株式会社コーチ・エィ Hello, Coaching!編集部

コーチ・エィが運営する『Hello,Coaching!』の公式アカウントです。 組織を率いるすべてのリーダーの方に「コーチング」「リーダーシップ」「マネジメント」「組織」に関する情報をお届けします。 Hello, Coaching! : https://coach.co.jp/

株式会社コーチ・エィ Hello, Coaching!編集部

コーチ・エィが運営する『Hello,Coaching!』の公式アカウントです。 組織を率いるすべてのリーダーの方に「コーチング」「リーダーシップ」「マネジメント」「組織」に関する情報をお届けします。 Hello, Coaching! : https://coach.co.jp/

マガジン

  • コーチの視点から共に考えるビジネスコラム

    「Coach's VIEW」はコーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。 コーチ・エィ代表取締役の鈴木義幸をはじめ、東京、上海、バンコク拠点在住コーチが、エグゼクティブ・コーチングの事例や最新のリサーチ結果、海外文献等からヒントを得たコーチの視点から、あなたに考えていただきたい「問い」や「視点」を提供します。 また、コーチングを活かした組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントも満載です。

  • コラムで読むコーチング事例

    これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。 さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

  • チーム・組織にコーチングを活かす

    チームや組織に影響を及ぼす「対話」とは、具体的にどのようなものでしょうか。書籍『新 コーチングが人を活かす』から、その視点と事例をご紹介します。

  • 今週の質問

    Hello, Coaching! から、あなたへの今週の質問です。

  • 3分間コーチの2つの時間

    マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。 3分間コーチは、〈 2つの時間 〉をとることを最優先させた、極めてシンプルなマネジメント手法です。

最近の記事

固定された記事

noteはじめました  Hello, Coaching!(ハロー・コーチング!)

みなさんこんにちは。コーチ・エィが運営するコーチングのポータルサイト「Hello, Coaching!(ハロー・コーチング!)」編集部です。 Hello, Coaching! (https://coach.co.jp/)は、組織やチームを率いるリーダーに、マネジメントに役立つコーチングの情報をお届けしています。このたび、より多くのみなさまがコーチングを知り、人と人が関わるときのヒントを得ていただきたいとの思いから、noteにてCoach's VIEW*の掲載を開始しました。

スキ
18
    • 「他者に影響される」リーダーシップ

      written by 栗本渉 私たちは成長する過程で、教育を通じ、自分で問題を定義し、自分で問題に向き合い、自己完結的に解決していく、そういう姿勢や能力を訓練されてきました。 自分なりに課題を整理する 自分なりに全体プランを考える 自分なりに解決策を考え提案する そして、自ら主導権を持ち、周囲に影響を与えていく。その力が強いほど、「あの人にはリーダーシップがあるね」と評価もされる。 リーダーとして役割を与えられ、難しい課題に直面し、解決の責任を引き受け、常に「では

      スキ
      1
      • 会社の文化を変えるとは、何を変えることなのか

        written by 青木美知子 あなたの会社は、お客様や友人から、どのような会社だ、と言われることが多いですか? 仕事柄、さまざまな業種業界との接点を頂きますが、その会社のありようや雰囲気は、お一人の方と話していてもよく分かりません。でも、訪問して受付の方同士の様子や、守衛さんと社員の関わり、特に、複数が参加するミーティングに参加すると、その会社の様子を一気に感じられるようになります。 目の前にいる二人の間に流れる空気だったり、座ったときの距離感、お互いがどんなふうに

        スキ
        1
        • リーダーたちの「選択」

          今回ご紹介するのは、リーダーたちの「選択」の物語。 私たちは、誰もが日々多くの選択を重ねながら活動しています。見方を変えれば、成果や結果そして組織自体は、そうした選択の積み重ねから生み出されているといえるのではないでしょうか。 リーダー自らがどんな選択をするか。 そして、目の前のメンバーの選択をどう促し、支えるのか。 それにより、未来は大きく変わってくるはずです。 ▼リーダーは相手の可能性をひらくために何を選ぶのかCOVID-19感染急拡大で駐在員のほとんどが一時帰国

