「三陸道全線開通」 ②課題 地域の素通り懸念
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「三陸道全線開通」 ②課題 地域の素通り懸念

石巻Days ~未来都市の生き方~

 全線開通した三陸道(三陸沿岸道路)は、仙台―八戸間約359キロを東日本大震災前より3時間20分短い5時間13分で結ぶ。

 県内の三陸道の交通量は、延伸効果や復興関係の利用もあって震災前より増加。半面、石巻地方から気仙沼まで被災沿岸6市町の自治体は人口が減り、高齢化率も34%(令和2年)と全国平均の28%を上回る。高速道路網が地域振興に役立てられることが望ましいが、地域の素通りのほか、宿泊を伴わない日帰りの範囲の拡大が、逆効果になる心配がある。

 仙台河川国道事務所の資料によると、三陸道の交通量(4月平日平均)は昨年、鳴瀬奥松島―矢本間が3万5300台、石巻河南―石巻女川間が2万9300台。それぞれ震災前の平成22年に比べて9100台、1万2900台増えている。鳴瀬奥松島の下り八戸方面は無料区間。県北を広く見ても、内陸の国道4号と有料の東北道は震災前後で交通量が減り、三陸道とそれに並行する国道45号は伸びた地点が多い。

 河北インタ―チェンジ(IC)から1キロ弱の国道45号沿いにある道の駅上品の郷は、平成17年開業。当時は河北ICが仙台方面からの終点だった。農産物直売所やレストラン、県内の道の駅では唯一の温泉保養施設を併設し、震災でもボランティアの需要があって客足を伸ばした。

 しかし、平成27年度に約105万人あった客(レジ利用の実数)は30年度に約94万人まで減少。老朽化した施設改修のための休業もあったが、約30キロ先の三陸道に隣接する道の駅「三滝堂」が開業し、河北ICを下りて上品の郷で休憩する車も減った。

 東松島市でも三陸道の矢本パーキングを拡張して道の駅を設置する計画が進められる。三陸道沿いの道の駅は競争。というのも、気仙沼市の本吉パーキングから北は本線上にトイレがなく、休憩するには基本的に国道45号に下りる必要がある。沿線に道の駅は数あるが、本線から遠いほど不利だ。

 上品の郷に止められた車のナンバーは県外、県内が半々。浮津康逸駅長は「ここ2年は新型コロナウイルス感染症で客がぐっと減っている。感染が落ち着いた最近は客が戻ってきたが、全線開通の効果とはいいがたい」という。「類似施設がたくさんあるが、県内の中間地点として立ち寄ってもらえるよう、ここにしかないものを用意したり、イベントを開催したりしたい」と話す。

 二十数年前まで終点だった石巻市は今や通過点。いかに下りてもらい、滞在してもらえるかが課題になる。【熊谷利勝】



現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻Days ~未来都市の生き方~
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。