縁起招く黄金色の実 キツネ顔の「ツノナス」 ソーシオ農園・石巻で栽培
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

縁起招く黄金色の実 キツネ顔の「ツノナス」 ソーシオ農園・石巻で栽培

 黄金色の実がキツネの顔に似ていることから「フォックスフェイス」の愛称を持つナス属の「ツノナス」。南米原産で生け花や観賞用として知られ、国内では千葉県館山市が一大産地。この栽培を石巻市で成功させた農業法人(株)ソーシオ農園(阿部栄三郎社長)=同市北境=は今年から収穫量を増やしており、12月11―12日には道の駅上品の郷で大販売会を催す。黄金色は縁起が良いとされ、ツノナスは正月飾りとしても楽しまれている。

 ツノナスの茎は2メートルを超え、1株から3本の枝が伸びる。そこに長さ7㌢前後の黄金色の実を付ける。収穫後は水を必要とせず飾りとして楽しみ、実は長く持つ。クリスマスや正月など祝い事で引き合いが多く、生け花としても映える。

 館山市では60年以上前から盛んに栽培されおり、宮城は趣味程度で育てている人はいるが、出荷には至っていない。そもそも阿部社長(70)も趣味で取り組み、昨年、ソーシオ農園として試験栽培したところ、100本程度の収量が見込めた。

ツノナス (41)

露地栽培で実を付けるツノナス

 美しく実を付けるには土壌改良と水やりがコツ。台風などの風対策も欠かせない。今年は管理農地の約500平方メートルで露地栽培したところ、約1千本の収穫めどが付いた。

 現在は直売と上品の郷、20日にオープンしたデ・リーフデ北上=石巻市北上町=の直売所で扱っており、価格は600円-3500円。パプリカのような色と触感だが、食べることはできない。珍しい植物であり、目と鼻を書き込めばキツネにも見えるユニークさから売れ行きは好調だ。

ツノナス (30)

阿部社長(手前)らが枝をそろえる

 ツノナスは茎の下部に付く実は黄金色、上部は緑色。一般的に流通しているのは黄金色だが、ソーシオでは珍しい緑色も出荷している。阿部社長は「縁起の良い植物であり、家に飾って来年も健康第一と好景気を呼び込んでほしい」と語っていた。

 なおソーシオでは12月11-12日に上品の郷で「フォックスフェイス大販売会」を初開催する。植物の知名度を高めるためのイベントであり、約300本を販売する。時間は午前10時-午後3時。なお直売の問合せはソーシオ農園(0225-98-6847)=石巻市北境字根廻31=、営業は月曜―土曜日。
【外処健一】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。