新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

テキパキと慣れた手つき 東浜小全校児童 竹浜漁港でカキ養殖体験

 石巻市立東浜小学校(針生一之校長)の全校児童7人は25日、総合的な学習の時間でカキの養殖体験学習に臨んだ。同校近くの竹浜漁港で漁業者の指導を受け、ホタテの殻に種ガキをつけた原盤をロープにくくり付ける「種はさみ」の作業を経験。全児童が漁業者の家庭の子どもで普段から手伝いをすることもあり、手際よく進めながら地元の産業に愛着を深めていた。【近江    瞬】

 同校では毎年、総合学習の時間に漁業者である保護者の協力を得てカキの養殖体験を実施。今回は4年生の後藤彩羽ちゃんの両親である章さん、千恵さんが協力した。

 児童は自前の防水エプロンを身に着けて集合。針生校長が「皆さんにとって当たり前の作業でも、他にはない素晴らしい体験。これを通じて東浜に誇りを持ち、良さを感じる機会にしてほしい」と意義を伝えた。

東浜小学校がカキの養殖体験 (23)

子どもたちがカキ養殖の種はさみの作業を体験した

 この日は章さんと千恵さんが原盤を見せて、1枚のホタテの殻に付いている約100個の種ガキのうち育つのは15―20個ほどという養殖の仕組みを説明。10メートルのロープに35枚の原盤を等間隔にくくり付ける手本を披露した。児童全員が種はさみを経験したことがあり、協力しながらてきぱきと取り組んだ。

 彩羽ちゃんは「いつも疲れて帰ってくるお父さん、お母さんの気持ちが分かった。体験できてよかった」と笑顔。5年生の今野太洋さんは「やっぱり作業は楽しい。大きくなったらカキの仕事をしたい」と夢を膨らませた。

 児童たちは今後、9月に沖に設置されたカキ棚の見学をするほか、11月にはカキむきと、蔵王町のフランス料理店のシェフを招いた調理にも取り組むこととしている。


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。

こちらでもピックアップされています

石巻日日新聞
石巻日日新聞
  • 227本

石巻市・東松島市・女川町の話題を掲載。地域の歴史や文化、風土や週間などを紹介します。また、東日本大震災から復興へ向かう、まちの出来事も混じえて発信します。無料と有料記事があります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。