田中 ひではる
実現したいこと
見出し画像

実現したいこと

田中 ひではる

 三方良しの会社。
「ご利用者・ご家族」「スタッフ」「社会」にとって良い会社という意味だ。
 それはキレイごとで"お花畑"的な考え方かもしれないけど、できそうな気がしている。

 僕が三方で思い浮かべる対象者の一番は「ご利用者・ご家族」だ。そして"良し"というのは抽象的で人それぞれ違うんだけど、今やってる事業でいうと「自分の家族でもその施設を利用させたいか」が共通で持てるイメージかもしれない。
 答えがYESなら課題が少ない状態、NOなら課題が多い状態だ。どちらにしても完璧な状態はない。

 ご利用者にとって良い施設は、楽しい、好きなスタッフがいる、やりがいのある活動がある、仲間がいる、などが挙げられる。
僕たちが職場に求めることと大差ないかもしれない。

 一方、ご家族にとって良い施設は、当事者が楽しそうにしている、家族ではしてこなかった体験をさせてくれる、介護サービスの質が高い、使いたいときにサービスが使える、などが挙げられる。他にもあるかもしれないけど、大事なのは「当事者が満足していること」「ご家族がそれぞれ自分たちの時間があること」が重要だと考えている。

 これが実現できればご家族もしっかりと休息がとれたり仕事に集中できる。その結果、回り回って三方の3番目の「社会」にとって良しとなる。ご家族がやっている仕事で社会に好影響を与える可能性が高いからだ。

 スタッフにとって良い会社かどうかは僕にかかっているところが大きい。人間関係はどうしようもないこともあるけど、労働条件は僕に決定権があるからだ。
 スタッフにとって良い会社かどうかは、ご利用者と同様「仕事を探している家族や友人に、自分の職場を紹介したいと思うかどうか」なのかもしれない。

 一つ一つのことを丁寧にやっていき、他の会社とは違う取り組みをしていくことで三方良しの会社を作っていきたい。
僕の頭はまぁまぁ"お花畑"なのだから。


 仕事の話ではないんだけど。。。
今日は天心 vs 武尊 戦がある!!
会場には行けれなかったけど、生中継の配信に感謝して最高の時間を楽しもうと思う!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田中 ひではる
【これから一緒に働く人、今一緒に働いている人】に向けての日記 1983年生まれ 株式会社障がい者ライフサポート 代表 広島市佐伯区で障害福祉サービス事業を経営 会社HP https://funny.hiroshima.jp/