          スキ
          1

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • コーチの視点から共に考えるビジネスコラム

          • 90本

          「Coach's VIEW」はコーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。 コーチ・エィ代表取締役の鈴木義幸をはじめ、東京、上海、バンコク拠点在住コーチが、エグゼクティブ・コーチングの事例や最新のリサーチ結果、海外文献等からヒントを得たコーチの視点から、あなたに考えていただきたい「問い」や「視点」を提供します。 また、コーチングを活かした組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントも満載です。

        • コラムで読むコーチング事例

          • 41本

          これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。 さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

        • チーム・組織にコーチングを活かす

          • 7本

          チームや組織に影響を及ぼす「対話」とは、具体的にどのようなものでしょうか。書籍『新 コーチングが人を活かす』から、その視点と事例をご紹介します。

        • 今週の質問

          • 10本

          Hello, Coaching! から、あなたへの今週の質問です。

        • 3分間コーチの2つの時間

          • 11本

          マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。 3分間コーチは、〈 2つの時間 〉をとることを最優先させた、極めてシンプルなマネジメント手法です。

        • コーチングとは & コーチングとティーチングとの違い

          • 5本

          Hello, Coaching!に掲載されているコンテンツよりコーチングとはの記事とコーチングとティーチングの違いについてご紹介します。

        • コミュニケーションの「タイプ分け™」とは

          • 5本

          「タイプ分け™」は、「人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションである」という前提に立ち、臨床心理学、組織行動学などをベースにつくられたコミュニケーションの分類方法です。「感情表出」と「自己主張」という2つの軸で、コミュニケーションのタイプを次の4つに分けて考えます。ここでは、自分のタイプや相手のタイプを知り、「タイプ分け™」をコミュニケーションに活かす方法と「タイプ分け™」活用の留意点についてご紹介します。

        • コミュニケーションはキャッチボール™

          • 15本

          コーチングを学ぶとき、実践するときに、忘れてはいけないのは、コーチングも「コミュニケーション」であるということ。コミュニケーションはキャッチボール」というコンセプトは、そのことについて振り返る機会を与えてくれます。 Hello, Coaching! では、15回にわたって『この気もち伝えたい』が生まれるきっかけとなったエピソードを紹介していきます。コミュニケーションについて、改めて「止まって見る」機会となるエピソードが満載です。ぜひご覧ください。

        • コーチの視点から共に考えるビジネスコラム

          • 90本

          「Coach's VIEW」はコーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。 コーチ・エィ代表取締役の鈴木義幸をはじめ、東京、上海、バンコク拠点在住コーチが、エグゼクティブ・コーチングの事例や最新のリサーチ結果、海外文献等からヒントを得たコーチの視点から、あなたに考えていただきたい「問い」や「視点」を提供します。 また、コーチングを活かした組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントも満載です。

        • コラムで読むコーチング事例

          • 41本

          これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。 さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

        • チーム・組織にコーチングを活かす

          • 7本

          チームや組織に影響を及ぼす「対話」とは、具体的にどのようなものでしょうか。書籍『新 コーチングが人を活かす』から、その視点と事例をご紹介します。

        • 今週の質問

          • 10本

          Hello, Coaching! から、あなたへの今週の質問です。

        • 3分間コーチの2つの時間

          • 11本

          マネジメントにコーチングを取り入れようと思ったら、スキルを学ぶより何より、まずは部下と話す時間をつくること。たった3分でも充分です。3分間の積み重ねは、きっとあなたのマネジメントに大きな違いをもたらします。 3分間コーチは、〈 2つの時間 〉をとることを最優先させた、極めてシンプルなマネジメント手法です。

        • コーチングとは & コーチングとティーチングとの違い

          • 5本

          Hello, Coaching!に掲載されているコンテンツよりコーチングとはの記事とコーチングとティーチングの違いについてご紹介します。

        • コミュニケーションの「タイプ分け™」とは

          • 5本

          「タイプ分け™」は、「人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションである」という前提に立ち、臨床心理学、組織行動学などをベースにつくられたコミュニケーションの分類方法です。「感情表出」と「自己主張」という2つの軸で、コミュニケーションのタイプを次の4つに分けて考えます。ここでは、自分のタイプや相手のタイプを知り、「タイプ分け™」をコミュニケーションに活かす方法と「タイプ分け™」活用の留意点についてご紹介します。

