ひだ財団

岐阜県飛騨地域の「スキマ」を埋める挑戦に伴走するコミュニティ財団です。飛騨地域の活動を…

ひだ財団

岐阜県飛騨地域の「スキマ」を埋める挑戦に伴走するコミュニティ財団です。飛騨地域の活動を対象に、①資金の提供②資金集めのサポート③事業設計・推進への伴走を行います。地域の課題や先進事例の情報交換・学びの場としての座談会や講演会等も開催予定。

マガジン

  • 活動報告

    ひだ財団企画のイベントの開催報告やスタッフの日常のお仕事について投稿します

  • ひだ財団|イベント情報

    ひだ財団が主催あるいは地域の方々と連携して開催するイベントの情報を掲載

  • 助成を受ける|ひだ財団の助成プログラム

    ひだ財団では、寄付をはじめとする多様な資金を活用し、社会貢献活動に対して資金助成や伴走支援を行っています。多様な形での活用が可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

  • ひだ財団とは?

    財団そのものの仕組み、設立までの経緯、寄附者の一覧などを紹介

  • 寄付する|ひだ財団の寄付メニュー

    寄付で地域を支えよう!皆さまからのご支援と挑戦者をつなぐことで、より継続的な市民による社会活動の実現を目指します。寄付を通じて一緒に地域を支える同志を募っています。

最近の記事

【参加者募集】森を考える座談会-第27回スキマ研究会-

今年度最初のスキマ研究会は「森」「自然」をテーマに開催します! 飛騨高山の魅力は豊かな自然!とよく耳にしますが、魅力に感じている”豊かな””自然”とは何なのか いま当たり前なっている”自然の恵み”は子どもや孫の世代にも当たり前にあるのか いま享受できている恵みを継承するために私達は何をしなければいけないのか 自然を享受するという言葉には、 自然の恵みや利便性などに感謝し、楽しむことという意味が込められています。感謝ってなんでしょうか。 みんなで考えてみましょう 今回は

    • 【開催報告】ノトトヒダ開催!!

      【NOTOとHIDA】~BLESS・能登復興チャリティーイベント~開催!! 令和6年1月1日、元日の日に能登半島を襲った、「令和6年石川能登半島地震」。その地よりほど近い飛騨に暮らす私たちが「自分たちにできることはなんだろう?」を考えたイベントが開催されました。 ノトトヒダ飛騨のお店や人が能登の食材や人をとつながるチャリティー・イベント「ノトトヒダ」が開催されました。イベントでは珠洲市で被災されたレコード&カレーの〈いかなてて〉と飛騨の料理人がコラボしたブース、会場では占い

      • ◆◆参加者募集中!◆◆助成金申請へっちゃら講座

        「助成金を受けてどう変わるの?助成金申請に興味がある!」 「予算をたてるのが苦手!」 「プレゼン力を付けたい!」 ・・・など考えているサークル、市民活動団体、事業者の皆様を対象に助成金申請のための講座を開催します。受講することで、助成金申請がへっちゃらになれるかも!? 助成金申請へっちゃら講座日 時 2024年4月29日(月・祝) 内 容 10時~伝え方編 13時~お金の考え方編 場 所 まちスポ飛騨高山 受講料 1団体1,000円/1講座 主 催

        • 【募集】飛騨市制20周年推進補助金

          各イベントや事業を3つの部門でサポートします。 〇20周年を契機に新たなイベント等を実施したい「新たなまちづくり部門」 〇既存のイベント等を20周年を記念して拡充したい「まちづくりの拡充部門」 〇これまで利用してきた備品や資材を修理・更新したい「まちづくりの継続部門」 新たなまちづくり部門 ◆対象事業 市制20周年を契機に新たに行われる地域の交流および賑わい創出を目的とした事業で、次のいずれにも該当しない事業 ⑴専ら営利を目的とした事業 ⑵特定の団体および個人の直接的な利

        【参加者募集】森を考える座談会-第27回スキマ研究会-

        マガジン

        • 活動報告
          5本
        • ひだ財団|イベント情報
          8本
        • 助成を受ける|ひだ財団の助成プログラム
          5本
        • ひだ財団とは?
          1本
        • 寄付する|ひだ財団の寄付メニュー
          1本

