かのりんか|よるの帳

気づいたことや、忘れたくない愛を記しています。ものづくりが好きで、よくイベントに出店し…

かのりんか|よるの帳

気づいたことや、忘れたくない愛を記しています。ものづくりが好きで、よくイベントに出店しています。 noteにはだいたい、エッセイを載せています。

マガジン

  • よるの手帳

    生きるの下手でも、自分を愛そう! そんな想いを込めて、日々の色々なことを雑多に書いていきます。 明日が少し楽しみになれますように。 毎週水曜更新。(だったのですが、現在は不定期更新です)

ストア

  • 商品の画像

    エッセイ集「ことなるふたり」

    “わたしたちは違うからこそ、豊かに生きていくことができるのだと思う”喧嘩の多さに定評がある著者夫婦の、“夫婦喧嘩は犬も食わない”エッセイ本。ゴーゴーカレーで泣いたり、掲示板で炎上したり、叙々苑の味を忘れたり……。くだらないけどいたって真面目な喧嘩のエピソードを7つ収録しています。喧嘩もたまには悪くない……かも?B6サイズ/P104
    ¥800
    よるの帳書房
  • 商品の画像

    エッセイ集「愛したものと暮らしたい」

    “この本は、〝愛したもの〟たちとの、おだやかでささやかな記憶である。”2020年〜2022年にnoteで掲載した記事を中心に再編集したエッセイ本。持ち運びができる文庫本サイズです!「大人になるってなんだろう?」「働くってなんだろう?」「愛ってなんだろう?」自問自答しながら、気づいたことや、見つけた愛について綴っています。新たに書き下ろした「ビジネスホテルで空想旅行」「結婚式でキラーチューンを流した話」「二時間の家出、銭湯にて。」「始まらない春」4作を含めた全25編。この本を手に取った人の孤独な夜に寄り添うような、明日を迎えるのがすこしだけ楽になれるようなエッセイです。A6(文庫本)サイズ/p196
    ¥800
    よるの帳書房
  • 商品の画像

    絵本「すてきな おとどけもの」

    「会いたい」をテーマにした絵本。絵は神田瑞季(絵本作家)、文はかのりんか(エッセイスト)が担当。お届け物の途中で様々な動物たちと出会い、一緒に旅をするお話。神田瑞季にとっては2作目、かのりんかにとっては初めての絵本となる。3.11や新型ウイルスを経験し、この時代に生きるすべての人に伝えたい事が、ポップに描かれた動物たちとストーリーに込められている。B5サイズ/P24 ソフトカバー くるみ製本
    ¥1,500
    よるの帳書房
  • 商品の画像

    エッセイ集「ことなるふたり」

    “わたしたちは違うからこそ、豊かに生きていくことができるのだと思う”喧嘩の多さに定評がある著者夫婦の、“夫婦喧嘩は犬も食わない”エッセイ本。ゴーゴーカレーで泣いたり、掲示板で炎上したり、叙々苑の味を忘れたり……。くだらないけどいたって真面目な喧嘩のエピソードを7つ収録しています。喧嘩もたまには悪くない……かも?B6サイズ/P104
    ¥800
    よるの帳書房
  • 商品の画像

    エッセイ集「愛したものと暮らしたい」

    “この本は、〝愛したもの〟たちとの、おだやかでささやかな記憶である。”2020年〜2022年にnoteで掲載した記事を中心に再編集したエッセイ本。持ち運びができる文庫本サイズです!「大人になるってなんだろう?」「働くってなんだろう?」「愛ってなんだろう?」自問自答しながら、気づいたことや、見つけた愛について綴っています。新たに書き下ろした「ビジネスホテルで空想旅行」「結婚式でキラーチューンを流した話」「二時間の家出、銭湯にて。」「始まらない春」4作を含めた全25編。この本を手に取った人の孤独な夜に寄り添うような、明日を迎えるのがすこしだけ楽になれるようなエッセイです。A6(文庫本)サイズ/p196
    ¥800
    よるの帳書房
  • 商品の画像

    絵本「すてきな おとどけもの」

    「会いたい」をテーマにした絵本。絵は神田瑞季(絵本作家)、文はかのりんか(エッセイスト)が担当。お届け物の途中で様々な動物たちと出会い、一緒に旅をするお話。神田瑞季にとっては2作目、かのりんかにとっては初めての絵本となる。3.11や新型ウイルスを経験し、この時代に生きるすべての人に伝えたい事が、ポップに描かれた動物たちとストーリーに込められている。B5サイズ/P24 ソフトカバー くるみ製本
    ¥1,500
    よるの帳書房
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

