見出し画像

田中ひではるの時短術

田中 ひではる

 時間超大事!
時間だけは神が誰もに平等に与えたもうた無形資産である。この限りある時間を有効に使ってゆとりある生活を送ったり、仕事で高いパフォーマンスを出したいもんだ。

 僕は最近2人目の子を授かることができ、絶賛子育て真っ最中である。1人目の子育てでわかっていたことなんだけど、本当に時間が無くなる(涙)
 朝ごはんの準備、保育園の送り迎え、お風呂、その他家事全般…
育児は絶対大変!だって重労働って定義されてるんだよ?
 そんな育児を頑張っている父母たちとこの記事を共有したい。

 一般的な時短術に加えてちょっと手間がかかるものもあるんだけど、効果が高かったものを紹介する。

  • レーシック

  • 髭脱毛

  • 日常の掃除はルンバ

  • 衣類乾燥機

  • 食洗機

  • 公共交通機関で移動する

 重要度の高い順に解説すると、まずはレーシック。
レーシックは毎朝コンタクトを付ける時間が省け、見えないストレスがなくなる。
 手術怖い!って人もいるだろうけど両目10分弱で終わる。痛くもない。
費用は25万円くらいだったけど、僕の計算だとコンタクトを使い続けたとして7年で元が取れる。買う時間もなくなるしね👍

 次は髭脱毛。
髭が不要な男性は共感してくれると思うけど、毎日髭剃るのめんどくさい!毎朝の1分くらいが浮くし、カミソリや髭剃り機の購入やお手入れもしなくてよくなる。

 家電に関してはこれらを使うことで日常生活の時短になるのは説明不要だろう。そのために産まれた文明機器なのだ。
「衣類は全部手洗いです」っていう奇特な人に出会ったことがないけど、食器や掃除に関しても同じような感じになると思う。
「食器をまだ手洗いしてるの?」「お掃除ロボット持ってないなんて!」って時代は必ず来ると思う。
 一つだけアドバイスをすると、ルンバを使うにはルンバが活躍できる環境整備から始めないといけないから、床から物をどけないといけない。

 最後に移動手段。
もしあなたが仕事や買物をスマホでしているなら、車の運転を止めてバスや電車に切り替えたらその間に出来るだろう。
僕自身このブログやスタッフとのチャットはほぼ移動時間中にこなしている。車の運転をすると目と手が奪われるから何もできない。
 地方郊外で暮らしていたら車は絶対必要だろうけど、毎日使うのを止めて一部バスとかに切替えるだけで相当な利益を感じると思う。

 これらを取り入れていけば必ずあなたに豊かな時間をもたらしてくれる。
 そして30分何も考えずにボーッとする時間を手に入れよう。そしたらまた周りのスタッフやご利用者にも優しく接するゆとりが出来ると思う。
タイムイズマネーではなくタイムイズライフだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田中 ひではる
【これから一緒に働く人、今一緒に働いている人】に向けての日記 1983年生まれ 株式会社障がい者ライフサポート 代表 広島市佐伯区で障害福祉サービス事業を経営 会社HP https://funny.hiroshima.jp/