OPPORenoA

最新機種はいらなかった。結局iPhoneSE第二世代が一番良い

最新機種はいらなかった。結局iPhoneSE第二世代が一番良い

僕は10年くらいずっとiPhoneを使ってきました。 最新機種は買わずに型落ちを安く買って使うことを今までやってきました。 最近iPhoneSE第一世代のバッテリーが弱まってきて強制的にシャットダウンする現象が頻繁に起こるようになったので、買い替えを検討しました。 結果的に、 iPhoneSE第一世代    ↓ OPPO Reno A    ↓ iPhoneSE第一世代(OPPOが自分に合わずに戻した)    ↓ iPhone12mini    ↓ iPhoneSE第二世代

8
シャオミとOPPOの『ハイミッドレンジ』でフォートナイトしまくった結果。最も快適に遊べるお勧めスマホは意外にもコレだ!

シャオミとOPPOの『ハイミッドレンジ』でフォートナイトしまくった結果。最も快適に遊べるお勧めスマホは意外にもコレだ!

現在iPhone用の『App Store』、Android用の『Google Play』、どちらで検索しても確認する事の出来ない超大人気ゲーム『フォートナイト』。少し前に『Antutu』が『Google Play』から消えた時と同様の衝撃です。しかし『Antutu』とやり方は同じ。Androidであれば、Epic GamesのHPからデータをダウンロードし、直接インストールする事が可能。 これまで通り『フォートナイト』で遊ぶ事が可能です。しかしiPhoneでは最新の『チャプ

OPPO Reno Aにアレをつけて競争モード&3D解像度100%でフォートナイト!iPhoneから乗り換えちゃう!?

OPPO Reno Aにアレをつけて競争モード&3D解像度100%でフォートナイト!iPhoneから乗り換えちゃう!?

iPhone用の『App Store』、Androidスマートフォン用のGoogle Playから姿を消した超人気ゲーム『フォートナイト』。遊べなくなってしまったのかと言えば、そうではありません。Androidスマートフォンであれば、Epic GamesのHPからデータをダウンロードする事で、最新作を遊ぶ事が出来ます。 最初は端末の検証用途でプレイしていた『フォートナイト』。これ、めちゃくちゃ楽しいじゃないですか。すっかりハマってしまいました。『フォートナイト』を快適な環境

Rakuten UN-LIMITを契約してみた

Rakuten UN-LIMITを契約してみた

Rakuten UN-LIMITを契約して、約2週間ほど使用してみました。 端末はOPPO Reno Aで使っています。 以下はスピードテストの結果です。(品川区にて) 今のところなんの不便もなく使えています。 普通に良いです。

1
OPPO Reno Aはハイレゾが聴ける!aptX HD、LDAC対応でBluetoothでも高音質!8300円は後2日

OPPO Reno Aはハイレゾが聴ける!aptX HD、LDAC対応でBluetoothでも高音質!8300円は後2日

性能が高く、『おサイフケータイ』機能を搭載する格安スマホと言えば、その代表モデルとなるのが『OPPO Reno A』です。これまで『処理能力』『ディスプレイ』『カメラ』などについて色々と記事にしてきましたが、今回は『Bluetoothオーディオプレーヤー』としての『OPPO Reno A』について紹介したいと思います。 『OPPO Reno A』は『SBC』『AAC』『aptX』『aptX HD』『LDAC』といった複数のBluetoothコーデックをサポート。私は現在Am

OPPO Reno Aは買ったら確実に高性能を実感できるスマホ。快適過ぎて利用頻度MAX!割引額もMAXで8,300円!

OPPO Reno Aは買ったら確実に高性能を実感できるスマホ。快適過ぎて利用頻度MAX!割引額もMAXで8,300円!

いくら性能の高いスマートフォンを買っても、使う機会が少なければそれは『宝の持ち腐れ』でしかありません。例えば、iPhoneは処理能力が非常に高いです。処理能力に特化して考えるのであれば、ゲームや簡単な動画編集をする事がベスト。しかし、利用用途が『スケジュール管理』『SNS』『連絡のやりとり』『ネットサーフィン』程度で、さらに利用時間が極めて短い場合は、高額なiPhoneを購入する必要は無く、コストパフォーマンスは極めて『悪い』と言えます。 スマートフォンは家電なので、基本的

スマホ買うならOPPO Reno Aな理由。海外と日本の強みを活かした最強ハーフ!8月17日まで8300円!奇跡的な安さ

スマホ買うならOPPO Reno Aな理由。海外と日本の強みを活かした最強ハーフ!8月17日まで8300円!奇跡的な安さ

なぜ『OPPO Reno A』が日本のSIMフリースマートフォン市場で『ダントツのコスパ』と言われたいるのか、最近理解出来るようになってきました。それは、同じタイプのスマートフォンが他に無いからです。 スマートフォンの性能を決めるSocには『Snapdragon 710』を搭載。日本で販売されているミッドレンジモデルの殆どは、『Snapdragon 600』シリーズを搭載。『Snapdragon 700』シリーズはその上位モデルとなります。上位モデルのメリットは何かと言えば

OPPO Reno A楽天モバイル128GBモデル青の在庫が復活!実質25,996円は7月26日9時59分まで!売切必至

OPPO Reno A楽天モバイル128GBモデル青の在庫が復活!実質25,996円は7月26日9時59分まで!売切必至

7月26日9時59分まで開催されている『楽天スーパーDEAL』の超ポイント還元祭!『30%ポイント還元』に加え、さらにSPUでポイント最大+15倍という訳のわからない状態に。とりあえずもらえるポイントの内訳はこうです! 『OPPO Reno A』の通常販売価格38,800円(税込)から12,804円相当を差し引くと、実質25,996円に。これは安い!あまりに安いので、一番人気の『ブルー』は即品切れに。ブラックのみが『在庫あり』となっていました。しかし先程確認をしたら、なんと

Redmi Note 9SはOPPO Reno AやXperia 10 IIを凌駕する。14500ポイント還元は今だけ!

Redmi Note 9SはOPPO Reno AやXperia 10 IIを凌駕する。14500ポイント還元は今だけ!

日本スマートフォン市場で発売されている、高性能なミッドレンジモデルと言えば『OPPO Reno A』。しかし、その『OPPO Reno A』を処理能力で上回るスマートフォンが登場しました。それがXiaomiの『Redmi Note 9S』です。 『OPPO Reno A』は、スマートフォンの性能を決めるSocに『Snapdragon 710』というワンランク上のモデルを搭載し、『ハイミッドレンジ』という新たなカテゴリーを構築しました。そして、その『Snapdragon 71

iPhoneの価値は1円以下!?arrows M05、OPPO Reno AをコスパMAXで買えるのは7月15日まで限定

iPhoneの価値は1円以下!?arrows M05、OPPO Reno AをコスパMAXで買えるのは7月15日まで限定

iPhoneは処理能力の高さが魅力の端末。しかし、その処理能力を活かす事が出来ている人がどれくらいいるでしょうか。一般的に処理能力を必要とするのは、『ゲーム』と『動画編集』。高解像度で動画を撮影して、それを編集する時にはかなりのパワーを要します。本来、パソコンで行った方が無難で作業。 ゲームもせず、動画も撮らない。でも、決済機能が使えるし、防水機能もついているからお風呂でも使える。そして見た目が格好良い。iPhoneを買っていれば間違いなし!もし、そう思っているのだとしたら