恋人が寿司を作った

 恋人は釣り人で、魚が大好きで、恐らく三日に一度は「寿司食いたい」と言っている。  わたしは恋人と会うまで、寿司というのは特別な日か、そうでなくても「今日は寿司だ!」という心持ちで食べるものだと思っていたので、これほどまでに高頻度にカジュアルに寿司を食べて生きている人を目の当たりにして驚いた。  しかし幸いなことに、わたしは食べることが大好きだった。魚も例外ではない。  とはいえ意外と変なところで倹約家な彼は、毎回高い寿司を食べることを強請るわけではなく、スーパーの半額を狙

    • いつかドキドキがわたしを待っている

      「うわあ、懐かしい」  高速道路のインターチェンジを降りて、一般道に入ったところで、わたしと夫は思わず声をそろえた。  すこし色あせた看板、ほどよい交通量の道路、趣のある建物。なにより、やわらかな町の雰囲気。  かつて暮らしていた町が、あまりにも、昔と変わっていない風貌でわたし達を迎えて入れてくれたものだから、嬉しさと懐かしさが込み上げた。  卒業制作展を見るために、数年ぶりにわたしと夫の母校のある地を訪れた。  四方を山に囲まれた、のどかで美しい土地だ。  出産を

      • ハイハイレースに行ってみた話

         noteに書きたいことは、実はけっこうたくさんあって、日々すこしずつメモをしているのだけれど、今日、そのメモ群たちを差し置いて何よりもまず言いたいことを見つけてしまった。  ハイハイレース、おもしろすぎる。 ◆  なんだかんだで娘ももうすぐ2ヶ月半(公開するころには5ヶ月になっていた)。  おでかけもだいぶ板についたものだから、週末に親子向けのイベントがあると知って、すぐに行きたいと思った。  ステージイベントやキッチンカー、ハンドメイド作家さんたちの出店など、魅力

        • 生後二ヶ月を迎えて思うこと

           時が経つのはほんとうに早いもので、娘が生まれてからもうすぐで二ヶ月になる。  まるっきり、はじめての育児。  はじめての育児のここまでの感想は、正直「思ったよりめちゃくちゃ大変」で、それとなんの矛盾もなく「思ったよりめちゃくちゃ幸せ」だなと感じている。  わたしは打たれ弱いくせに、元来楽観的というか、ものぐさな性格なので、あらかじめ何かに備えるということが少ない。  育児に対してもそうで、準備してどうなるものでもないし、妊娠期間中は日々重くなる身体がつらくてつらくて、も

        • 固定された記事

        恋人が寿司を作った

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • よるの手帳
          かのりんか|よるの帳

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          特別じゃない特別なこと

          「美容室に行ってきたら?」  産後すぐ、ボサボサの髪で授乳に追われるわたしにそう言ったのは夫だった。  出産予定日よりも前に、日増しに大きくなるお腹と体調不良を見越して、「これが最後かも」と言って髪を切ったのが、ずいぶんと昔のことのように思えた。  予想した通り、真夏に臨月を迎えた妊婦はどこへ行くにも苦しくて、子供が生まれてからは当たり前に、髪のことなど気にする余裕もなかった。  正直、髪を切る暇があったら一秒でも長く眠りたい、というのが本音だったし、母乳育児をしてい

          特別じゃない特別なこと

          8月に我が子が生まれてきてくれました。 母子共に健康です! この世界の美しいものを、一緒にたくさん見つけることができますように。

          8月に我が子が生まれてきてくれました。 母子共に健康です! この世界の美しいものを、一緒にたくさん見つけることができますように。

          【ちょっとレポ】行ってきました!文学フリマ東京36!

          念願の「文学フリマ東京36」へ行くことができた。 これまで5、6回はサークル参加をしていたのだけれど、一般参加は、なにげにはじめて。 今日は暑くてとても疲れたけれど、家に帰ってすこし寝て、ごはんを食べてまた寝たらすこしだけ力が湧いてきたので、忘れる前に記録に残しておかねばと思い、PCに向かっています。 自分が思ったよりも弱々妊婦なのはもう自覚していて、それが一概に悪いとかって話でもないし、かといって大体の原因はそもそもの運動不足と、体力がないことが大きいことも知っているので

          【ちょっとレポ】行ってきました!文学フリマ東京36!

          280日後に会いましょう。

           それは突然やってきた。  不確かで頼りなく、しかしこれまでの、そしてこれからのわたしを揺るがすようなとてつもなく大きな存在。  12月の朝、わたしは人生で初めて目にする二本の線を前にして、冷静さを欠いていた。  こういう時、まずは何をすればいいんだっけ、なんて考えるよりも先に、バタバタと足音を鳴らして夫の元に駆け寄る。  まるで印籠のように、ずい、と妊娠検査薬を夫に突き出す。  わたしたちの元に新しい生命がやってきた。  まだ冬が始まったばかりの、雲ひとつない気持ちの

