かのりんか|よるの帳

気づいたことや、忘れたくない愛を記しています。ものづくりが好きで、よくイベントに出店しています。 noteにはだいたい、エッセイを載せています。

かのりんか|よるの帳

気づいたことや、忘れたくない愛を記しています。ものづくりが好きで、よくイベントに出店しています。 noteにはだいたい、エッセイを載せています。

    マガジン

    • 文章リハビリ日記

      仕事が忙しくて、文章を書く時間とMPが残っていない! などと、のたまうわたしがこっそりつけている文章のリハビリ的日記です。

    • よるの手帳

      生きるの下手でも、自分を愛そう! そんな想いを込めて、日々の色々なことを雑多に書いていきます。 明日が少し楽しみになれますように。 毎週水曜更新。(だったのですが、現在は不定期更新です)

    ストア

    • 商品の画像

      エッセイ集「ことなるふたり」

      “わたしたちは違うからこそ、豊かに生きていくことができるのだと思う”喧嘩の多さに定評がある著者夫婦の、“夫婦喧嘩は犬も食わない”エッセイ本。ゴーゴーカレーで泣いたり、掲示板で炎上したり、叙々苑の味を忘れたり……。くだらないけどいたって真面目な喧嘩のエピソードを7つ収録しています。喧嘩もたまには悪くない……かも?B6サイズ/P104
      ¥700
      よるの帳書房
    • 商品の画像

      エッセイ集「愛したものと暮らしたい」

      “この本は、〝愛したもの〟たちとの、おだやかでささやかな記憶である。”2020年〜2022年にnoteで掲載した記事を中心に再編集したエッセイ本。持ち運びができる文庫本サイズです!「大人になるってなんだろう?」「働くってなんだろう?」「愛ってなんだろう?」自問自答しながら、気づいたことや、見つけた愛について綴っています。新たに書き下ろした「ビジネスホテルで空想旅行」「結婚式でキラーチューンを流した話」「二時間の家出、銭湯にて。」「始まらない春」4作を含めた全25編。この本を手に取った人の孤独な夜に寄り添うような、明日を迎えるのがすこしだけ楽になれるようなエッセイです。A6(文庫本)サイズ/p196
      ¥700
      よるの帳書房
    • 商品の画像

      絵本「すてきな おとどけもの」

      「会いたい」をテーマにした絵本。絵は神田瑞季(絵本作家)、文はかのりんか(エッセイスト)が担当。お届け物の途中で様々な動物たちと出会い、一緒に旅をするお話。神田瑞季にとっては2作目、かのりんかにとっては初めての絵本となる。3.11や新型ウイルスを経験し、この時代に生きるすべての人に伝えたい事が、ポップに描かれた動物たちとストーリーに込められている。B5サイズ/P24 ソフトカバー くるみ製本
      ¥1,500
      よるの帳書房
    • 商品の画像

      エッセイ集「ことなるふたり」

      “わたしたちは違うからこそ、豊かに生きていくことができるのだと思う”喧嘩の多さに定評がある著者夫婦の、“夫婦喧嘩は犬も食わない”エッセイ本。ゴーゴーカレーで泣いたり、掲示板で炎上したり、叙々苑の味を忘れたり……。くだらないけどいたって真面目な喧嘩のエピソードを7つ収録しています。喧嘩もたまには悪くない……かも?B6サイズ/P104
      ¥700
      よるの帳書房
    • 商品の画像

      エッセイ集「愛したものと暮らしたい」

      “この本は、〝愛したもの〟たちとの、おだやかでささやかな記憶である。”2020年〜2022年にnoteで掲載した記事を中心に再編集したエッセイ本。持ち運びができる文庫本サイズです!「大人になるってなんだろう?」「働くってなんだろう?」「愛ってなんだろう?」自問自答しながら、気づいたことや、見つけた愛について綴っています。新たに書き下ろした「ビジネスホテルで空想旅行」「結婚式でキラーチューンを流した話」「二時間の家出、銭湯にて。」「始まらない春」4作を含めた全25編。この本を手に取った人の孤独な夜に寄り添うような、明日を迎えるのがすこしだけ楽になれるようなエッセイです。A6(文庫本)サイズ/p196
      ¥700
      よるの帳書房
    • 商品の画像

      絵本「すてきな おとどけもの」

      「会いたい」をテーマにした絵本。絵は神田瑞季(絵本作家)、文はかのりんか(エッセイスト)が担当。お届け物の途中で様々な動物たちと出会い、一緒に旅をするお話。神田瑞季にとっては2作目、かのりんかにとっては初めての絵本となる。3.11や新型ウイルスを経験し、この時代に生きるすべての人に伝えたい事が、ポップに描かれた動物たちとストーリーに込められている。B5サイズ/P24 ソフトカバー くるみ製本
      ¥1,500
      よるの帳書房
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    恋人が寿司を作った