        • コミュニケーションはキャッチボール™

          • 15本

          コーチングを学ぶとき、実践するときに、忘れてはいけないのは、コーチングも「コミュニケーション」であるということ。コミュニケーションはキャッチボール」というコンセプトは、そのことについて振り返る機会を与えてくれます。 Hello, Coaching! では、15回にわたって『この気もち伝えたい』が生まれるきっかけとなったエピソードを紹介していきます。コミュニケーションについて、改めて「止まって見る」機会となるエピソードが満載です。ぜひご覧ください。

        記事

        記事をすべて見る
          • 「わたしたちは良いチーム」という思い込み

            前回に続き、経営チームをつくるのが難しい理由を挙げるとすると "一部の人が「自分の経営チームは良いチームだ」と思い込んでいる" ということがあります。もちろん、本当の意味で "良いチーム" であればよいのですが、あくまで思い込み、といったケースも少なくありません。 ある証券会社の会長とお話しする機会がありました。 「経営チームをつくるのは体現に難しいですよね」という話をすると、「他社さんでは、そうなんですかね。うちは役員同士、仲がいいですよ。なんでも話しますし。同じ釜の飯

            スキ
            6
            • 「想定外の世界」のリーダーの役割

              written by 市毛智雄 コロナ禍という「想定外の世界」の体験が始まって、3年目に突入しました。対人接触や移動が制限され、以前の当たり前が当たり前でない世界を、私たちは日々体験しています。 「想定外」とは、「事前の予測を超える」という意味です。その観点では、ある人にとって「想定外」でも、別の人にとっては「想定内」ということはあるでしょう。コロナ禍が「想定外」と言われるのは、世界中の多くの人にとって予想を超える事態だったからにほかなりません。 「想定外の世界」は何を

              スキ
              2
              • 対話の価値とは?

                written by 有吉祐介 我々の仕事は、コーチングという手法を通じて「対話」を世の中に広めていくことです。 コーチ・エィでは対話を次のように定義しています。 「それぞれが培ってきた経験や解釈、価値観をもとに『違い』を持ち込み、互いの『違い』を顕在化させながら、新しい『意味』『理解』『知識』を一緒につくり出す、双方向なコミュニケーション」 つまり対話とは、これまで当たり前と思っていた前提を問い直し「新しい解釈・意味づけ」をつくるプロセスといえます。 お客様とのプ

                スキ
                1
                • 強固な『信頼関係』を築くには?

                  信頼関係は、日々育て続ける必要があります。 そして、そのために必要な関わりや積み重ねは、一人ひとり違う側面もあります。 そこで今回は、信頼関係を強くする関わりの物語をいくつかご紹介します。 あなたは今、チームメンバーとどのくらい信頼関係を築けていますか? 信頼関係をさらに築くために、それぞれのメンバーとどのような関わりが必要でしょうか? ご紹介するコラムが、その一助となれば幸いです。 ▼人に関心をもつ上司にはいろいろ話してくれるのに、私には...。もっとお客様からの信

                  スキ
                  2
                  • 経営チームをつくるのは、スポーツの首脳陣チームより難しい

                    経営チームをつくるのがいかに難しいか。スポーツの監督やコーチからなる、いわゆる "首脳陣チーム" との比較で考えてみましょう。 話をわかりやすくするために、プロ野球を例にとります。プロ野球のチームの目標は "勝利""優勝"です。当然、首脳陣チームの目標も、勝利と優勝です。その年勝てなければ「選手の育成には成功したんだ!」などと言ってもだめ。負けは負けです。 契約年はありますから、即解雇とはならないこともあるにせよ、毎年毎年、首脳陣チームには結果がはっきりとつきつけられます

