人気の記事一覧

障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性

2か月前

急性期から在宅まで

2か月前

介護職員等の賃金を前倒しで引上げ 令和6年2月分から月額6,000円相当(2023年11月10日)

診療報酬+0.88%で薬価・材料は▲1.0%、介護・障害はそれぞれ+1.59%・+1.12%に―各改定率を公表(2023年12月20日)

通所リハ・大規模型の基本報酬はマネジメント体制等を考慮、予防の運動器機能向上加算は廃止へ――第229回介護給付費分科会(2023年10月26日)<その2>

通所介護・入浴介助加算に研修要件を追加、療養通所介護では短期利用を新設か――第229回介護給付費分科会(2023年10月26日)<その1>

報酬改定 驚き項目

2か月前

出ました!報酬改定率

2か月前

障害福祉サービス等改定に向け、医療連携体制加算など横断的事項を検討(11月18日)

2024年の医療的ケア児者支援を考える

障害福祉報酬改定案を検討チームが了承(2月15日)

障害児施設の検討会が初会合(2月6日)

障害の新たな処遇改善は8職種の職員で費用算定(11月29日)

消費税率引き上げで障害報酬改定の議論開始(8月29日)

障害サービス報酬改定の概要を公表(2月5日)

厚生労働部局長会議開く(1月18日)

「トリプル改定に適切に対応」加藤厚労相(8月28日)

令和4年10月1日より障害福祉サービス等報酬を改定。ベースアップ等加算を創設し、福祉・介護職員を中心とした従業者の処遇改善を図る

福祉・介護職員等特定処遇改善加算の配分ルール柔軟化を提案(11月27日)

障害者のピアサポートの専門性を加算で評価することを提示(10月30日)