     恋人は釣り人で、魚が大好きで、恐らく三日に一度は「寿司食いたい」と言っている。  わたしは恋人と会うまで、寿司というのは特別な日か、そうでなくても「今日は寿司だ!」という心持ちで食べるものだと思っていたので、これほどまでに高頻度にカジュアルに寿司を食べて生きている人を目の当たりにして驚いた。  しかし幸いなことに、わたしは食べることが大好きだった。魚も例外ではない。  とはいえ意外と変なところで倹約家な彼は、毎回高い寿司を食べることを強請るわけではなく、スーパーの半額を狙

    スキ
    722
      • 新作のエッセイ本をたずさえて、イベントに出店します。

        こんにちは、お久しぶりです。 突然ですが、この時期となるともはや毎年恒例になってきた告知をさせていただきたいと思います。 そうです。今年も「文学フリマ東京」に出店し、本を販売する運びとなりました! ざっくり概要 イベントについての詳細はこちらから! そもそも文学フリマってなんや? 文学、というテーマではありますが、作家が思う“文学”であれば概ねなんでもアリ!な自由度の高いイベントです。 わたしは今年で6回目の出店となりますが、“売り手”として“売る楽しみ”はもちろん、

        スキ
        22
        • 文章リハビリ日記【7/25〜8/2】

          7/25 火曜日。火曜日はなんとなく安心感がある。 そう思うようになったのは、たぶん、フリーランスになってから。 あれだけ長かった一週間がほんとうに早く過ぎ去ってしまうので、いつしか金曜日が待ち遠しい日ではなく、「今週何もしてないじゃん」と戦慄する日になってしまった気がする。 何かを得ると何かを失うのだろうか。 それはそれで悲しいけれど、火曜日とここまで仲良くなれたのなら、まあ意外と悪くないことなのかもしれない。 . . . 7/27 驚くことに、なんと今日は木曜日で

          スキ
          6
          • 好きなことができなくなったら

               文章が書けなくなった。  いや、正確には、“自分のための文章”が。 ◇  noteで定期的にエッセイを書くようになったのは2020年頃からだったか。  生活の中で気づいたことや見つけた愛について記していたら、ありがたいことに読んでくれる人がいた。  本質的な価値は数字じゃないとはいえ、「スキ」が増えるとうれしい。noteで記事を公開することが楽しくなった。  わたしはちょうどその時、人生に大いに迷っていて、生きるのにかなり必死だった。  だから、文章を書くことで

            スキ
            30

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 文章リハビリ日記
            かのりんか|よるの帳
          • よるの手帳
            かのりんか|よるの帳

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「むいちゃいました」と言ってみたい

               朝起きて「あ、栗だな」と思ったので、栗の炊き込みご飯を作ることにした。  窓を開けると、気持ちの良い秋の風が吹いていた。  料理を苦手とするわたしが自発的に「料理をしたい」と思うことは滅多にないのだが、ごくたまに湧き上がるような熱に駆られ、いそいそと厨に立つことがある。  それは、だいたい仕事が落ち着いていて、心に余裕があり、そしておいしそうな食材が家にあるという、この三つの条件が重なった閏年のようなタイミングでしか訪れないのだけれど、今日がまさにそういう日だった。

            スキ
            12

            【小話】救済と云う名の

             ほんとうはその日、何もかもを終わりにしようと思っていた。  蒸し暑い夏の日のことだった。病院の帰り道に、いつものように近所のスーパーへ寄った。買えるものも大してないのだけれど、冷房の効いた店内を徘徊しながら陳列された商品を見ていると気がまぎれる。  珍しく、一輪の花が目に留まった。黄色の薔薇だった。まだ開ききっていない花弁が幾重にも重なった姿は、慎ましく、けれども凛とした佇まいだった。  花など久しく触れていなかったけれど、その日は何故かその黄色の薔薇がいっとう美しく

            スキ
            5

            声の行方

             これはもう性分としか言いようがないのだが、わたしは声が小さい。  今、「え?そうかな?」と感じた人はおそらく、わたしの友達なのだと思う。  そう、わたしは気心の知れた相手だとそうでもないのだが、初対面や職場の相手だと途端に声が小さくなる“典型的なタイプ”なのだ。    声は自信の表れなのかもしれない。  気をつけているつもりでも、職場で自信のない事柄を聞かれると無意識に言葉のお尻が小さくなっていく。  前職は接客業ではなかったが、電話対応に力を入れている会社だった。社員

            スキ
            18

            【試し読み】二時間の家出、銭湯にて。

             恋人と二人で東京に住んでいた頃、一度だけ家出をしたことがある。時間にすると、たったの二時間。家出というにはあまりにも短時間だ。    でも、あれは確かに、反抗であり、意思表示であり、家出だったと思う。  きっかけは些細なことだった。いつものように喧嘩をして、いつものように売り言葉に買い言葉の応酬。  そのうちに恋人が、「もうあっち行っててよ」と言ったものだから、わたしはついついカッとなって「じゃあ出て行きます」と大きなトートバッグに財布と化粧ポーチとその他諸々を詰め込んで

