新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

Youtube配信でのライブ配信を終えて

世間は既に春模様ですが、今年の春はコロナウィルスの影響もあり、いつもより少し静かですね。
いよいよオリンピックも延期となり、首都圏封鎖の可能性も広がり、自粛ムードが更に広がって来ていますね。
様々な分野で色んな方々がコンテンツを作り出しておられます。
そん中、先日は急遽決定した和紗LIVEを無事開催する事ができました。
コロナウィルスが猛威をふるい、ライブハウスでクラスター感染が起きた事もあり、イベントの中止が相次ぎ、そんな中、急遽決めたライブでしたので、初の試みYouTubeでの生配信も行って開催したライブでしたが、蓋を空ければ沢山のお客様にお越し頂けました。嬉しかったな〜。
その上、配信に関しては沢山の方が見て頂き、投げ銭も沢山の方に入れて頂き、もう感無量でした。

https://www.youtube.com/watch?v=FxsL94qEogM&t=1662s

⬆︎
当日のライブ模様のアーカイブです。是非ご覧下さいませ。

昨今のウィルス騒動でLIVEが開催できなくなった分、こうやって配信だったり、色んなツールに目を向ける事ができてある意味良かったなと感じています。
今も引き続きエンターティメントの世界は自粛が相次ぎ、配信ライブをするライブハウスやアーティストもドンドン増えてきました。
配信できるツールも色々とサービスを強化し、アーティストは選択できるようになってます。

これはあくまで持論ではありますが、ライブ配信もただやるだけでは無く、何を目的に配信をやるのかがとても大切だと思うんですね。
「皆やってるから・・」というきっかけはあるとは思うのですが、その先を考える事が大切だと思っていて、
・お金のためなのか、そうじゃないのか。
極端に突き詰めればこの二択じゃないかな〜と思います。ここを掘り下げるのがとても大事。
この状況化では皆、前者だと思うのです。

では僕らの場合ですが、、
僕は前のブログでも書きましたが、やはりお金のためでもありました。

その記事はこちら!

活動する上でお金はどうしても避けては通れない道なのでそこは堂々と、かっこ悪くても「そうだよな」と思った訳ですね。
その上でツールを選ぶ訳ですが、(投げ銭を集めやすい配信ツールも沢山あります)
自分達の一番良い魅せ方をしたいと思い、並べてみて、やはりYouTubeだなと行き着いた訳です。
しかしながら、YouTubeはなかなか投げ銭システムやスマホからの配信をするのにハードルが高い。幸いにも和紗チャンネルではYouTuberがどうこうとなる前からひっそりとカバー動画配信をしていたのもあって、そこのハードルはクリアできてました。(本当に皆さま、ありがとうございます)
続けていたからこそ、資産となり選択肢が増えました。

YouTubeではスーパーチャットと言ってチャットルームより投げ銭できる機能があります(これをオンにするのにハードルがあります。和紗はクリアできてました)そこより投げ銭頂けるのですが、テスト配信でそのシステムを検証すると(僕も自ら投げ銭をして検証w)
少し分かりにくく、
どうしようかな。。と考えました。
そもそも「お金を稼ぐ」という意味の中で考えると、限定配信で配信URLを販売するという考えもあります。
でもそれは今回のタイミングでは何か違う、ファンの皆様に気軽に見て頂きたいという強い思いと、もう一つの試みがあり、無料公開で配信する事にして、YouTube以外に投げ銭頂けるシステムを増やす事にしました。

以前から使っていたオンラインショップでの投げ銭チケットの販売、そしてPayPayからの電子マネーを使った投げ銭システム。

この3つを実践してみました。
ちなみにこれは色々と調べて既に実践されているとあるアーティストの方の方法を拝借しています。

結果としては沢山の投げ銭を頂ける事になったのですが、一番多かったなのはオンラインショップからの投げ銭チケット購入でした。

この結果からわかるように、YouTubeの投げ銭システムを例え使えなくても突き詰めて「お金を頂く(投げ銭)」事を目標とすれば色んな事ができると思います。
あぁ・・ハードル超えれてないからダメだーと諦めてしまう前に色々試して見るのはいいと思います。
※オンラインショップ設立は無料で誰でもできます!YouTubeのハードルが高い!けど、やっぱYoutubeで配信したい!そして投げ銭も欲しい!とお悩みのアーティストの皆様がもしこのブログを見てくれたら是非実践して見て下さい!皆で乗り越えましょう!