          280日後に会いましょう。

          爛漫

           春が来た。ついに来た。  なんとなく数日前、いや、数週間前からそんな気はしていた。  けれど、わたしはやはりいつになっても東北出身の血が抜けないのだろう。  三月に「これはもう春だ」と確信するのは些か勇気のいることだった。  春一番が吹いて、車が塵だらけで真っ白になってしまったのは少し前のこと。  いまは、空気が、陽気が、風が、全身が「これは春だ!」と訴える。  いままさに、もう春なのだ。  昨日の朝、夜釣りから帰ってきた夫の扉を開ける音で目が覚めた。  彼は、うっすら

          語る楽しみ、聴く楽しみ。

           シーズンごとに欠かさずチェックするドラマやアニメなんかがあると、一週間を過ごすのが楽しくなる。  欲を言えば、曜日ごとに追う作品があれば、憂鬱な明日もいくらか待ち遠しくなるし、次の日には別の作品を楽しむことができるのだろう。  わたしは飽きっぽく、継続することが不得手なため、大体アニメもドラマもそれぞれ2作品ずつくらいを追うのが限界だ(それと、週刊連載の漫画も4作品ほど)。  これほどまでに素晴らしい作品群を、たった一週間で消費してしまうことに後ろめたさもあれど、現代社会

          語る楽しみ、聴く楽しみ。

          新作のエッセイ本をたずさえて、イベントに出店します。

          こんにちは、お久しぶりです。 突然ですが、この時期となるともはや毎年恒例になってきた告知をさせていただきたいと思います。 そうです。今年も「文学フリマ東京」に出店し、本を販売する運びとなりました! ざっくり概要 イベントについての詳細はこちらから! そもそも文学フリマってなんや? 文学、というテーマではありますが、作家が思う“文学”であれば概ねなんでもアリ!な自由度の高いイベントです。 わたしは今年で6回目の出店となりますが、“売り手”として“売る楽しみ”はもちろん、

          新作のエッセイ本をたずさえて、イベントに出店します。

          文章リハビリ日記【7/25〜8/2】

          7/25 火曜日。火曜日はなんとなく安心感がある。 そう思うようになったのは、たぶん、フリーランスになってから。 あれだけ長かった一週間がほんとうに早く過ぎ去ってしまうので、いつしか金曜日が待ち遠しい日ではなく、「今週何もしてないじゃん」と戦慄する日になってしまった気がする。 何かを得ると何かを失うのだろうか。 それはそれで悲しいけれど、火曜日とここまで仲良くなれたのなら、まあ意外と悪くないことなのかもしれない。 . . . 7/27 驚くことに、なんと今日は木曜日で

          文章リハビリ日記【7/25〜8/2】

          好きなことができなくなったら

             文章が書けなくなった。  いや、正確には、“自分のための文章”が。 ◇  noteで定期的にエッセイを書くようになったのは2020年頃からだったか。  生活の中で気づいたことや見つけた愛について記していたら、ありがたいことに読んでくれる人がいた。  本質的な価値は数字じゃないとはいえ、「スキ」が増えるとうれしい。noteで記事を公開することが楽しくなった。  わたしはちょうどその時、人生に大いに迷っていて、生きるのにかなり必死だった。  だから、文章を書くことで

          好きなことができなくなったら

          「むいちゃいました」と言ってみたい

             朝起きて「あ、栗だな」と思ったので、栗の炊き込みご飯を作ることにした。  窓を開けると、気持ちの良い秋の風が吹いていた。  料理を苦手とするわたしが自発的に「料理をしたい」と思うことは滅多にないのだが、ごくたまに湧き上がるような熱に駆られ、いそいそと厨に立つことがある。  それは、だいたい仕事が落ち着いていて、心に余裕があり、そしておいしそうな食材が家にあるという、この三つの条件が重なった閏年のようなタイミングでしか訪れないのだけれど、今日がまさにそういう日だった。

          「むいちゃいました」と言ってみたい

          【小話】救済と云う名の

           ほんとうはその日、何もかもを終わりにしようと思っていた。  蒸し暑い夏の日のことだった。病院の帰り道に、いつものように近所のスーパーへ寄った。買えるものも大してないのだけれど、冷房の効いた店内を徘徊しながら陳列された商品を見ていると気がまぎれる。  珍しく、一輪の花が目に留まった。黄色の薔薇だった。まだ開ききっていない花弁が幾重にも重なった姿は、慎ましく、けれども凛とした佇まいだった。  花など久しく触れていなかったけれど、その日は何故かその黄色の薔薇がいっとう美しく

          【小話】救済と云う名の

          声の行方

           これはもう性分としか言いようがないのだが、わたしは声が小さい。  今、「え?そうかな?」と感じた人はおそらく、わたしの友達なのだと思う。  そう、わたしは気心の知れた相手だとそうでもないのだが、初対面や職場の相手だと途端に声が小さくなる“典型的なタイプ”なのだ。    声は自信の表れなのかもしれない。  気をつけているつもりでも、職場で自信のない事柄を聞かれると無意識に言葉のお尻が小さくなっていく。  前職は接客業ではなかったが、電話対応に力を入れている会社だった。社員