新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

サンマ漁獲 正念場へ 魚群求め小型船再出港 三陸沖来遊は11月上旬か

 全国屈指のサンマ水揚げを誇る女川町に大型サンマ船の入港が続いている。初水揚げがあった10日以降、大型船が連日数十㌧単位で揚げてはいるが、魚体は小型、中型が主で例年と比べても数量はまだまだ少ない。これからサンマの魚群南下が予想される中、休業していた女川漁港を拠点とする小型船も動き出すなど、巻き返しに向けて船首を北に向けている。【渡邊裕紀】

サンマ漁やっと本格化へ (2)

「豊漁を願いたい」と話す阿部さん

 小型船は8月上旬に女川漁港から出港したが、北海道釧路沖での調査で魚群が見つからず、8月末には女川に引き返した。小型サンマ船に乗る阿部哲也さん(31)=石巻市中央=は「本来は繁忙期で地元にいない時期なのに休業状態だ」とこぼす。漁獲がなければ収益に結びつかず阿部さんも不漁の影響を受け、収入が半分ほどに減ったという。

 10月に入り、ロシア海域周辺で操業する大型船が徐々に水揚げし始めたのを受け、近海の調査でも魚群の数が上向いてきた。阿部さんの乗る第57久丸(19トン)も、16日にサンマの群れを追って女川漁港から出港した。

サンマ漁やっと本格化へ (1)

釧路港を目指し進路をとった第57久丸。今年のサンマ水揚げはこれからが正念場となる(10月16日)

 小型船は、冬のしけで海が荒れる前の11月末までにどれだけ漁獲できるかが勝負。「昨年から続く不漁で、今年はさらに悪くなる予想が出ている。それでも漁獲が上向くことを願いたい」と阿部さんは期待を胸に漁船の舵を切った。

 一般社団法人漁業情報サービスセンターによると、9月のサンマ水揚げ量は、全国で計約1000トンと過去最低を記録。今年の来遊量も減少しており、女川漁港の水揚げ量は過去最低だった昨年の4833トンよりも減ると見られている。

 同センターが発表した漁況予報では、三陸北部から南部にかけてサンマの漁場が形成されるのは、例年より1カ月以上遅い11月上旬ごろとされており、サンマの漁獲はこれからが正念場となりそうだ。


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
2
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。

こちらでもピックアップされています

石巻日日新聞
石巻日日新聞
  • 424本

石巻市・東松島市・女川町の話題を掲載。地域の歴史や文化、風土や週間などを紹介します。また、東日本大震災から復興へ向かう、まちの出来事も混じえて発信します。無料と有料記事があります。https://note.com/hibishinbun/n/n51d7b3ce4964

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。