とある日の兄妹喧嘩_8

この作品は「とある日の兄妹喧嘩_7」の続きとなっております。ご購入の際はご注意ください。

もっとみる

S妻にペニバンイラマで喉奥までぶち犯されて悶絶させられた 4

愛咲さまが僕の髪の毛を鷲掴みにして腰ごと押し付け、ペニバンが喉奥の深いところに侵入してきた。あまりに突然のことにえずいてしまい、ペニバンから口を離してしまう。

「け、けほっ、こほっ」

彼女の足元で僕は咳き込んだ。いつもなら即座に鋭く重い叱責の言葉が飛んでくるはずだったが、何故か彼女は無言だった。それが、かえって、恐怖心を掻き立てる。恐る恐る彼女を見上げると、氷のような冷たい目と視線が合う。「も

もっとみる

「ノンフィクション?」3

「…ねぇ、そろそろ硬い玩具で遊びたくなっちゃった…ふふ」

全て出し終えた私は、早くどうにかしてあげないと壊れてしまいそうな特性ディルドを使うことにした。

「ほら、入っちゃうよ」

グッ、ググググ、グ……

「ああぁぁぁぁ…あまねさん…やばいです…あぁっ」

あー…、私だってやばい。
なんだこれ、太…。
中の粘膜に隙間無く張り付いて、全てが感じる。
はぁ…これは参ったな。
少し動けば奥にグリグリ

もっとみる
感謝いたします♡
6

S妻にペニバンイラマで喉奥までぶち犯されて悶絶させられた 3

尻を叩く乾いた音と愛咲さまの息遣いだけがこの部屋に響いていた。一打一打が重く身体の芯に響く。僕はソファに顔を埋めて悲鳴を押し殺していた。百発までは心の中で数えていたが、その先は数えるのを止めてしまった。「痛み」の意識が頭の全てを支配し、痛いということしか考えられなくなる。愛咲さまが満足するのをただただひたすら待ち、僕はその鞭を受け入れ続けた。もう、何分経ったとか、そういうことも考えられない。

もっとみる

課題

あん様に、これまで様々な無理難題な課題を頂いてきました。
書けるもの、書けないもの・・・色々あります

あん様は~我儘モンスターなんですw
(あぁ~しばかれるな)

めちゃ優しいと思ったら、え?今ですか?みたいな、無慈悲な仕打ちも笑

ひとつ紹介しますね

一昨年の夏だったでしょうか?暑い日が続いておりました
ある日、ご主人様から連絡が

冷蔵庫冷えなくなったんだけど!!って緊急連絡が 笑

で、

もっとみる
ありがとうございます。
1

S妻にペニバンイラマで喉奥までぶち犯されて悶絶させられた 2

熱めの温度に設定したシャワーを浴び、念入りに身体を洗う。今日がどのような責めになるか想像もつかないが、念の為、股間と肛門周りに剃刀を当てることにした。だいぶ見慣れてはきたが、つるっとした下腹部から陰茎がもろんと突き出しているのは幼児を彷彿とさせて情けない気分になる。ボディソープを股間に塗りたくり、左手で陰茎をつまんで、右手に持った剃刀を当て、生えかけの陰毛を剃っていく。そして、亀頭の引っかかりの部

もっとみる

S妻にペニバンイラマで喉奥までぶち犯されて悶絶させられた 1

その手でその手で私を汚して。何度も何度も私を壊して。
汗ばむ淋しさを重ね合わせ、眩しくて見えない闇に落ちてく。
いつか滅び逝くこのカラダならば蝕まれたい。あなたの愛で。
哀歌(エレジー)/平井堅

妻が帰ってきた。

彼女が玄関のドアの開けた時の音や早さや音程の違いで、今日一日何があったのか、いったいどういう気分で家路についたのかを察することができるようになった自分に気がついた時、ほんとに結婚した

もっとみる

知ってるよ?(笑)

ハゲデブのド変態マゾ奴隷

月に一度会うんだけどいつも言う事聞けない本当にゴミ以下。

ゆりなが射精管理してるんだからご主人様の許可なしにオナニーしたらダメだよね?
なんで勝手に射精したり言付け守れないのかな?

言いつけ守れないダメな豚は嫌がろうと人権ないから何となく気分で剃毛して常にパイパンで居るよう命令❤️

もっとみる

彼氏から貢ぎ奴隷にされた俺 5

美紗の貢ぎ彼氏になってから俺の生活は一変した。

俺の給料はほとんど美紗が使う俺のクレジットカードの返済に消えていった。

女子高生が何に使うのか、その額は毎月十数万円にもなり俺の生活は質素になっていくばかりだった。

射精したくとも貞操帯の鍵は美紗が所持している為、美紗に射精許可を得て鍵を渡してもらってからでないとオナニーも出来なかった。

そんな生活だが、俺は満足していた。美紗の彼氏としてたま

もっとみる

手の話と顔

今日は、少し闇深いお話でもしてみましょうか
あん様のお写真の部分は、一部有料にさせて頂きますね!
あん様に申し訳ないのと、私の宝物だから・・・
勿論、購入いただいた分は、あん様へ私から貢ぎます^^;

まずは、手の話

私は、自分が「手」フェチだって事に気が付かないでいたというか、なんとなくそういう意識があったのかも知れないけど、明確に手フェチという認識はなかったんです

けど、なんか前兆というか

もっとみる
ありがとうございます。
1