            スキ
            12

            初夏のハッピーお知らせ祭り〜noteのまとめ本作りました〜

            こんばんは かのりんか|よるの帳です。 いつもはわりと淡々と(?)とエッセイを投稿しているのですが、今回はお知らせ記事です。 突然敬語になりますが、なるべく読んでもらえたらうれしいです。 お知らせの前に自己紹介(簡易) 最近新しくフォローしてくださった方もいらっしゃるので、簡単な自己紹介からはじめたいと思います。 (もう知ってるよって方は目次から飛んでください) 名前は、「かのりんか|よるの帳」です。 好きな食べ物は、緑の野菜。 好きな季節は、晩秋。洗濯物は外干し派。食べ

            スキ
            27

            「勇気をもらえる」って何ですか?

             スポーツ選手の方などがよく言う、「国民の皆様に勇気を与えられるように……」という言葉が理解できなくて、なんならあまり好きではなかった。  それはもちろんスポーツ選手が悪いのではなく、むしろ国民の傲慢さを感じて、すこし恥ずかしかった。  国民の勇気の為なんかじゃなくて、自分と自分の大切な人の為だけに頑張るって言っていいんだよ!その方がいいよ!と一人憤慨するわたしを横目に、「またはじまったよ」という顔で呆れ笑いをする母。  よく分からない角度のひねくれ方をする娘には慣れているら

            スキ
            194

            スマホを(湯船に)落としただけなのに〜焼け石に水編〜

             数日前、スマートフォンを水没させた。  まず前提として、わたしは結構なスマホ依存人間である。  家にいる時も四六時中スマホをそばに置いているし、特に用事もないのにSNSを開いて閉じてを繰り返す。スマホで有意義なことをしているのかと訊かれると、首を縦には振りづらい。  典型的なタイプだ。  確かにガラケーだった時代も肌身離さず持っていたが、近頃は目に余る依存ぶりだ。  お風呂に入る際も浴室に持ち込み、湯船に浸かりながらツイッターをスクロールスクロールスクロール……  何

            スキ
            26

            ストリートビュー帰省をしたら、優しい記憶を見た。

             昨年の春に新しい仕事をはじめてから、とにかくストリートビューを使うことが多くなった。    ご存知の人も多いと思うが、ストリートビューとは世界中の道路や風景を360度すべての方向で見渡すことができるパノラマ写真の地図である。今でこそ皆当たり前に使っているけれど、サービス開始当初はかなり話題になったことを記憶している。  当時、通っていた学校の先生が興奮しながら生徒に力説していた。  わたしはと言うと残念ながらあまり興味がなく、「ふーん」程度の驚きだった。彼が力説していた内容

            スキ
            30

            靴とわたしの物語

               昔からファッションが好きだけれど、中でも特に靴が好きだ。  いつから好きなのかは定かではないが、実際わたしは服よりも靴に高いお金を支払う傾向にある。  気づけば街中で、ネット上で、時にはドラマや映画なんかでも、心踊るデザインの靴を見つけるのが得意だ。  つやつや光る赤い靴が特に好きだ。ヒールはなくてもあってもいい。昔はヒールのある靴ばかり履いていたけれど、最近はぺたんこの靴ばかり選んでいる。  つま先がスクエアになっているパンプス、ショッキングピンク色のバレエシュ

            スキ
            59

            完全に私事なんですけども、昨年後半あたりに新しいお仕事を増やしたところ、中々執筆時間が取れなくなってしまいました。 更新頻度が落ちていて申し訳ないです。 でも、書くことは絶対に続けていきますし、更新頻度も戻していきたいので、気が向いたときにまた覗きにきてくださいね🌷

            スキ
            6

            言葉に生かされる一年

             物心ついたときから、周りの大人に「あなたは傷つきやすい」と言われてきた。  たしかに、幼いころのわたしは他人が吐いた言葉に少しでも悪意が混じっていれば、すぐに傷つき嘆いた。おまけに怒りの反射神経がすこぶる悪かったので、たいていはその場で言い返すことができず、家に帰ってから親に泣きつくことが多かった。 「あなたは傷つきやすい」という言葉は、そんなわたしを哀れに思った周りの大人が「気にしなくていい」という意味でかけてくれたものなのだろう。他人の放った言葉についてあれこれ考え

            スキ
            27

            わたしにとって、本はお守り

             2021年11月23日に開催された「文学フリマ東京」というイベントに出店者として参加してから、そろそろ1ヶ月が経とうとしている。  何ヶ月もかけて準備をしてきても、いざ迎えると当日はたった数時間しかなくて、それでもわたしの心の中にはまた数年間くらいなら余裕で頑張れてしまえそうな圧倒的な充足感をもたらしてくれるのだから不思議だ。  ここ数週間で気温が一気に下がり、黄金色に染まったばかりのイチョウも徐々に散って、今度は足元を彩ってくれるようになった。  今わたしの元にある

            スキ
            23