        記事

          【募集】市民活動団体設立補助金

          地域の活性化や地域課題を解決する活動を実施するために、自主的に市民活動団体を設立して活動を開始するために必要となる経費を補助します 目的 複雑かつ多様化する市民ニーズや地域課題に対応するため当団体と高山市が連携して、市民、地域住民 組織、事業者、行政などの地域社会を構成する多様な主体が協働してまちづくり(課題解決) に取り組む、「協働のまちづくり」を進めており、専門的なノウハウを持つ市民活動団体が主体となった協働の取り組みを推進することを目的に実施しています。 補助対象

          【募集】市民活動団体設立補助金

          【募集】市民活動支援補助金

          岐阜県高山市内で、市民活動団体が自主的に実施する地域の活性化や課題の解決につながるまちづくり活動に対しての補助金です。 目的 複雑かつ多様化する市民ニーズや地域課題に対応するため当団体と高山市で連携し、市民、地域住民 組織、事業者、行政などの地域社会を構成する多様な主体が協働してまちづくり(課題解決) に取り組む、「協働のまちづくり」を進めており、専門的なノウハウを持つ市民活動団体が主体となった協働の取り組みを推進することを目的に実施しています。 補助対象団体 下記①

          【募集】市民活動支援補助金

          【募集】若者活動支援事業補助金

          若者が主体的に始める一歩を支援する補助金【 #たかやまユースプロジェクト 】です 目的 若者がやりがいと生きがいをもって活躍できるまちづくりをすすめるため、若者が主体的に活動を始める第1歩を支援することを目的とした補助金です。 補助対象となる活動 次の要件を全て満たす活動が対象となります。 (1)地域の活性化又は地域の魅力の向上・発信に取り組む活動 (2)新たにその団体として取り組む活動 (3)高山市内で実施される活動 対象 若者が主体的に活動する団体であって、次

          【募集】若者活動支援事業補助金

          【開催報告】ひだ財団設立記念助成プログラム「TMBJ-高山まちづくり協議会防災士女子会-」報告会

          ひだ財団設立記念助成プログラムに採択されたTMBJ-高山まちづくり協議会防災士女子会-の報告会を開催しました。皆様からお預かりしたひだ財団の設立寄付を原資とした「設立記念助成プログラム」は、「安心・安全に暮らせるコミュニティづくり」をテーマに昨年秋に募集し、2024年2月末までを事業実施期間としています。 高山市防災力向上プラン 2023 TMBJの助成プログラムを活用事業は、防災知識の周知啓発を目的とした防災カフェの開催と教材開発です。 【事業目標】 ・高山市内商業用ス

          【開催報告】ひだ財団設立記念助成プログラム「TMBJ-高山まちづくり協議会防災士女子会-」報告会

          飛騨地域の防災力向上を考える-ひだ財団設立記念助成金報告会-

          設立記念助成プログラムに採択されたTMBJの皆さんによる報告会を開催します! 日時▶令和6年3月10日(日)14~16時 場所▶高山市役所201および202会議室 登壇▶TMBJ(高山まちづくり協議会防災士女子会) 申込▶https://forms.gle/JvavGrpPpPTZnPmX8 ※フォームの設問「参加する研修」には【3/10(日)午後(高山市の会場で対面で参加】を選択してください。 TMBJは、令和3年に高山市の防災意識向上を目指し、結成した団体です。今回は、

          飛騨地域の防災力向上を考える-ひだ財団設立記念助成金報告会-

          【開催報告】ひだ財団設立記念助成プログラム「一般社団法人もちもちびと」報告会

          ひだ財団設立記念助成プログラムに採択された一般社団法人もちもちびと(こどもの基地ねこのひげ)の報告会を開催しました。皆様からお預かりしたひだ財団の設立寄付を原資とした「設立記念助成プログラム」は、「安心・安全に暮らせるコミュニティづくり」をテーマに昨年秋に募集し、2024年2月末までを事業実施期間としています。 子どもの主体発揮を保証する自由な遊びの場「プレーパーク」の開催 一般社団法人もちもちびとの助成プログラムを活用事業は、子どもの主体発揮を保証する自由な遊びの場・プ