                    スキ
                    4
                    • 「正しさ」の向こう側にあるもの

                      written by 内村創 私の家にはチワワが2匹います。外から家に帰ると、まるで10年帰りを待っていたかのように大騒ぎしながら出迎えてくれます。喜び丸出しのお迎えですが、そのように迎えられるとこちらも感情丸出しで、普段出さないような高い声を出しながらそれに応えます。 この日々の儀式は、また会えたというだけで、こんなにも素直に喜び合うことが出来る感情が自分の中にあることを教えてくれます。 毎日会社に出社して、こんな風にまた会えたことを互いに喜び合えたら、どんな毎日にな

                      スキ
                      2
                      • 目の前の「その人」に意識を向ける

                        仕事や1on1ミーティングで話すとき、ついつい "コト" に注目し、目の前の "その人自身" への意識が薄れてしまっている...ということはないでしょうか。 今回は、目の前の "その人自身" に意識を向けることで、変化を生み出すリーダーたちの関わりをご紹介します。 ▼パンドラの箱の開け方「こんなはずじゃなかった...」。期待はずれの配属にモチベーションが低下していた部下に、上司が問いかけたこととは? ▼ユマニチュードとコーチング相手の話をより興味深く聞くために、エグゼク

                        スキ
                        3
                        • 一流はリソースをどこに見出すか

                          written by 片桐多佳子 コーチ・エィでは、コーチングを「対話(コーチング・ダイアローグ)を通して、クライアント(コーチングを受ける人)の目標達成に向けた能力、リソース、可能性を最大化するプロセス」と定義しています。 「能力、リソース、可能性を最大化する」というのは、具体的にどういうことなのでしょうか。 みなさんにはピンとくるでしょうか。私自身はといえば、先日、新入社員から質問され、自分がわかったつもりになっていることに気づきました。質問に答えてはみたものの、口

                          スキ
                          2
                          • チームのムードを変えるメタ・コミュニケーション

                            チーム内のコミュニケーションには "慣性" が働きます。 なんとなく、昨日までのコミュニケーションを今日もチームの中で続けてしまう。 出だしは、ひとつの目標に向けて、意見を出し合い、とても活性化していたチームの雰囲気が、徐々にだんだんと悪くなる。意見が少しずつ出なくなり、微妙に関係が希薄になる。 いきなり起こった喧嘩は解決できても、だんだんと悪くなる雰囲気を改めるのは難しいものです。 "ゆでがえる" ならぬ "ゆでチーム"ーーそんなときに、チームに対して、メタ・コミュニケ

                            スキ
                            3
                            • 対話を起こす問い、起こさない問い

                              written by 鈴木義幸 「対話を起こす問い」とは何か? それが今回のコラムのテーマです。 「対話」では違いを大事に扱います。 育ってきた環境も、持っている視点も違う二人が、それぞれの考えを交差させ、ともに新しいものの見方や新しい意味、つまり新しい物語、新しい解釈を創り出していく。それが対話の、言わば醍醐味です。 「違い」を大事にするわけですから、相手に合わせたやりとりをしていては、対話になりません。また、それぞれがただ違う意見を主張するだけでも対話ではありませ

                              スキ
                              3
                              • ひとつの問いが流れを変える

                                あなたが部下やチーム、そして自分自身に、普段よく問いかけているのはどんな問いでしょうか? 私たちの思考や行動の起点である「問い」。 その「問い」が変われば、自然と思考も行動も変わっていきます。 今回はそんな体験や取り組みをしたリーダーたちの事例をご紹介します。 ▼「適切な質問探し」から始めよう業界を揺るがす、幾多の果敢な挑戦を続けるCEO、B氏。そんなB氏の転機となった「ある問い」とは? ▼コモンクエスチョンはチームを救う自動車ディーラーの業績がいい店舗の店長が、ここ

                                スキ
                                1
                                • 感じていることを自由に話す価値とは?

                                  written by 望月寛 クライアントのAさんが社長を務める会社では、Aさんと役員陣にコーチがつき、組織変革のプロジェクトをご一緒させていただいています。先日、Aさんから「役員のBさんがコーチングに価値を感じていないようだ」というフィードバックをいただきました。 BさんはAさんに、こうおっしゃったそうです。 「コーチからは毎回のように同じような問いが投げかけられる。同じことを繰り返し聞かれるのだったら、わざわざ外部のコーチを起用する意味はあるのだろうか」 Aさんが

                                  スキ
                                  2