さて投げ銭ツールはできるだけ揃えた上で
もう一つの目的としてこのタイミングで一度、自分達の行いに対してどれくらいの「価値」が頂けるか、試してみたかった。
そのためには誰でも視聴できる状態で価値をつけてもらう、、というのが一番良かったのです。もちろんこれは「ファンの皆様に喜んでもらいたい」って気持ちもありました。
アーティストサイドとしては見てもらえるだけでも幸せですが、その上でこの行いにどれだけの「価値」をつけて頂けるのか。
大事なポイントだと思うのです。批判と賛成が渦巻く中でこういうタイミングでしかわからない事もあると思ったんですね。
0円でもいいし、100円でもいいし、1000円でもいいし、10000円でもいいんです。額が大事なんじゃなくて、価値をつけてくれるってのが大切だと思ってて、「お金」はそれを知るツールだと考えました。
これはこういうタイミングでしかある意味わからない事かもしれません。

今回は結果として、ご来場も沢山頂けましたし、投げ銭も沢山頂きました。
その一つ一つを見させて頂いて、感じた事は皆さんからの「感謝」の気持ちでした。「配信をしてくれてありがとう!!」とか「仕事環境の事情で会場にはいけないけど、家で見ることができて最高です!」など、、沢山のメッセージを頂きました。

これにはとても感激しました。
きっと今回頂いた投げ銭に関してはファンの皆様からの「感謝」の気持ちなんだろうなと感じました。
それってとても価値があるし、僕もこうやって喜んで貰える事ができてなんか最高じゃないですか。これでこそコロナ騒動から生まれた最大の感動です!
嫌な事ばかりじゃないよ、コロナ!!
これが配信をした事による一番の価値だったんのかも知れません。
こういう事がエンターティメントを作って行くことに繋がるのではないかなと。

だからと言ってこれから毎回ライブを生配信しまーす!みたいな話じゃありません。やはり、一番嬉しいのは生の現場で直にお会いできる事だと思ってますので。生の現場に来て欲しい。
でもYouTubeでの配信はこのタイミングだけやるんじゃなくて、またこういう騒動が起こっても対応できるように続けて行こうと思ってます。
皆様がどんなものを求めていらっしゃるかも色々と知っていきたい!
これからもまた応援よろしくお願い致します。

長々と書きましたが、また今回の事で沢山の事を学びました。
あくまでこれは個々の意見ですが、
でもこうやってアーティスト個々がそれぞれしっかりと考え自分にあったニーズを取る事で絶対に底上げになると思います。
いつ何時こういう事がまた起こるか分かりません。周りの目を気にして隣の人と同じ事をなんとなくするんじゃなくて自分ならこう!と決めていくのが大切です。
その上でいいと思った事を真似すればいい!これです。
皆が色々試す事でいいものは伸びて、またいいものが生まれます。
それがきっと色んな人達を救う事に繋がると思います。
ただ流されるのじゃなく選択する時代が来たのではないかなと思ってます。
今はそれを知る最大のチャンスではないかと。

これを機に色々と試して行きたいし、色んな事を考えていきたいので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

何はともあれ、これからもいいものを産んで届けられるように尽力します!
本当に皆さま、ありがとうございました!!

和紗オンラインショップはこちら(配信投げ銭チケットもこちら)

こちらからもご支援頂けます。
PayPal (導入しました。ご利用にはアカウントが必要です。)
→PayPay ID=heal_voice_rec

////次回LIVE/////

2020.5.2(土)【Kazusa Room Vol.29】開催決定!
[日時] 2020年5月2日(土)

[時間] open 18:00 / start 19:00

[会場] Modern Times(〒604-8001 京都市中京区木屋町三条上がるエンパイヤビルB1)

[料金] 前売り ¥3,500/当日 ¥4,000(1food,1drink別途要)

[予約] 手売りチケット/和紗HPメール予約 http://kazusa.in/contact /Modern Times受付窓口

[問合せ] TEL:075-212-8385 (Modern Times) / http://kazusa.in/contact

[出演] Vo. 和紗 Gt. 大江和基 Ba. 本澤恵子 Per. 梶谷遼平



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートよろしくお願い致します。お気持ちだけも構いません!!

ありがとうございます!
8
京都を拠点に活動している「MILKBAR」のドラマー(現在休止中)であり、ミュージシャンとしても活動、シンガー「和紗」のマネージメント。 和紗のサポートチーム、HealVoiceRecordの代表。音源流通やライブ企画や制作などなど
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。