SDG17

「SDGs×日本のまち」シリーズ始めます。

「SDGs×日本のまち」シリーズ始めます。

i&i Impact Editorial Board 10 July, 2021 近年、日本各地でコミュニティベースでの人々の想いと知恵が詰まったステキな取り組みが増えてきていると感じています。 たとえば、福岡県宗像市の団地再生プロジェクト「ひのさと48」においては、団地一棟を活用して「居心地のいい場所」を創出することによって、地元の人が集うだけでなく、市外からの人たちが知恵を持ち寄って、まちを盛り上げていこうとする機運を高めています。 また、沖縄県沖縄市のスタート

スキ
2
【お知らせ】SDGs Bar Vol.04「SDGs × テクノロジー × デザイン」開催します!

【お知らせ】SDGs Bar Vol.04「SDGs × テクノロジー × デザイン」開催します!

i&i Impact Editorial Board 12 September, 2020 SDGs Bar Vol.04 「SDGs × テクノロジー × デザイン」開催のお知らせ 「SDGs について、もっと気楽に語れて学べる場がほしい」 「SDGsをテーマに人と繋がりたい」 そんな声を受けて誕生したのがSDGs Bar。 ビール、ワイン、ジュースやおつまみなど好きなものを食べ飲みしながら、普段はなかなか会うことのない各界の専門家の話を聞き、さらには参加者同士で

スキ
8
【お知らせ】SDGs Bar Vol.03  開催決定!

【お知らせ】SDGs Bar Vol.03 開催決定!

i&i Impact Editorial Board 26 August, 2020 SDGs Bar Vol. 03 「SDGs × 好きなこと × 伝えること」開催します! SDGs Barはi&i Impactが主催するネットワーキングイベントです。コミュニティに参加している各界の専門家たちと気軽にそして楽しくSDGs (Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)について話せる場所をつくろうという思いでこのイベントを立ち

スキ
3
SDGs Bar「SDGs × ポストコロナの世界 × ニューヨーク」 (開催報告 + SDGsを知る・考えるのに役立つリンク集)

SDGs Bar「SDGs × ポストコロナの世界 × ニューヨーク」 (開催報告 + SDGsを知る・考えるのに役立つリンク集)

i&i Impact Editorial Board 17 May, 2020 5月8日(金)に、i&i Impact主催のオンラインイベントSDGs Bar「SDGs × ポストコロナの世界 × ニューヨーク」を開催しました。日本および海外から100名近い方々にご参加いただき、大盛況でした。 民間企業勤務、経営者、起業家、公務員、国際機関職員、NGO・市民社会、フリーランス、先生や学生さんなど10代から50代までの幅広い方々が参加いただきましたが、ZOOMならでは

スキ
2
【お知らせ】SDGs Bar Vol.01  開催決定!

【お知らせ】SDGs Bar Vol.01 開催決定!

SDGs Bar Vol. 01  「SDGs × ポストコロナの世界 × ニューヨーク」開催します! SDGs Barはi&i Impactが主催するネットワーキングイベントです。 コミュニティに参加している各界の専門家たちと気軽にそして楽しくSDGs (Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)について話せる場所をつくろうという思いでこのイベントを立ち上げました。 SDGs Barのモットーは楽しく飲みながら交流をするこ

スキ
3
インドの「待てば待つほど安くなる」病院

インドの「待てば待つほど安くなる」病院

Original article: The Povertist 6 October, 2016 by Kyoko Tokuda 医者不足、設備不足、長い待ち時間、高い診察料金、病院に行く電車賃、、インドの農村部には、数多くの課題があり、死亡率が下がりません。The Lancetによると、インドでは、医者不在の医療施設が2千以上あり、5千以上の施設に薬剤師がいません。 こうした課題を解決すべく、西ベンガル出身のアルン・ナバティア氏は、長年病気で苦しんできた兄アナント氏

スキ
9
ビジネスで貧困削減をするという選択肢:Bコーポレーション

ビジネスで貧困削減をするという選択肢:Bコーポレーション

Original article: The Povertist 9 August, 2016 by Kyoko Tokuda 米国東海岸のサードウェイブコーヒーで、 Macbookを見つめるミレニアル世代の若者たち。軒先の「Certified B」のステッカーを背景に 、Skypeでつながっている先はインド・コルカタ。パタゴニアのロゴが付いたオーガニック・コットンのジャケットをラフに羽織り、Ben&Jerry’sのアイスクリームを頬張りつつも、熱心に打ち合わせをす

スキ
7
クラウドファンディングでODA予算を調達?SDGsへ向け民間資金を開発資金へ活用(By The Povertist)

クラウドファンディングでODA予算を調達?SDGsへ向け民間資金を開発資金へ活用(By The Povertist)

Original article: The Povertist 6 September, 2015 by Ippei Tsuruga クラウドファンディングで開発援助予算を集めるのが良いのでは?外務省の若手担当官と意見交換をする中で出たアイデアだ。日本には寄付文化が根付かない土壌がある。非営利団体へ寄付が集まる欧米と異なり、開発資金を個人から集めることは、日本では容易ではない。しかし、クラウドファンディングはどうだろうか。スタートアップ企業やNGOがインターネット

スキ
5
国際協力の資質、開発途上国の援助に必要な専門性とは?(By The Povertist)

国際協力の資質、開発途上国の援助に必要な専門性とは?(By The Povertist)

Original article: The Povertist 25 May, 2016 by Ippei Tsuruga 国際協力に必要なスキルや資質は1つではない 国際協力を仕事として生きていくためには何が必要ですか?開発途上国の援助のプロになるための資質とは何ですか?これまで、このような質問をたくさん受けてきた。正直なところ、「なんだろう?」と、そのたびに考えさせられるのが本音だ。聞かれるたびに、私の回答が異なるものだから、聞いている方は困ってしまうかもしれな

スキ
2
@OECD by report!                         Policy Coherence for Sustainable Development 2019                     SDGs:持続可能な開発目標:      持続可能な開発政策の一貫性2019

@OECD by report! Policy Coherence for Sustainable Development 2019  SDGs:持続可能な開発目標:      持続可能な開発政策の一貫性2019

Empowering People and Ensuring Inclusiveness and Equality SDGの目標17or/and14は、すべての国に対し、実施の重要な手段として「持続可能な開発政策の一貫性を高める」ことを求めています。各国のボランタリー全国レビューによると、これは大きな課題となります。それには、政策部門と政府のさまざまなレベルの両方にわたって有意義なコラボレーションと協調的な行動が必要です。また、短期的な優先事項と長期的な持続可能性の目標との