麻布十番パーソナルジム

【Q&A ver 】脱力トレーニングがオススメな理由について

こんにちは。比嘉です。

「筋トレって、脱力とは対極にあるような気がするんですけど、なんで脱力なんですか」

とか、

「脱力トレーニングってなになんですか」とか、

「脱力トレーニングって、ヨガとは違うんですか。」とか、よく聞くんで理由について。

Q1. 「筋トレって、脱力とは対極にあるような気がするんですけど、なんで脱力なんですか」

A.脱力することで、力は出せるから。

実は対極ではなく

もっとみる

【2020】あらゆる依存症を断ち切れ!

おはようございます。比嘉です。

今日が、南麻布でのパーソナルトレーニング初出なんで、品川行きの東海道線に揺られながらこの記事を書いてます。

皆さん、正月三ヶ日も終わり今年の正月はどうでしたか?

オレは正月でも変わらず、電子書籍を出版したり(ノンバーバルコミュニケーションとボディデザイン)、次の出版にむけての編集なんかをやってました。

まだ、99円SALE中なんで、未だ購入されてない方は是非

もっとみる
ありがとうございます
5

減量は時代おくれ

こんばんは。比嘉です。

初回カウンセリング時に必ず目的を聞く。その際に減量とシェイプアップは別に分けてどちらかお聞きしている。

というのも、もともと減量とシェイプアップは全く別の目的だからだ。

・減量

未だ日本におけるダイエットはこちらが主流。

体重を落とすこと=減量

ことになる。

カウンセリング時に「体重を落としたい。」というクライアントがほとんどだけど、話しを進めていくと減量では

もっとみる
どうもです
7

筋肉の質

こんばんは。比嘉です。

オレはクライアントにパーソナルトレーニングをおこなう際に大事にしているのは、筋肉の質だ。ひとりひとり全くタイプが違う。

1.筋肉のタイプ

筋繊維は大きく分けると遅筋繊維と速筋繊維という2種類に分かれます。

1つ目の遅筋はタイプ1繊維、また見た目が赤く見えるため赤筋繊維とも呼ばれることがあります。

また、2つ目の速筋はタイプ2繊維、遅筋とは違い見た目が白く見える

もっとみる
ありがとうございます
5

環境のせい

こんばんは。比嘉です。

人はそう簡単に変われるもんでもないな。様々な人に会えば会うほどそう思ってくる。

でも、一方でいとも簡単に人生を転換している人もいる。、その人たちは何をしているのか?

なぜ、そうも変われるのか?

それは環境を変えていってるからに違いない。

・引っ越しもできない人はなにも変わらない

私のメンターでもある人が「引っ越しもできない人が人生なんて変えれるはずがない」と話し

もっとみる
スキありがとうございます
3

スポーツ歴は関係ありません。知識の問題です

近年のフィットネスブームで消費者庁に寄せられたジム、施設、トレーナーへの相談件数(クレーム)は2015年3123件
2017年度は3552件
と年々増加の一歩をたどっています。

よくある事例として、
・予約制のトレーニングジムの予約が取れず利用ができないので、契約をやめたい。
・ダイエットジムを解約したら、サービス開始前なのに全額支払えと言われた
・マシンでの筋力トレーニングや食事制限を指導さ

もっとみる
どうもです
4

マシンに頼るなっ!

近年のフィットネスブームで消費者庁に寄せられたジム、施設、トレーナーへの相談件数(クレーム)は2015年3123件
2017年度は3552件
と年々増加の一歩をたどっています。

よくある事例として、
・予約制のトレーニングジムの予約が取れず利用ができないので、契約をやめたい。
・ダイエットジムを解約したら、サービス開始前なのに全額支払えと言われた
・マシンでの筋力トレーニングや食事制限を指導さ

もっとみる
どうもです
6

セット数が多すぎる!

トレーニング本で書いてあるセット数はほとんどの種目が『3セットやりなさい』です。

なぜ3セットもやる必要があるのでしょうか? 

ある代表的なトレーニング 本では3セットから5セットしないとトレーニング効果がでないとまで書かれていました。

そんなこと全然ありません真っ向から否定します。

トレーニング の理論で、斬進的負荷の原則というのがあります。

斬新性とは・・体力の向

もっとみる
どうもありがとうございます!
5

重さにはこだわらない

重さを持てば体が変わると思ってはいませんか?

原則的には正解です。

が、それはトレーニング がうまい人だけに当てはまります。

過負荷の原則・・毎回同じ負荷でトレーニング をおこなっていても、人間には適応能力があるのでトレーニング を続けていくうちにカラダがその負荷に適応してしまい、トレーニング 効果が薄れて行きます。つまり、トレーニングを行う際に、ある一定以上の負荷でトレーニングを行わないと

もっとみる
どうもありがとうございます!
5

腐ったパーソナルトレーナーに気をつけろ!−1−

近年のフィットネスブームで消費者庁に寄せられたジム、施設、トレーナーへの相談件数(クレーム)は

2015年 3123件

2017年度 3552件

と年々増加の一歩をたどっています。

よくある事例として、

・予約制のトレーニングジムの予約が取れず利用ができないので、契約をやめたい。

・ダイエットジムを解約したら、サービス開始前なのに全額支払えと言われた

・マシンでの筋力トレ

もっとみる