを活用しよう。

 仮に手数料がかかったとしても、移動の手間を省き時間を買った、と思おう。これは自分の頭を慣らすトレーニング、タイムイズライフなのだと。
ネットバンクを使ったことがない人は最初口座開設のところで戸惑うかもしれないけどそこを乗り越えれば大丈夫!最初だけ頑張ろう!
 

電子マネー

 これはマジでいいからフル活用してほしい。現金を扱う手間と時間がなくなる。種類は何でもいいけど広島であればpaypayがいいだろう。特にネットバンクと連携した方が楽で、例えばpaypayを使うならpaypay銀行を使うのがいい。
 電子マネーを酷使すれば現金を持つ必要がなくなり、店舗のある銀行やATMに行かなくてよくなるのでメチャクチャ時間が生まれる。友達と割り勘したとしても即送金できる。

 ちなみに僕は財布を捨て、キャッシュオンリーの店には基本行かない。電子マネーを使いこなすコツはキャッシュオンリーのお店に出来るだけ行かなくすること。
 僕みたいに極端なことはしなくてもいいけど、そもそも日用品であればネットショッピングでいいのだ。

 以上が誰でも今から取り組める時間を作る活用術だ。
知らないことは最初抵抗があるし少し手間もかかるから「めんどくさっ!」って思うかもしれないけど、この少しの手間と勉強であなたに安らぎとゆとりのある時間を与えてくれる。
 安らぎとゆとりを手にすれば子どもがワーワー言ってても、自然と温かく見守り優しい言葉で接することができるはずだ。時間があれば焦りなどないのだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!