韋駄天ジョーのアメリカ横断伝説 第1伝説
韋駄天

韋駄天ジョーのアメリカ横断伝説 第1伝説

俺は飢えに飢えまくっていた。

盗んだ車が砂漠のど真ん中でエンスト。
一文無しでもう3日もハイウェイを歩き通し。

他の車は半日に1度通るかどうかって有様。
車を奪おうにも上半身裸で全身タトゥーの男を拾う馬鹿はいなかった。

だが4日目の昼、ついに見えた。陽炎の向こう、小さなドライブイン。

ポケットのナイフを確認する。足元がふらつく。
こんな空きっ腹では赤ん坊も殺れやしねぇ。
まずはメシだ。
俺は韋駄天ジョーだ。恐れを知らない東部のワルだ。
自分に言い聞かせ足を前に進める。

ドライブイン。
レストハウスに入る。
客は…誰もいない。
厨房にはスコット・スタイナーみたいなマッチョコック…

俺は計画変更を余儀なくされた。
食い逃げだ。食い逃げしかない。
1マイルを4分ジャスト。韋駄天ジョーの食い逃げをなめんなよ。
俺はコックに注文を告げる。

「ホットドッグとコーラ」

コックは無言で店の奥を指差した。
食券の自販機があった。

【第1伝説その2 『恐怖のカナディアンバックブリーカー』に続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ジュースを奢ってやろう
人生いずエンターテイメント