こけら落としは全国大会 女川スタジアム プレミアリーグU―11 約1千人来町 経済効果も
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

こけら落としは全国大会 女川スタジアム プレミアリーグU―11 約1千人来町 経済効果も

石巻Days ~未来都市の生き方~

 小学5年生以下のサッカー少年少女がしのぎを削る国内最大規模の全国大会「アイリスオーヤマ第7回プレミアリーグU―11チャンピオンシップ」(同実行委主催)が3月29―31日、昨年4月に同町清水地区に整備された「女川スタジアム」で行う。同大会が東北を舞台とするのは初めて。全国規模の大会が同町で開かれるのも東日本大震災後初。幸野健一実行委員長は「できれば毎年女川で全国大会を開催したい」と思いを語っていた。

 プレミアリーグU―11は、サッカー文化を広めることを目的に平成27年から始まった大会。全国37都道府県の予選を勝ち抜いた1―2チームがチャンピオンシップに進む。現在は全国で約600チーム、登録選手数は約9500人、年間約4千試合を繰り広げるなど国内最大規模の大会となっている。

会見する(左から)須田町長、幸野委員長、石田取締役

 主催の実行委と特別協賛のアイリスオーヤマは、被災地復興と地域活性に貢献したいとの思いから、本来は令和元年度末に女川町で同大会を開く予定としていたが、コロナ禍で中止。今回改めて開くことを決めた。

 幸野委員長は「選手や保護者、大会関係者など約1千人が町内を訪れる想定。経済効果も望める。来年以降も女川で継続開催し、『U―11は女川を目指す』という流れを作りたい」と熱意を語った。

年度末に供用開始する女川スタジアムがメイン会場となる

 須田善明町長は「全国大会を女川で開催してもらえるのは大変意義があり、うれしいこと。最大限のおもてなしで迎えたい」と話した。アイリスオーヤマの石田敬取締役は「震災を乗り越えた証として東北、女川から世界に元気を発信する大会になれば」と願った。

 同大会は選手の育成に重きを置いていることが特徴。「上手な選手しか試合に出られない」という日本のスポーツ文化に疑問を投げかけ、「補欠ゼロ」で実施している。3ピリオド制で登録選手全員が試合に出ることが条件という。現在、各都府県で予選が行われており、2月には出場チームが出そろう見通し。【山口紘史】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻Days ~未来都市の生き方~
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。