見出し画像

今の事務所に移って1年経ちました。 〜日記『眠るのが下手すぎて。』vol.22〜

あっという間に10月も終わろうとしてますね。

弊社としては、今の事務所に移ってから1年ちょっと経ちました。

今借りている事務所が入ってる所は、都営新宿線、丸の内線、副都心線の新宿三丁目駅から近く、丸の内線の新宿御苑前駅や、大江戸線の東新宿駅も利用できて、どこに行くのにも出やすい場所。

さらに、西南が新宿三丁目、西に歌舞伎町、南に二丁目と隣接していて食べたり飲んだりするのにも素晴らしいエリア。

なのでかなり気に入ってるのですが、大きな問題が1つ。


去年もそうだったのですが、陽がほとんど当たらない部屋なのもあって、10月11月がめちゃめちゃ寒いのです。

なぜ「10月11月が」と言うと、事務所が入ってるフロアはエアコンの運転が冷房か暖房か一括で決められているため、どんなに寒くても11月末までは冷房一択だからです。

今年はすでに先週から寒くてとても仕事できたもんじゃないと思う気候でしたが、当然暖房は入れられません。

去年はできるだけ講談社で仕事させてもらってしのぎましたが、今年はコロナもあって長々と講談社にいるわけにもいかないので死活問題です。

そう言うわけで、先日電気ストーブを買ってきました。

画像1

あったかいです。これでなんとか耐えられるかな。


ところで。

2月末からずっと社員をリモート勤務にしているので、事務所で一人で仕事するようになって、そろそろ丸8か月が経ちます。

初めは全然ペース掴めなかったり、話し相手雑談相手がいないことに悩んだりしたけど、だいぶ慣れてきました。インターンの子たちやnoteのサークルメンバーや、コルクラボの編集勉強会の人たちなどが雑談相手になってくれてるのもありがたい。

慣れてくると、うちの会社はリモートで良かったのだなと思っています。

どうしても漫画のネームを抱えているとピリピリしやすいし、打ち合わせの間はずっとメンバーたちに気を遣わせてしまうし、打ち合わせが長引くと何かしら返事を待つだけの時間も長くさせてしまう。

リモートだとそういうお互い気を遣うことが一切無用になる。

また、うちはTypetalkを使っていますが、情報共有をテキストやファイルでやることで、「言った言わない」の問題もほぼなくなりましたし、創業したての時期に重要な、言語の統一や前提の共有もだいぶ良くなった気がしてます。

まだまだこれからな所も多いですし、リモートの良さを「活かす」ところまでは全然行ってませんが、色々研究していくつもりです。


でも、理想はもう少し駅に近くてもう少し広い所なんだよなあ。

若くて元気な会社がやる「増床パーティー」ってのもちょっと憧れなんですよね。

固定費増やしてる場合じゃないので先の目標ですが、いつかさらにいい事務所を構えたい。頑張ります!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート機能を使うことにしました。いただいたサポートは、また他の誰かをサポートするのに使わせていただきます🙇‍♂️

嬉しいです(^o^)
26
少女漫画誌「デザート」の編集長を6年務め2019年講談社を退職。漫画家さんのマネジメントを行う株式会社スピカワークス代表。 担当…森下suuさん「ゆびさきと恋々」やまもり三香さん「うるわしの宵の月」。他「僕と君の大切な話」「春待つ僕ら」「好きっていいなよ。」「となりの怪物くん」。

こちらでもピックアップされています

日記「眠るのが下手すぎて。」
日記「眠るのが下手すぎて。」
  • 24本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。