          【開催報告】ひだ財団設立記念助成プログラム「一般社団法人もちもちびと」報告会

          こどもまんなか社会を考えるお話会-ひだ財団設立記念助成金報告会-

          ひだ財団の設立記念助成金採択団体による報告会を開催します。報告会第一弾は、一般社団法人もちもちびとの皆さんです。子どもの主体発揮を保障する自由な遊びの場「プレーパーク」の開設における事業実施内容と、今後の展望について報告いただきます。 どなたでもご参加いただけますのでお気軽にご訪問ください。 発表者:一般社団法人もちもちびと 日時:2024年2月18日(日)15:00~  15:00 こどもまんなか社会を考えるお話会 開始  15:30 ひだ財団助成事業報告会  15:45

          こどもまんなか社会を考えるお話会-ひだ財団設立記念助成金報告会-

          能登半島地震におけるひだ財団の支援活動について

          2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震で被災された皆さま、ならびにそのご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。皆さまの安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 余震も続き、気が休まらない状況が続いているかと思います。 日頃よりひだ財団を応援いただいている皆様と共に、引き続き、私たちもできることを考えていきます。よろしくお願いいたします。 一般財団法人ひだ財団 代表理事 田辺 友也 ひだ財団の支援方針 より効果的な支援を最優先とし、石川県にあ

          能登半島地震におけるひだ財団の支援活動について

          第22回スキマ研究会「車椅子ユーザーのお出かけ事情」

          毎月開催しているスキマ研究会。今月は「車椅子ユーザーのお出かけ事情」をテーマに開催します。車椅子ユーザーはもちろん、このテーマに興味のある人ならどなたでも参加できます。 インクルーシブ公園・インクルーシブ遊具という言葉を聞いたことがあるでしょうか?最近では、インクルーシブは「包摂的な」という意味で、障害の有無にかかわらず、誰もが安心して利用できる場作りの取り組みがあるそうです。あらゆる人が楽しみながら関わり、それぞれの立場や違いを理解し、認め合えるように、そのきっかけとなる

          第22回スキマ研究会「車椅子ユーザーのお出かけ事情」

          【助成先決定のお知らせ】 ひだ財団 設立記念助成プログラム

          皆様から頂いたひだ財団の設立寄付を原資とした「設立記念助成プログラム」の助成先が確定したことをここに報告します。今回のテーマは「安心・安全に暮らせるコミュニティづくり」であり、有識者の審査の結果、最終的にそのテーマに沿った2団体を助成先として採択いたしました。 【採択団体数】 2件(上限3件) 【助成金額】 1団体 10万円(上限 10万円) 【審査員】 ・NPO法人ぎふNPOセンター 野尻 智周 氏 ・飛騨コミュニティ財団設立準備会 溝際 清太郎 氏 ・一般財団法人世

          【助成先決定のお知らせ】 ひだ財団 設立記念助成プログラム

          ソシャカン#01

          ソシャカンとは、ソーシャルカンファレンス(社会的な様々なテーマを議論する会)を略したひだ財団主催のイベントです。#01では「ソーシャルインパクト創出と地域経済循環を全国事例から学ぶ」をテーマに開催します お申し込みはこちらから >https://forms.gle/TxvosPSToeRXj8w98 2023年8月22日に一般財団法人として生まれた「ひだ財団」には2つの機能が備わっています。 1つはソーシャルインパクトを生み出す資金助成と伴走支援の機能、そしてもう1つは、

          ソシャカン#01

          Startup Jam Session in Hida

          ■オンラインと現地会場のハイブリッドイベント■ ※スキマ研究会から発展したイベントであるため、まちスポも参画しています。 日時:2023年10月6日(金) 13:00-16:30 会場:オンライン/ HIDA 森と暮らしの編集室(高山市名田町1-82-1) 参加費:無料 申込:https://sjs-hida01.peatix.com/view?fbclid=IwAR0LDeGNwt4xa51z3QlnBqdkuWNTd2jG_qJr6W8GcNzuRP0sKfAuChp

          Startup Jam Session in Hida