見出し画像

心霊写真は割りと撮れるものですが

お読みくださる方々、本当に有難うございます。とても、嬉しいです。

今回は、小学生の頃、幼なじみと、心霊写真にはまり、実験したお話をさせて頂きます

(上の写真は、光源が入っただけです。すいません)


今よりも、オカルト好きな子供が多かった時代です。「あなたの知らない世界」や、「宜保愛子さん」を筆頭に、霊能者がTVにたくさん出ていました。

心霊写真集も、たくさん出ておりました。「月刊ムー」が話題になりだしたのも、この頃と思います。ネッシーや、日本の「タキタロウ」、「雪男」などの未確認生命体のお話に熱くなりました。

触発された私たちは、小学校の低学年から、「不思議クラブ」なるものを作って、中学生になる頃まで、研究をしておりました。


活動内容は、主に、近所に不思議発見をしに行くこと、星の観察と銘打って、UFOを探したり、心霊写真集や怖い話を読んだりすることです。


今よりも、情報収集が簡単にできない時代だったので、近所に「稲川淳二さん」が来たほどの心霊スポットがあることも知らず、的外れな「研究?」をしていました。(あるんです。すごいところが)


そんな折、研究成果を発揮するチャンスがやって参りました。小学校高学年に行われた「林間学校」なるものです。なぜ、その名前なのかよくわかりませんが、一泊二日で、遠足にいく行事です。


場所が、当時の我々でも、知っている超有名スポット「華厳の滝」でした。現在は、話題にのぼらないですね。どんどん、新しい場所が発見されると、需要がなくなるのでしょうか。不思議なお話です。


ちなみに、他に有名だったのが、「恐山」「富士の樹海」でした。


1980年代三大心霊スポットです。


私たちは、今までの恐怖本や、心霊写真集から、仕入れた情報で、「怪異に合う方法」を見つけ出しておりました。


「やってはいけない所で、やってはいけないこと」をする!

これです。


この安易な、馬鹿みたいな方法を、「新耳袋 殴り込み」のギンティ小林さんより、ずっと先に、発見していました。

「新耳袋 殴り込み」大好きです!ギンティさん、滅茶苦茶、面白いです。ぜひ、皆さん、読んでみてください。



とりあえず、親兄弟に頼み込み、インスタントカメラ「写ルンです」を、写真150枚分ほど集め、華厳の滝で全て消費する計画をたてて、実行します。


先に結果を述べますと、全体の三分の一ほどが心霊写真でした。


「写れ!写ってみろ!○○!」と今、思えば、恐ろしいことを叫び、先生に怒られながら、撮りまくった結果です。

見間違いするようなレベルのものではありません。滝中の水しぶきに、ハッキリと何十という、叫び声を上げている顔が映っていたり、(このパターンたくさん、写っていました)不気味な笑い顔が写っていたりで、「光が映り込んだ、オーブ」系ではなく、実際に「人型」が映り込むものが多かったで


大興奮でした。


やってやった感がものすごく、全国に発表したくて、全ての写真を心霊写真集を出していた編集部に郵送しました。


音沙汰なしでした。


友人が電話もしましたが、繋がりませんでした。すべて、失いました。残念な気持ちで一杯だったのを覚えております。


残った普通の写真を落胆しながら眺めていると、ジュースを持ってきてくださった友人のお母さんが、その中の一枚を見て、声をあげます。

「やだ!何、この気持ち悪い写真!」「捨てなさい!」と。


ですが、私と友人たちが、いくら見ても、何も映っていません。私は、その写真も、普通の写真と同様に、アルバムにしまいます。



全ての心霊写真を失くした私たちは、学校でも悔しがっていました。あまりに、うるさいので、他の友人が見かねて、「これ、あげる」と同じ林間学校時に撮った一枚の写真をくれます。


何かの石碑の横で、その友人がピースしている写真。その石碑の前には、別の友人が写っています。

これだけの写真なのですが、石碑の前の友人は、完全に透けています。後ろの石碑が見えているのです。

ピースの友人は言います。

「これ、一人で撮って貰ったんだよ。横のこいつはいなかったんだ」



不思議クラブとして、調査を始めました。

その透けた写真の前後の写真、また、同じフィルム内の写真を、全て、見せて貰い、尚且つ、本人たちや、周りの友人たちにも、聞き込みをします。

そのフィルム内の他の写真に、「透けた友人」は写っていません。

また、林間学校中、その二人に絡みはなく、更には、普段から、交友がありませんでした。


何かで、間違えて写った可能性は「ゼロ」です。


私たちは、大騒ぎしましたが、この写真、この後、紛失していまいます。

誰が持って帰ったのかも、どこにしまったのかも、分からないまま。


それから、3年後、中学の2年生になったころ、私は、何気なく、当時のアルバムを友人たちと見る機会がありました。

ただ、懐かしい思い出話の延長で。


その時、友人のお母さんが、「捨てなさい」といった写真を見て、ギョッとしました。

当時、あれだけ見て、分からなかった写真。


完全に映っていました。「滝の中に着物を着て赤ん坊を抱いた女の人」その頭の上で笑う「緑色の顔」


今、思い出しても、鳥肌が立つものですね。


これは、近所のお寺に持って行って、供養して頂きました。何となく、嫌な心持がしたので。


また、悩んだのですが、書くべきことではないと判断し、割愛しますが、透けていた写真の友人は、この後、いろいろなことが起きました。

怪異として、大事な部分なのですが、あまりに後味が悪いので、伏せさせて頂きます。すいません。


子供ながらに、悪ふざけで、心霊写真など、撮ってはいけないし、騒いではいけないと強く思う出来事でした。


長々すいません。

ここまで、お読み頂いた皆様に感謝いたします。

有難うございます。

皆様がお幸せでありますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます!
45
はじめまして。 不思議なお話が大好きです。 幼少期から始めたタロットカードをきっかけに、様々な不思議なお話に興味を惹かれてきました。 フィクション、ノンフィクション、活字、漫画、問わず大好きです。 稚拙ですが、そのようなお話をしていけたらと思います。 よろしくお願いします。
コメント (4)
フォローありがとうございます😊
この世は不思議な事がいっぱいありますね✨
これからも楽しみに読ませていただきます✨
こちらこそ、ありがとうございます。
よろしく、お願いいたします。
私も小学生の頃、友人と幽霊やUFOの情報を交換し合ってました。心霊写真は撮ったことはありませんが、今もこの手の話は興味津々です。
ありがとうございます!
子供の頃、この手のお話し楽しかったです。私もUFO、大好きでした笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。